音楽家の社会史


2022年9月19日


(この記事は、2022年9月5日に配信しました第354号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、音楽史の本についてのお話です。

音楽を専門に勉強する際には、楽器の演奏という実技と共に、ソルフェージュを学びます。楽器の演奏は、ピアノを専門とする場合は、当然ピアノの演奏になります。ソルフェージュでは、音楽のいろいろな決まり事を学んだり、音楽を聴きとって楽譜を書いたり、曲に伴奏を付けたり、曲をアレンジしたり、楽譜を見てすぐに歌う視唱力などを学びます(学校によって多少内容は変わります)。音大では、他にも副科として、声楽や専門以外の楽器のレッスンを受けたり、指揮の授業、音楽史の授業などがありました。

私の場合、音楽史については、専門とするピアノの歴史と、それ以前から広く使われていたチェンバロやオルガン(パイプオルガン)の歴史については学びましたが、それ以外の音楽史については、副読本がちょっとあったくらいで、特に授業もありませんでした。

音楽家の生い立ちなどの伝記は、個人的に興味があり、いろいろと本を読んで調べたり、実際にヨーロッパの現地へ足を運んだりしましたが、当時のヨーロッパ全体の社会的な情勢まではあまりわかっていませんでした。

そして先日、楽譜屋さんへ行った際に、「新編 音楽家の社会史」という本が目に付き買ってみました。「リアルな音楽史」という帯も付いていて、18~19世紀頃の音楽家たちがどのような社会の中で創作活動をし生きてきたのか、当時の社会と音楽の関わりについて書かれている本です。

「音楽で食べていくのは大変難しい」と昔からよく言われてきました。音大を1番の成績で卒業しても、プロになれるわけではなく、その上の大学院を首席で卒業しても、プロどころか大学で教えることもできない時代です。私が知っている限りでも、音大に通っていたピアノ科以外のあらゆる科の先輩、同期、後輩などを見回しても、今でもプロとして活躍しているのは、たったの2人です。

この本の第1章には、音楽家がステージに立つことの大変さが、とてもリアルに描かれています。現在、コンサートやリサイタルを行う際に最も苦労するのがチケットの販売です。しかし、19世紀のヨーロッパでも、同じような状況だったようです。神童と呼ばれたモーツァルトでさえ、コンサートの予約が1人しかなかったこともあったそうです。

当時、コンサートを開く際には下準備が必要で、コンサートの招待状をたくさん持って、数週間前から毎日朝から晩まで道路事情の悪い中を移動して、いろいろな家のサロンで演奏し、売り込まなければなりませんでした。そこで名前を売って、ある程度まとまった数のコンサートチケットを配布してもらうやり方です。しかし、演奏する家のサロンではお客さん扱いされず、他のお客さんとはロープで区切られていたそうです。当時の音楽家がどのような立ち位置だったのか、伺い知ることができます。

ショパンのように、サロンの演奏を通して裕福な階級のパトロンが付けば、サロンで人気者になるのですが、そのような後ろ盾を得られず、友人たちなどの援助がない音楽家たちが、当時はたくさんいたのだそうです。

演奏会場をお客さんで埋めるのは、無名の演奏家にとってはかなりの難関で、同じような音楽家の友人たちの協力を得て「さくら」になってもらったり、無料チケットをばらまくという事もあったそうです。場合によっては、ホールの3分の1くらいがタダ券だったこともあるそうです。お客さん集めの苦労は、昔も今もあまり変わらないのかもしれませんね。

ちなみに、「愛の夢第3番」や「ラ・カンパネラ」などでも有名なフランツ・リストだけは、当時大スターだったので別格だったそうですが、彼もまた違った意味で大変だったようです。午前中からお昼ごろまで、50人ほどがリストの宿泊しているホテルに面会に来るそうですが、それもリストの名声に群がるためで、お金目当てだったそうです。そんな人達の相手をした後、作曲活動などをしていたようです。

大スターであるリストは、拍手喝采を浴び成功している姿とは裏腹に、音楽家としての尊厳を保つことに疲れ、格差に苦しみ、次第にステージに立つことを拒むようになったそうです。

演奏会の最大のお客は貴族なのですが、その生活ぶりと当時の演奏会についても書かれていました。下層階級の労働者が、その日一日の仕事を得るために早朝から行列に並び、朝5時から夕方6時まで低賃金で働いている頃、貴族階級の女性は、もうすぐお昼という頃に起床し、午後2時頃から音楽や乗馬などの先生が次々と訪れて個人レッスンを受け、午後3、4時頃に昼食を取り、その後は馬車で友人の邸宅へ行き、夜になるとオペラやお芝居、舞踏会に足を運ぶのだそうです。そして深夜に帰宅したり、仮面舞踏会などがあると、翌日の早朝に帰宅する事もあったそうです。

