(この記事は、2021年7月5日に配信しました第326号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「十六歳のモーツァルト」という本のお話です。

十六歳のモーツァルト 天才作曲家・加藤旭が遺したもの 小倉孝保著 KADOKAWA

先日、インターネットでたまたまこの本の紹介を見つけ、興味を持ったので読んでみました。モーツァルトと言えば、クラシック音楽の世界では天才中の天才で、幼い頃より音楽的な才能を発揮して、3日でオペラを書いたなど神業とも思えるような偉業を成し遂げ、数々の傑作を生みだし、若くしてこの世を去った作曲家です。

ピアノや音楽に携わっている方だけでなく、普段ほとんど音楽とかかわりがない方でも、「トルコ行進曲」や「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「きらきら星変奏曲」、オペラ「フィガロの結婚」「魔笛」、交響曲第41番「ジュピター」などは、曲の題名はわからなくても、音楽を聴くと「聴いたことがある」と思うのではないでしょうか。

そんなモーツァルトのような、いやモーツァルトを超える才能を持ったと言われる加藤旭さんという作曲家を、今回初めて知ることができました。

1999年に生まれた加藤旭さんは、生まれた時からいつも穏やかで騒ぐこともなく、周りをよく観察し落ち着きのある子供でした。特に音楽に関心がある家庭ではなかったにもかかわらず、音に敏感で、音の出るおもちゃを好み、穏やかな音楽がテレビから流れてくると、いつの間にか聴き入っていたそうです。

また、絵本を読んでもらう事も好きで、2時間でも3時間でも飽きずに聴いていたそうで、聴くこと自体が心地よかったのでしょう。3歳前後からは、ピアノの鍵盤をたたいて遊び始め、他のおもちゃに興味を示さなくなったそうですから余程のピアノ好きだったのですね。

その後、ピアノを習い始めましたが、習得する能力の高さに指導者も驚き、1年程経つと楽譜をアレンジするようになりました。作曲家としての出発点ですね。

五線譜に楽譜を書くようになり、4歳で五線譜のノートに曲のタイトルを付けて、ゆったりとした音楽や暗く寂しい感じの曲、とびきり明るい曲など、様々な表情の音楽を作曲するようになりました。

「おかあさんがだいすきおとうさんもだいすき」「しゃぼんだまふいた」「ちょうちょがとんでる」など、曲のタイトルを見ただけでも、身の回りの出来事を音にして、音楽にしていることが伝わってきます。

消しゴムを使わず、猛スピードで楽譜を書き、頭の中で鳴っている音楽に書いている手が追い付かない程で、次々と浮かんでくる音楽を追いかけ、音符にしていく様は、モーツァルトやシューベルトと同じで、読んでいて驚きました。

また、旭さん自身が「音が色に変換される」と言っていたそうで、音を聴くと色を感じる共感覚をお持ちだったようです。これは、リストやリムスキー=コルサコフ、シベリウスなども持っていたと言われます。

幼稚園に入園すると、ピアノと並行してヴァイオリンも習い始めました。演奏の腕が上がると、ピアノと同じように作曲を始め、1ヵ月に20曲も作曲していたそうです。

お母様も、次第に旭さんの才能をどう伸ばしたらよいのか、いろいろと悩み考え、できるだけ多くクラシックコンサートに連れて行き、コンサート終了後には楽屋に突撃訪問して、指揮者の佐渡裕さんや船橋洋介さんに、旭さんが作曲した楽譜ノートを見てもらい、アドバイスをもらっていたそうです。

この幼稚園時代に作曲した作品は、サントリーホールで行われる東京交響楽団による「こども定期演奏会」のテーマ曲に選ばれました。小学校に入学したばかりの頃ですが、これまでの最年少受賞者です。この頃には、毎日作曲していて既に427曲も作り上げていました。家族で出かけるときには、必ず曲が浮かぶそうで、五線譜を常に持ち歩いていたそうです。

この演奏会のテーマ曲を選んだのは、指揮者の大友直人さんだったのですが、「旭さんの楽譜は、しっかりとした音楽で、魅力的なフレーズやアイディアが間違いなくある」と評価していて、コンサートでは、大友さんの指揮で演奏されました。演奏後は、客席に向かって大友さん自ら、「将来のモーツァルトかベートーヴェン、ラヴェルかドビュッシーになるかもしれません」と、旭さんへエールを送ったそうです。

入学したばかりの小学校でも、音楽の研究主任の先生に才能を高く評価されます。30冊を超える楽譜ノートには、音符が実に正しく書かれ、消した後さえなく、オーケストラ用の曲もあり、才能の原石に出会ったような感覚で、「まるでモーツァルトの生まれ変わり」だと衝撃を受けたそうです。

