トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

子供のためのお薦めのピアノ教材

  • 子供のためのお薦めのピアノ教材は?
  • 子供がはじめてピアノを習うのに適した教材は?

日本では長い間、ピアノの教材と言えば、「バイエル」「ブルグミュラー 25の練習曲」「ソナチネアルバム」「ソナタアルバム」と進んでいくのが常識でした。 特に、お子様がはじめてピアノを習う場合、「バイエル」と思うかたも多いかと思います。
しかし、私の知る限り、現在では、バイエルはあまり使われなくなってきています。

以前、音楽専門誌「MUSICA NOVA(ムジカ ノーヴァ)」に掲載されていました、ピアノの導入教本・教材・全国人気ランキングでは、以下のような教材が挙がっていました。

バーナムピアノテクニック (全音楽譜出版社)

バーナムピアノテクニック(1)


ぴあのどりーむ (学習研究社 音楽出版事業部)

初級ピアノテキスト ぴあのどりーむ 1 はじめてピアノをならうこのために


みんなのオルガンピアノの本 (ヤマハ音楽振興会)

みんなのオルガンピアノの本(1)


私もいろいろな教材を使用してきましたが、今では主に、「ぴあのどりーむ」を使用しています。絵がたくさん入っているので、多くのお子様が喜んで使ってくれますし、曲も徐々に難しくなっていきますので、無理なく進められます。

ただ、教材を最初から最後まで、順番通りに全ての曲を弾くというよりも、生徒さんによっては、幼児用を使用しないで、1巻から始めたり、アレンジされた曲の場合は、あえて弾かずに飛ばして、後で原曲を弾くという事もしています。

お子様の進み方などを見ながら、教材を効果的に活用なさってみてください。

このページの内容に関連するページ:
子供のためのピアノ教育 (お子様のピアノ教育は親御さん次第) [教材]

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

メルマガ登録
ピアノを演奏する楽しさを感じていただけるように、無料のメールマガジンを発行しています。 音楽の雑学的な事や作曲家の話、ちょっとしたテクニックなど。是非ご購読ください。
メールアドレス:
Powered by

メルマガ登録・解除・詳細・
バックナンバー

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.