同じ時代に生きていても、労働者と貴族はこんなにも生活ぶりが違うとは、驚きを通り越してしまいますね。

貴族の優雅な生活は、反感を持たれそうですが、当時は少し違っていて、労働者たちもそのような夜の楽しみを共有しようとしていました。庶民向けのホールが作られると、昼間は仕事をして、休息の時間だった夜が楽しみの時間となり、ダンスホールには人が殺到したそうです。それに合わせて、コンサートなども夜開催されるようになりますが、当時はまだ電気が無く、シャンデリアに何千本ものロウソクを灯すわけですが、そのロウソク代は演奏家が払うことになり、経費がかさんで大変だったそうです。ちょっと余談ですが、当時はロウソクに獣脂が多く使われており、臭いが酷かったそうです。お客さんも演奏家も大変だったのかもしれませんね。

大変なのは、これだけではなく、娯楽としての音楽が広く一般に広まると同時に、あらゆる人々を楽しませるために、演奏会自体の長さがどんどん長くなっていったそうです。この本の中には、実際に当時行われたコンサートのプログラムが書かれていますが、1回の演奏会で交響曲2曲、ピアノ協奏曲、ピアノソロの即興演奏、ミサ曲など計3時間以上ものプログラムが披露されていたようです。現在は、だいたい休憩時間を入れて2時間くらいですから、だいぶ長い演奏会だったようです。

この他にも、ジャーナリズムと音楽家との関係や、著作権についての話も書かれており、とても読み応えのある本でした。

音楽家たちの作品の素晴らしさだけでなく、生活の苦労や様々な当時の社会的な背景を深く知ることができますので、音楽の秋、読書の秋にふさわしい本かもしれません。

スポンサード リンク



(この記事は、2022年8月22日に配信しました第353号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「題名のない音楽会」というテレビ番組のお話です。

まだまだ夏休みを満喫中のお子様を羨ましく思いつつ、お盆休みも終わり、やれやれという事で日常生活を再開された方も多いのではないでしょうか。

先日放送された「題名のない音楽会」には、昨年行われたショパン国際ピアノコンクールで最高位を受賞された反田恭平さんとアレクサンダー・ガジェヴさんが揃って出演されました。「コンクールの秘策を語る音楽会」というタイトルにも興味を持ち、見てみました。

コンクールではライバル同士だったと思いますが、コンクールが終わって、これからどうするのかという会話をしたそうです。その時に、お二人とも、音楽教育について何かしたいと思っていると話したそうで、意外な共通点があるのだなあと思って驚きました。

スタジオには、これから国際コンクールでの活躍を目指している若いピアニスト達が集まっていて、質疑応答をしていました。「反田さん、ガジェヴさんに質問のある方」と司会者が話しますと、ピアニスト全員が一斉に手を挙げていて、反田さんが笑顔でその様子を見ているシーンもありました。「コンクール前日には、どのような練習をしているのか?」という質問が、最初に飛び出していました。コンクールでなくても、発表会やグレードなどの前日に、どのような練習をしたらよいのか、いつも通りでよいのか、はたまた何か工夫が必要なのか、気になりますね。私も興味津々で見ました。

反田さんは、「本番1週間前からルーティーンを決める」と回答していました。本番のプログラム全体を通す練習を行い、前日は、あまりピアノを弾かないようにしているとも話していました。どんどん練習量を増やすのではなく、逆にどんどんフェイドアウトしていくようなイメージで、良い響きで弾きたいという気持ちを、本番にぶつけるという事なのだそうです。スタジオのピアニストたちは、真剣なまなざしで話を聞いていて、「へえ~そうなんだ」と呟いている様子さえ伺えました。

私も、「なるほど」と思っていたのですが、しかしその時、「私のやり方と違いますね」と穏やかな表情でガジェヴさんが感想を話していて、反田さんもガジェヴさんも笑顔だったところが印象的でした。ガジェヴさんが、「実際に本番前にやっている事は、譜面と新鮮な気持ちで向き合う事です。できる限り新鮮で、一度もその曲を聴いたことが無いような、頭の中を空っぽにすることで、曲と向き合う気持ちを切り替えたいのです」と話していました。

反田さんも、「練習しなきゃ、練習しなきゃ」と思うと、自分が何を弾いているのかわからなくなる。ショパンコンクールの2次予選の時は、1日半全くピアノを弾かないようにしていました。練習して息詰まったら、ピアノと離れるというのもいいかもしれない」と話していました。