この先生は、自身も作曲をしていましたが、「作曲は、何度も音を確かめて楽譜を書き直し、小さなピースをあれこれ試しながらジグソーパズルを作るような作業なのに、旭さんは、一瞬にしてカメラで全体像を掴んでしまっているようで、天賦の才能を与えられた子とは、旭さんのような存在だ」と思ったそうです。

小学3年生の時には、再び「こども定期演奏会」のテーマ曲に選ばれます。テーマ曲に選ばれると、プロの音楽家がオーケストラ用に編曲するのですが、編曲を担当した音楽家の長山善洋さんが旭さんの楽譜を見て、「ピアノで作曲をしながらも、オーケストラの音色を意識した作品作りをしていて、明らかに小学1年生の時とは違っている」と驚いたそうです。

その後、中学受験をすることになり塾に入りますが、入塾時からかなりの成績優秀者だったそうです。そして、灘、開成、栄光学園と、関西と関東の名門最難関中学に全て合格し、通学がしやすい栄光学園中学に入学しました。

中学受験の準備あたりから、作曲のペースはだいぶ減ったようですが、ピアノのレッスンを受けながら文学や化学にも興味の幅を広げていきます。しかし、中学2年生の秋から頭痛を訴え始め、検査をすると頭部に腫瘍ができていました。

本の中では、その後の体調の悪化や家族の動揺などが事細かに書かれていて、段々と読むのが辛くなるほどの生々しさでした。そして、ついに余命3ヵ月と宣告されます。

まだ中学生という若さで、プロが認める作曲の能力を持ち、成績優秀、人柄も申し分ないという非の打ち所がない旭さんを襲った運命は、あまりにも悲しく不条理で、言葉さえ見つかりません。

日々、旭さんが苦痛と衰えに苦しむ中、ご家族が旭さんの生きた証として、また旭さんと同じように難病と闘う人達が治療に前向きになってほしいという気持ちから、旭さんの作品のCD制作を考え、旭さん自身も誰かの役に立てるのは、自分の作った曲しかないと思うようになります。

あと1ヵ月かもしれないという旭さんの残された時間内にCDが完成するように、ピアニストや関係者が準備を行い、遂にCDが完成します。CDが発売されると、その反響は大きく、たくさんの感想が寄せられたそうです。その後、旭さんは再びピアノへの情熱を呼び起こし作曲を始めます。

目が見えなくなり、「明るい世界への憧れが捨てきれない。やはりお母さんの顔が見たい」と泣いていた旭さんが、突然左手の旋律を思いつき、楽譜制作ソフトを使って作曲を始め、16歳の誕生日の翌日、遂に「A ray of light (一筋の希望)」という曲が完成します。

その後も、木管三重奏曲などを作曲し、周囲からは奇跡が起きるかもしれないとも思われていましたが、年を越すと発作やけいれん、運動性失語など病状は悪化していき、遂に16歳で生涯を終えることになります。

旭さんの死後、住んでいた鎌倉市からは、彼の楽曲と前向きな姿勢が多くの市民に勇気と感動を与えたとして感謝状が贈られ、厚生労働省の自殺対策推進室は、ゲートキーパーソングとして彼の曲を採用しました。

本を読んだ後に、旭さんの「A ray of light (一筋の希望)」を聴きました。重々しく苦しくなるような悲しみの音楽が鳴り響き、もうだめかと思えるような世界から、微かに一筋の細い光が見えてくるという音楽で、親しみやすく聴きやすい音楽なのに、メッセージ性が大変強く、「凄い」という言葉しか見つからず、思わず泣けてくるような感動を覚えました。

モーツァルトなどクラシックの作曲家は、両親のどちらかが音楽に精通している事がほとんどで、早くから音楽の英才教育を受けてきた人ばかりです。しかし、旭さんはそのような家庭環境ではなく、自らの様々な体験を、まるで小さい子が自由に絵を描くように音楽を作り、生涯作曲を習う事はありませんでした。彼のような人こそ、「真の天才」なのかもしれません。

他の作品も大変興味があるので、これから聴いてみようと思いますし、ピアノの生徒さん方にも彼のことや作品について話してみたいと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、2021年5月24日に配信しました第323号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、コロナ禍でも楽しめる音楽のお話です。

相変わらずコロナの話題が連日報道され、東京では緊急事態宣言も続行中です。日常の生活スタイルも影響を受け、だいぶ変化してきました。

音楽業界でも、変化は見られます。例えば、ピアノの国際コンクールは、昨年延期や中止ばかりでしたが、今年はオンラインで開催されるものも出てきました。

ベルギーのブリュッセルで4年に1度開催されるエリザベート王妃国際音楽コンクールは、昨年延期になり今年5月から無観客で開催しています。

通常、国際音楽コンクールは、コンサート形式で行われます。一般客も入れますが、客席は満席となり、日本からもツアーが組まれます。そして、素晴らしい演奏は、拍手喝采で称えられ、拍手が鳴りやまない事すら起こるものです。

