(この記事は、第266号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ヤマハ音楽教室の発表会のお話です。

ヤマハ音楽教室は、乳幼児から大人まで多種多様なレッスンを展開しています。今回は、その中からお子様の発表会に行ってきました。

ヤマハのお子様向けのレッスンでは、主にエレクトーンを使用したグループレッスンが行われています。

今回の発表会は、小学校入学前のお子様から、小学校高学年のお子様までが参加していて、15グループほどの演奏が披露されました。

ピアノの発表会と異なり、参加人数が多いので1000人くらい入れるホールで行われることが多いようです。

ホールの入り口に着きますと、すでに華やかな衣装をまとったお子様を何人も見かけました。そして、ホールのフロアに進みますと、まだ開演まで時間があるのに長蛇の列になっていました。出演するお子様のご家族が、良い席を目指して早くから並んでいるのです。

開演前のホールでは、出演する生徒さんの紹介ナレーションの確認と席の配置の最終調整、全体合唱のリハーサルが行われていました。

ヤマハの発表会では、プログラムの一番最後に全体合唱が行われます。生徒さんが作曲した曲が唄われます

これらが終わったところで開演となりましたが、一気に人がなだれ込み、大ホールがあっという間に満席になりました。ピアノの発表会とは違う雰囲気に、びっくりです。

オープニングは、8人くらいの先生方がエレクトーンを演奏し、華やかなスタートとなりました。

今回、小学校入学前の幼児科クラスが、何組か参加していました。一番小さい年齢のクラスは、まだレッスンを始めて1年経っていないそうで、エレクトーンの演奏はなく、歌を2曲披露していました。

1年以上経っている幼児科クラスでは、エレクトーンの演奏が披露されました。

小学校低学年くらいまでのクラスは、人数の関係なのか、他の先生のクラスと合同で演奏していました。同じレッスン歴(レッスンの総時間数がほぼ同じ)のクラスどうしの合同で、一斉に演奏しますとさほどわからないのですが、クラスごとに演奏する部分では、どうしてもレベルの差が明らかになり、合同演奏の難しさを感じました。

幼児科クラスでは、レッスン担当の先生が演奏前に生徒さんが使用するエレクトーンの場所を教えて、エレクトーン1台ずつ音源などをチェックし、演奏の出だしの合図や、一緒に演奏もしていました。

小学生のクラスでは、演奏前の音源のチェックくらいで、あとは生徒さん方がみんなで呼吸を合わせて、演奏を行っていました。

ステージ衣装も、それぞれのグループで、曲想にあったものをお揃いで着ていて、とても華やかな雰囲気でした。複数台のエレクトーンが、舞台の中央に向かって、左右それぞれ斜めに配置されているので、自分が弾くエレクトーンによって、お客様に右側が見えたり、左側が見えたりするわけですが、それを考慮して、髪飾りの位置を工夫されている生徒さんも見られました。

曲目は、幼児科の場合、教材の中の曲を演奏するようですが、小学生になりますと、ピアノ曲や歌の曲、オペラの曲やオーケストラの曲など、さまざまなジャンルの曲が演奏されていました。

中には、DA PUMP の「U.S.A.」を演奏したグループもいましたが、会場のお子様方があちこちで口ずさんでいたり、中には体を動かしてリズムに乗っている様子が見られました。ピアノの発表会では、なかなか見られない光景です。

プログラムの最後には、出演した生徒さん全員が舞台に上がり、カーテンコールのように紹介と共にお辞儀をしていました。全員が揃うと、講師もステージの端に並び、合唱を1曲披露して、発表会が終わりました。

今回聴いてみて、ピアノの発表会とは、いろいろな面で異なることを実感しました。

まず、ピアノの発表会では、舞台に上がるところから演奏が終わるまで、基本的に自分一人です。自分の力だけで演奏を行わなければならないので、とても緊張感があり、プレッシャーとの戦いにもなります。失敗しても誰のフォローもなく、すべて自分で何とかしなければなりません。しかし、その分練習の成果は見えやすく、上手にできたときの満足感は高いと思います。