本番前に、ピアノと離れるという事は、かなり勇気のいることのようにも思えますが、その勇気を持つことで、混乱している頭の中がリセットされ、再構築することができるのですね。それにしても、世界最高峰のコンクールで、ピアノを弾かないという事をしていただなんて、びっくりです。

質問していた中学生が、「ピアニストでも、そういう事があるのだなあと思って安心しました」という感想を話していると、スタジオではドっと笑いが起きていました。

番組では、反田さんとガジェヴさんが、それぞれショパンコンクールで弾いていた作品を1曲づつ披露していました。反田さんはワルツ第4番、ガジェヴさんはマズルカ第35番です。ちなみに、反田さんが弾いていたワルツ第4番は、ご本人が話していた「2次予選前に1日半ピアノを弾かないようにした」というエピソードのときの曲です。

ワルツ第4番は、「華麗なるワルツ」というタイトルなのですが、正にその通りの華やかで美しい演奏でした。ショパンのワルツは、ショパンの作品の中では手頃な長さとテクニックなので、初めてショパンを弾くときに選ぶことも多いものですが、一流のピアニストが弾くと、大変聴きごたえのある作品になっていました。

スタジオでは、「オーケストラと共演するコンクールのファイナル(本選)の時に、リハーサルで指揮者とどういう話をしたのか?」という質問もされていました。ショパンコンクールに限らずですが、国際コンクールでは、ファイナルでオーケストラとピアノ協奏曲を演奏することが多いものです。大変限られた時間で、どのような打ち合わせをしているのか、興味深いものですね。

ガジェヴさんは、「リハーサルは時間がないので、オーケストラと擦り合わせたいところを理解していないといけない。その上で、擦り合わせたい箇所を2、3カ所にして、詳細を簡潔に伝え、オーケストラを信頼することがとても大事です」と話していました。ピアノ協奏曲は、全般的に長いですし、いくつも楽章があります。その中で、ココを打ち合わせしたいと絞り込む時点で、かなり大変な作業とも思えますが、それを実際に行っているからこそ、第2位という最高位受賞に繋がったのかなあと思いました。

一方で反田さんは、「運が良いことに、コンクール以前に共演したことのある指揮者だったんです」と話していて、それを聞いたガジェヴさんが、とびきりの笑顔で「ラッキーボーイ!」と声を掛けていて、反田さんも、「そうそう!!」と言わんばかりの笑顔をしていました。「僕は、ここをこう弾くよと、2、3カ所伝えたけれど、リハーサルの時は、オーケストラが他のファイナリストとのリハーサルの影響が残っていて、演奏が全然合わなかった。どうしようかと思ったけれど、本番では、自分がソリストだからとオーケストラを引っ張らないといけない」と話していました。

確かに思い返しますと、ショパンコンクールのファイナルで、反田さんは演奏しつつ箇所によっては指揮者のように手を振っていて、まるで弾き振り(指揮者をしながらピアノのソリストもする兼任)しているかのような動きになっていました。音楽に入り込んでいると思っていたのですが、それだけではなく、オーケストラを引っ張っていたのですね。

質問の後、ガジェヴさんのマズルカの演奏が流れました。独特のマズルカのリズムを見事に捉え、一音一音が内容深く、それでいて勿論1つの作品としてまとまっていて、味わい深く心に染みわたるような演奏で素晴らしいものでした。目の前で演奏を聴いていたスタジオの若いピアニスト方が、とても羨ましく思いました。「すべての声部に命がある」という感想を話していたピアニストに、大変共感しました。

その後も、「コンクールに向けて、ショパンの練習曲作品10-8を練習していますが、どのようなイメージを持って弾くとよいのか」という、とても具体的な質問も出ていました。練習曲は、曲のスタイルのことなので、はっきりとした題名がなく、どんな場面の作品なのかをイメージすることは難しいものです。また、ピアニストが、どのようなイメージを持って弾いているのかを、自分の言葉で説明することなど滅多にないので、凄い番組だなあと思いながら聴きました。

ガジェヴさんの具体的なアドバイスの後、質問した中学生が感想を話したところで、反田さんが、「今、弾ける?」と無茶ぶりをしていて、まさかの展開に中学生は戸惑いを隠しきれず固まっていました。スタジオからも、「えっ!」と驚きの声が上がりましたが、公開レッスンの始まりとなりました。他の若いピアニストたちが、番組の展開に驚きつつ、公開レッスンをしてもらえる中学生をとても羨ましいという眼差しで見ていたシーンが、大変印象的でした。

反田さんがアドバイスされていたことは、「右手が難しいんだけど、簡単に弾ける方法として、右肘をちょっと開けると、関節がスムーズに動く」というものです。この作品を練習されている方は、ぜひ取り入れてみるとよいかもしれません。