しかし、今年は無観客です。審査員はいますが、間隔を空けて座っていて、マスク姿で顔もよく見えません。ガラガラの状態で盛り上がることもなく進んでいるようですから、参加しているピアニストの皆さんも、少々戸惑うかもしれません。

それでも、日本から60人近くのピアニストがチャレンジされていて、そのうち2人がファイナルに進むことが決定しました。

もうすぐファイナルが始まりますが、インターネットでその模様がライブ配信されますから、自宅でゆっくりと聴くことができます。以下のサイトです。

QUEEN ELISABETH COMPETITION

これまでに、エミール・ギレリスさんやアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリさん、ウラディーミル・アシュケナージさん、シプリアン・カツァリスさんなど、世界の巨匠クラスのピアニストが優勝や入賞し、日本人でも内田光子さんや神谷郁代さん、 松本和将さん、花房晴美さん、若林顕さん、仲道郁代さんなどたくさんの人気ピアニストが入賞をしています。

ヴァイオリン部門では これまで堀米ゆず子さんや戸田弥生さんが相次いで優勝していますが、ピアノ部門ではまだ日本人優勝者が出ていませんので、未来の巨匠の誕生を期待しつつ聴きたいものです。

このようにオンラインで音楽に触れるという動きは、さらに広がりを見せていて、おそらく日本で一番有名な音楽ホールであるサントリーホールが「デジタルサントリーホール」というサイトを先月開設しました。

サントリーホール会館35周年の記念事業の一つだそうで、現在オンラインイベント第1弾として、春に開催されているイベント「デジタルオープンハウス」を5月末まで期間限定で見ることができます。

バーチャル バックステージツアーでは、ホール内部を3Dで見ることができて、エントランスや座席だけでなく、ステージ裏など普段コンサートに行っても見ることができないところも見ることができます。オーケストラのメンバーが使用する椅子や譜面台が大量に置いてあり、数の多さに驚きました。ホールスタッフの解説も聞けて、理解しやすくなっている所も良いと思います。

オンライン配信では、オルガン プロムナード コンサートや「コバケン」の愛称で有名な指揮者の小林研一郎さんの祝祭演奏会を無料で聴くことができるほか、サントリーホール主催のコンサートは500円から2000円くらいで聴くことができます。

通常のコンサートの価格を考えますと、だいぶ手軽になっていますので、気になる演奏家のコンサートを聴くチャンスかもしれません。

動画ライブラリーでは、2014年以降のコンサートや演奏家のコメントなどがたくさんアップされていますし、サントリーホール開館当時からのチラシなどが見れたり、オンラインショップやサントリーホールの情報誌のコラムなども読めるようになっています。

まだ立ち上がって1ヵ月ほどですから、今後ますます充実したコンテンツになるのではないかと思います。

ホールに足を運んで生の音楽に触れることが何よりとは思いますが、このような状況なので、オンラインで楽しめるものも上手に活用して、音楽を常に身近に感じ、楽しむ機会を失わないようにすることが大切だと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、2021年5月10日に配信しました第322号のメールマガジンに掲載されたものです)

前回に続き今回も、「題名のない音楽会」というテレビ番組のお話です。

少し前に放送されたものですが、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんがプロになりたい若者をレッスンする「題名プロ塾」という企画を見てみました。

昨年4月に実施された企画の第2弾で、以前の合格者は、既にデビューを果たし活躍されているのだそうです。

今回は、芸大の学生さん、桐朋学園大学の学生さん2人、医科大の学生さん、社会人の合計5人が集まりました。

冒頭、葉加瀬さんが、「プロとは、音楽だけで食べていけるということですから、現場でヴァイオリンを使って仕事が出来るようになるという事が大事です。みなさんは、クラシック音楽をずっと勉強してきたと思いますが、今の時代ですと、ポップスが弾けないと食べていけません。今日は、食べていけるためのヴァイオリンの弾き方をお教えしたい」と話されていました。

レッスンの課題曲は、葉加瀬さんの代名詞ともいえる「情熱大陸」です。今や誰もが聴いたことがある曲と思いますし、ピアノ用にアレンジされた楽譜もありますので、レッスンや発表会などで弾いたことがある方も少なくないかもしれません。