しかし、ヤマハ音楽教室のお子様の発表会では、エレクトーンのグループ演奏になります。基本的に、みんなで一斉に演奏しますので、一人で弾く部分がない限り、個人の演奏の音は聴こえないことになります。みんなで呼吸を合わせて演奏できたという一体感は伝わるのですが、個人の練習の成果は、伝わりにくいと感じました。

グループ演奏なので当たり前ではありますが、同じグループ演奏でもオーケストラや合唱では、たとえ同じ楽器や同じパートを歌っていても、その人にしか出せない音、その人にしか出せない声があります。しかし、エレクトーンは電子楽器なので、誰が弾いても完全に同じ音が出ますので、個人の練習の成果が伝わりにくいのです。

演奏曲目も、いろいろなジャンルで、演奏者も変わり、いろいろな音が出てきて、華やかではありますが、今、この場でしかできないという演奏のライブ感が伝わりにくいという感想も持ちました。

ピアノの場合、同じ曲でも、ちょっとしたタッチの違いで出てくる音色が変わるので、生の音楽を聴いている感じがしますが、エレクトーンの電子音は、聴いているとだんだん音色に飽きてきてしまうのです。

いずれも、電子楽器の特徴が裏目に出ていると言えるかもしれません。

もちろん、緊張感というより、気負わず楽しく演奏ができて、華やかな雰囲気や、グループならではの一体感は、ピアノの発表会にはあまりないもので、良い面も理解できました。

機会がありましたら、今度は中学生や高校生くらいの発表会を聴いてみたいと思いました。

スポンサード リンク



(この記事は、第265号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ショパンにまつわるコンクールのお話です。

2019年が始まり、早1カ月。既に、来年開催される東京オリンピックの話題で盛り上がっていますが、クラシック音楽ファンにとっては、オリンピックの後に行われるショパン国際ピアノコンクールの開催も心待ちなのではないでしょうか。

前回は、小林愛実さんが日本人で唯一ファイナルに進出しましたが、入賞には至らず少し残念な結果となりました。

このショパンコンクールで優勝など入賞を果たし、第一線で活躍しているピアニストが大勢いますので、ピアニストを目指す方にとっては、このコンクールで入賞する事は、大きな目標であり、大変な名誉になります。これまで、日本人の優勝者はいませんが、期待したいところですね。

ショパン国際ピアノコンクールは、5年に一度ショパンの故郷であるポーランドのワルシャワで開催されています。フレデリック・ショパン研究所が主催しているのですが、同じ主催で、昨年新しいショパンのコンクールが行われました。

「ショパン国際ピリオド楽器コンクール」というもので、ポーランドが独立100周年を迎えた昨年2018年に第1回が開催されました。

ピリオド楽器は、古楽器ともいい、過去のある時代に使われていた楽器のことを指します。ショパンが活躍していた当時の楽器での演奏を通して、ショパンのリアルな魅力を知らせることが目的なのだそうです。

ショパンの時代のピアノは、現代のピアノと比べて、音の減衰の速さやチューニング、ペダリング、バイブレーション(振動)など、様々な違いがあり、ショパン国際ピアノコンクールの優勝者ダン・タイ・ソンは、ピリオド楽器を「語るピアノ」、現代のモダン楽器を「歌うピアノ」と例えていました。

この記念すべき第1回のコンクールで、日本人の川口成彦さんが2位で入賞を果たし、大きな話題となりました。

川口さんが、ファイナルでオーケストラと共に協奏曲を弾いている動画は、YouTube で観ることができます。

ピリオド楽器の音は、素朴で味わい深く、ショパン本来の音楽が聴こえてくる感じがしました。

このショパン国際ピリオド楽器コンクールも、今後5年ごとに開催されるようなので楽しみですね。

「ショパン国際ピアノコンクール」も「ショパン国際ピリオド楽器コンクール」も、既に実績のある方が、世界の最高峰を目指すためのコンクールですが、将来の演奏家を発掘する「ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」(ショパンコンクール・イン・アジア) というコンクールもあります。