ショパンコンクール最高位2人の出演だけでも豪華なのですが、それぞれの演奏あり、コンクールの裏話あり、具体的な演奏方法のアドバイスありという大変見ごたえがあり、満足感の高い番組でした。次回のショパンコンクールで、もしかしたらスタジオに参加していた若いピアニスト達の演奏が聴けるかもしれませんね。

スポンサード リンク



(この記事は、2022年8月8日に配信しました第352号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、大人の教養講座「テンミニッツTV」のお話です。

ピアノ教室には、幼稚園・保育園生から80代後半の大人の方まで、幅広い年代の方が来られます。ピアノに興味を持たれたお子様から、昔ピアノを習っていてブランク後に再開された大人の方、また、憧れだったピアノを初めて習ってみようという方まで背景は様々です。

ピアノレッスンの進め方も、当然ながらそれぞれで、教材を順番に進めていくこともあれば、やりやすそうな曲から進めていくこともあります。一度に数曲レッスンすることもあれば、1曲をじっくりと時間をかけてレッスンすることもあります。決められたカリキュラムが無いので、臨機応変に、また柔軟性を持ってレッスンをしているわけですが、どの年代の生徒さんにもレッスンの時にお話していることがあります。

それは、練習している曲について、より興味を持ち理解を深めるために、曲やその作曲者についての解説や時代背景のお話です。あまり先入観を持ってしまうのもどうかと思いますので、練習が進んできたタイミングを見計らっていますが、解説をしますと、どの年代の方も「へえ~、そうなんだ」「面白い」と興味を持ってくださっています。特に、大人の生徒さんは興味津々のご様子で、実際にピアノを弾くよりもそのような音楽雑学を聞くほうが好きという方もいて、大学などの講座を受けに足を運ばれている方もいらした程です。

先日、ふとしたきっかけで、大人の教養講座「テンミニッツTV」というインターネットのオンライン講座に出会いました。大学教授や企業の経営者、学者などあらゆるジャンルの専門家が、一話10分で講義を行う、知識・教養を身に付ける教養メディアなのだそうです。その中に、「クラシックで学ぶ世界史」というものがあり、視聴してみました。全13話ある中で、ベートーヴェンを取り上げている2話を見たのですが、インタビュアーと慶應義塾大学法学部教授で音楽評論家の片山杜秀さんが対話形式で講義を繰り広げていました。

ベートーヴェンの有名な逸話である交響曲第3番『英雄』についての話から講義がスタートし、ベートーヴェンの先生だったハイドンの話やフランス革命の話を踏まえた上で、ベートーヴェンの交響曲第5番『運命』や第9番合唱付き(通称第9)の作品作りについて講義されていました。

ベートーヴェンは、天才作曲家と言われますが、「なんか凄い」という曖昧なイメージを持っているだけで、具体的にどのようなところが天才なのか聞かれると、よくわからないという方も多いと思います。そのような事について、専門家がじっくりとわかりやすく解説をしています。

交響曲第9番については、交響曲の最終楽章に合唱を取り入れるという大変珍しい交響曲なのですが、合唱そのものはベートーヴェンよりもずっと古い時代のバッハなどに代表されるバロック期のロンドンでは既に愛好されていたそうです。ベートーヴェンの先生だったハイドンがロンドンを訪れたときに、大勢の人が一斉に歌う合唱に驚き、それを後の自分の作品に取り入れていたそうで、ベートーヴェンは先生から学んだ合唱を、どのようにクラシックの演奏会に取り入れるかを考えて作曲したのだそうです。

ロンドンで「市民の連帯」という意味合いを持たれていた合唱が、フランスでは「国民の連帯」となり、ベートーヴェンは交響曲第9番で、連帯を呼びかける作品に仕上げたという事になるそうです。今でも、演奏会で大変多く演奏されますし、EUの歌としても歌われています。

私が見たベートーヴェン以外にも、「音楽と人の歴史の関係」や「ルネサンスからバロックへ 教養としての音楽への変化」「ヘンデルがロンドンで成功した要因とは?」「モーツァルトの生きた時代は就職氷河期」「マーラーの交響曲はなぜそれほどまでに愛されているのか」「ドビュッシーやチャイコフスキーが作った国のイメージ」などなど、どれも気になるタイトルの講義ばかりでした。

イベントなどでの講座は、1、2時間が当たり前だと思いますが、1話10分という長さで大変気軽に聴くことができますし、スマホやパソコンなどで聴けますので、聴きたいときに直ぐ聴けるという点でもお手軽です。

31日間無料体験できますし、「サライ.JP」では、一部無料視聴できるようですので、興味を持たれた方は視聴してみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