ポイントとなるところは、Aメロという一番最初に出てくるメロディーの速いラテンのリズム、続くBメロという2番目に出てくるメロディーの情感豊かな表現です。

通常のクラシック音楽には無い演奏方法を伝授するレッスンが始まりました。

最初に、葉加瀬さんがお手本として演奏しましたが、さすがという言葉がピッタリで、アップテンポでも心地よいリズムのノリで終始演奏され、表情豊かに演奏されていました。ついつい一緒になって音楽に乗ってしまう演奏で、塾生の皆さんも体を揺らしながら聴き入っていました。

この後、一人ひとり塾生さんのレッスンが行われましたが、印象に残った部分を書いておきます。ヴァイオリンのレッスンではありますが、ピアノの演奏でも活かせると思います。

まず、芸大の学生さんのレッスンでは、「Aメロの1、3拍目であるオンビートに意識が向きすぎている。もう少し2・4拍目を感じて弾くように。どんな音楽でも、4拍子の時には必ず意識するとよい」とアドバイスされていました。

クラシック音楽では、4拍子の曲を演奏する場合、1、3拍目にアクセントがくるのですが、ポップスの音楽ですとリズミカルな感じなどグルーヴ感(高揚感)を出すために、2、4拍目に意識を向けるのです。この拍の捉え方を意識しないと、ポップスを弾いているのに、クラシック風の演奏になってしまうというわけです。2、4拍目を特別強く弾くわけではないのですが、2拍目の音楽の流れの続きに3拍目があり、同じように4拍目の音楽の流れの続きに次の1拍目があることを感じながら弾くと良さそうです。

拍の捉え方を直して演奏すると、硬さがほぐれて、広々とした自由な雰囲気の音楽に様変わりしました。演奏した塾生さんも、「全然違う」と驚いていました。

桐朋学園大学の1人目の学生さんには、フレーズの取り方を指摘していました。葉加瀬さんが、この塾生さんの弾き方を真似されて、「これだと、1フレーズで物語が終わっちゃう。4小節や8小節を大きく捉えて演奏する」とアドバイスされていました。木を見て森を見ずにならないようにということですね。

「細かい譜割りなんだけど、大きく捉えると全ての音楽に乗っかれるから、曲を使って自分の気持ちを伝えるのが音楽なんだからね」と話されていました。

社会人の塾生さんには、フレーズの区切り目について指摘していました。「メロディーの持っているテンポで演奏しているんだよね。クラシックだとフレーズの区切り目は、みんなが合わせてくれるのでいいんだけれど、ビートのある音楽だと、すぐに次のフレーズを弾かなければならないんで、グルーブの上にメロディーが乗っからなければならないから、油断してはいけない」とアドバイスされていました。

確かに、クラシック音楽では間を大切にしますから、ソロの場合、フレーズの区切り目で間を多めに取ることもできますし、合奏の場合には待ってもらったり、合わせてもらえます。しかし、ポップスでは常にリズムが鳴っていて、その流れを重要視しますから、フレーズの区切り目だからといって、いちいち待ってもらったら音楽が途切れ途切れになってしまいます。リズムに乗ることが、大変重要になるわけですね。

「基本は、インテンポでテンポをずっと一定にさせるんだけど、だからと言ってメトロノーム通りかというとそうではない。フィジカルに求めるグルーブでなくてはならない。まずは、ダンサブル(リズミカルでダンスに適している)を意識して、ピアノ伴奏のリズムの上を楽しみながらヴァイオリンを弾てみて」とアドバイスされていました。

桐朋学園大学の2人目の学生さんには、16分音符の弾き方をアドバイスしていました。Bメロ部分の歌のようなメロディーでは、長く伸ばす音と4分音符以外に、細かい16分音符がところどころ出てくるのですが、毎回似通った弾き方をしていてもったいないというのです。

葉加瀬さんが、いろいろな表情の16分音符の弾き方を演奏し、「この16分音符の部分は、どのように演奏してもいいんだけれど、聴いている人たちの心を揺さぶる演奏でないと」とアドバイスされていました。

アドバイスを聴いて、塾生さんが再度演奏すると、「全然違うよね。情熱的に弾いたら、ピアノ伴奏の方が新しい音などを入れて反応する。それが音楽なんだよね。この部分にはそういうきっかけがあるんだよ」と葉加瀬さんが話されていました。

司会者の方は、「レッスンの良いところって、その場で吸収して変化していけるところなんですよね。言われて、すぐにできるというのは大きなことですね。プロとして求められる一番大事な条件ですね」と感想を話していました。

葉加瀬さんの実践的はアドバイスとお手本の演奏を交えながらのレッスンは、テレビで見ていても面白くて、かつ自分のピアノ演奏や生徒さん方のレッスンにも大いに生かせる学びがたくさんありました。

また、ここからどのように塾生の方が成長していくのか、また合格してプロデビューするのはどなたなのか、楽しみです。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