こちらは、一般向けのコンクールで、幼児から大人まで細かく部門が分かれて、毎年開催されています。

主催もフレデリック・ショパン研究所ではなく、日本の会社ですが、ポーランドなどから国際的に有名なピアニストやピアノ教育者が審査員として招かれています。

ショパンコンクール・イン・アジアで5年連続金賞受賞した牛田智大さんは、テレビでも多く取り上げられていましたので、ご存知の方も多いと思いますし、「のだめカンタービレ」の吹き替え演奏で一躍有名になった清塚信也さんや、前回のショパン国際ピアノコンクールで日本人唯一のファイナリストになった小林愛実さんなども、このショパンコンクール・イン・アジアで優勝(金賞受賞)しています。

つい先月、第20回のコンクールが開催され、その後、受賞者記念のガラコンサートが開催される事を知り、聴きに行ってきました。

いろいろな部門の入賞者の方々が出演されましたが、その中でコンチェルト部門の入賞者と、幼児部門、小学生部門のアジア大会金賞のお子様の演奏を聴いてみました。

コンチェルト部門は、ポーランドの室内アンサンブルとの共演で演奏されました。第1・第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロという4人の演奏者との共演で、編成が小さいので迫力は少なくなりますが、ピアノや弦楽器の各パートの音色がよく聴こえて、普段聴くオーケストラとの共演とはまた違った印象に聴こえました。指揮者がいないので、全員で呼吸を合わせて演奏しますので、より一体感も感じることができました。

休憩の後は、幼児と小学生の部門の演奏が行われました。

はじめに、幼児の部から始まりましたが、3・4歳くらいの小さなお子様が、ちょこんとお辞儀をしている姿は、とても可愛らしく、発表会などで見かける光景と同じように見えました。しかし、椅子に座ると、しっかりと集中している様子がうかがえ、鍵盤に手を置くところから、既に曲想を感じているように見えました。

演奏が始まりますと、思った以上によく指は動きますし、音楽の解釈も表現も丁寧で、堂々とした演奏ぶりにすっかり感心してしまいました。すぐ後ろに座っていた女性グループの方々は、「すごいわね~」としきりに感嘆の声を挙げていました。

小学生の部は、1・2年生の部、3・4年生の部、5・6年生の部とカテゴリーが分かれています。学年が上がるにつれて、どんどん大人っぽい演奏になり、より演奏者の個性が表現されて、とても楽しく聴くことができました。

このコンサートに出演しているお子様の中から、いずれ世界的なコンクールに挑戦したり、ピアニストになる方が出てくるのかと思うと、面識こそありませんが、応援したくなるものですね。

未来のピアニストにも、今後注目していきたいと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第264号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、参加したピアノ・コンクールのお話です。

昔は、ピアノ・コンクールと言うと、日本音楽コンクールと、毎日新聞社が主催しているため通称「毎コン」と呼ばれる全日本学生音楽コンクール、もう少し近年になりますとピティナ・ピアノコンペティションなど、かなり数が少なく、相当上手な方が、先生に「コンクールを受けてみたら?」と声をかけられて参加するもので、参加するだけでも「すごい!」というイメージがありました。

しかし現在では、ピアノ・コンクールの数も相当多くなり、幼児の部から大学を卒業した大人、35歳以上の部、40歳以上の部、50歳以上の部など、かなり幅広い年代の方が参加できるようになりました。アマチュア部門(音大などでピアノを専攻していない方)を設けるコンクールも見かけるようになり、コンクールが、演奏家を目指す登竜門という位置づけから、自分の実力を試す場にもなってきています。

演奏する曲目についても、課題曲だけのものから、課題曲・自由曲を数曲用意して参加するもの、自由曲(複数)だけでよいもの、自由曲1曲だけでよいものなど様々です。

自由曲のみで参加できるコンクールは、ほとんどの場合制限時間がありますが、苦手な曲を避けることができ、自分の好きな曲や得意な曲目1つで参加できますので、コンクールの敷居はかなり低くなります。

さて、私事ですが、先日ピアノ・コンクールを受けてみました。昨年あたりから、15分以上の長い曲を練習していて、その曲だけで受けられるコンクールの存在を知ったことがきっかけです。

コンクールの名前も、審査員の先生方のことも、会場も、何もかもが初めて聞くものばかりでした。予選と本選の2段階で、予選を通過しますと、2週間後に本選が行われます。

予選の申し込みをして、しばらくしてから、受験番号の通知と連絡事項の案内が郵送されてきました。

予選当日、受付を済ませますと、控室の場所や、おおよその演奏開始時刻、演奏時間の説明がありました。

ホールのロビーには、開催される部門とその開始時刻、エントリーナンバーとその方の演奏曲目などが張り出されていました。

バッハからベートーヴェン、ショパン、ラフマニノフ、デュティーユ、ドビュッシー、チャイコフスキー、リスト、ガーシュインなど、自由曲のみのコンクールなので、思った以上に色々な作曲家の曲目が並んでいて、大変興味深く、観客として全部聴いたらとても面白いのではとも思いました。

説明された時間に舞台袖に移動しましたが、予定よりもだいぶ進行が早くなっていました。欠席された方がいたようで、他の部門でも複数の棄権者がいたようです。これは、コンクールではよくあることです。

会場は、今回初めてでしたが、木をふんだんに使った落ち着きのある内装で、舞台にはスタインウェイのフルコンサート用ピアノが置かれていました。

予選の演奏ですが、妙に緊張して、演奏を始めて割と早い段階で、今まで間違えたことがない箇所でミスをしてしまいました。一瞬音の迷いがあり、弾いたら今まで聴いたことがない、ありえない和音になってしまい、自分で「えーーっ?」と大変驚きました。その後は、割とよかったところもありつつ、つまらないミスもあったりで、全体的にはかなりイマイチな演奏になってしまいました。

まさかの予選敗退かと、不安を感じながら結果発表を待ちました。

結果は、当日中に、通過した人のエントリーナンバーがロビーに張り出される仕組みです。私の番号もあり、なんとか予選を通過することができました。審査員の方々からの、簡単な講評もいただきました。

そして2週間後、いよいよ本選の日です。

本選の日まで、何回も自宅での練習やレッスンを録音して、注意されていることを確認したり、本番と同じピアノをレンタルできるスタジオを探して練習したりと、いろいろと工夫して練習をしてきました。

舞台に上がって、予選よりも若干落ち着いて弾き始めたわけですが、またもや一瞬の音の迷いからミスをして、そこから動揺してしまい、全体的には、予選の時以上にイマイチで「これは全然ダメだったな」という出来になってしまいました。

長さのある難しい曲を選んだわけですが、時間をかけて練習をして、そこそこの自信もあり、もしかしたら入賞とかできるかもと思っていたこともあり、自分で自分にがっかりしたという感じです。

結果は、その日全部門が終わった夜に、舞台上で発表されました。もちろん?入選止まりで入賞はできず、大変残念な結果に終わりました。

先生に、早速ご報告したところ、音の聴き方と力抜きをすると、本番の緊張対策や演奏が随分違ってくるというご指摘を受けました。

審査員の先生は、講評の時に、もっと楽譜を読むことや、楽譜の一部だけでも書いてみると、もっと音楽の風景やイメージが変わってくるというお話をされていました。

練習をたくさん行うと自信がついてくるものですが、どうもそれだけでは、本番で上手に弾くことはできないようです。

もちろん、音はすべて覚えていて、弾き方などもすべてわかっているはずですが、なんとなく指を動かすだけになっていて、本当に頭で音楽を理解して弾いていなかった箇所がミスに繋がってしまったのかと思いました。

やはり、結果以上に、練習の成果が全然発揮できなかったことは、がっかりして落ち込みますし、かなり後ろ向きな気分にもなるものです。

気分をどう立て直すのか模索しているところですが、やはりリベンジすることが一番なのではないかと思っています。力を出しきったという、すっきりした清々しい気持ちで弾き終えることができるように、また精進したいと思います。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