(この記事は、第293号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「ひねりすぎた」曲のお話です。

先日、テレビ朝日の「題名のない音楽会」で「有名作曲家のひねりすぎた楽曲を楽しむ休日」と題した放送がありました。チャイコフスキーやモーツァルト、ハイドンなど、有名な作曲家が作曲した曲の中から、「ひねりすぎた」曲を紹介するものです。

まずは、バレエ音楽で有名なチャイコフスキーが作曲した「祝典序曲1812年」です。

楽譜に「大砲」と指示のある曲です。大砲を楽器として使うとは、何とも斬新ですね。

テレビでは、陸上自衛隊の音楽隊が基地内で演奏している映像が流れましたが、楽団の割と近い場所で、大砲が演奏に合わせて打たれていて、ドカンと打たれた時には、テレビの出演者がみんなで大笑いしていました。連発して打つようになっているところもあり、曲の最後には3台の大砲がピッタリ合わせて打たれていて、これは凄いと思いました。

この曲は、ナポレオンが大軍を率いて首都モスクワに攻め込みましたが、ロシア軍に敗退した物語を描いた曲です。チャイコフスキーは、依頼されて作曲しましたが、はじめは気が乗らなかったそうです。しかし、評判がよくなり、段々と気に入るようになったとのことです。

ちなみに、当時この曲を演奏する時に、実際に楽譜の指示通りに大砲を使ったかどうかは定かではなく、もしかしたら、チャイコフスキーが現代の演奏を聴いたら驚くかもしれません。

次に登場したのは、1928年生まれのシュトックハウゼンが作曲した「ヘリコプター弦楽四重奏」です。

ヘリコプターに演奏者が乗る夢を見た事から作曲されたそうで、なんと、実際にヘリコプターに乗って演奏する楽曲です。機体が揺れる中、また何よりも音が響かない中で演奏する曲というのは、新しすぎるとしか言いようがありません。

ローマで実際に演奏している映像が流れていましたが、お客さんはホールに集まり、ホールのスクリーンには、4人の演奏者が4機のヘリコプターに、それぞれ乗っている映像が映し出されていました。ヘッドホンをして演奏しますが、ヘッドホンにはカウント音が流れ、それに合わせて演奏するのだそうです。

元々現代音楽の作曲家で、ちょっと難しい音楽のため、テレビの出演者も「これは音楽なのか?」とか「この曲の意図は、何でしょうね?」というコメントをしていました。上昇したり下降するヘリコプターのプロペラの音を、弦楽器で演奏して表現しているのだそうです。

この曲は、オペラ「リヒト(光)」の中の曲で、オペラ自体は、なんと全部の演奏に1週間かかる大作なのだそうです。

次は、1931年生まれの作曲家カーゲルが作曲をした「フィナーレ」です。

指揮者が、演奏中に倒れ込んでしまうという楽曲です。テレビの出演者も、「指揮者が倒れたら、演奏が止まるのではないか?」とか「その指示は、楽譜に書いてあるという事なの?」と、疑問を口にしていました。

楽譜の一部がテレビに映し出されましたが、指揮者がどう動くのか細かい指示が書き込まれていて、「具合悪そうに左手で胸を撫でている!」「指揮者は譜面台を握りしめ・・・」、「頭を客席に向け後ろ向きに床に倒れる」などと書かれています。演奏者には、「立ち上がる」という指示があります。

この一連の動きは音楽に必要なのか、少々疑問に思ってしまいますが、エンターテイメント的な面白さはありますね。

テレビで演奏会の映像が流れていましたが、本当に楽譜の指示通りの動きをしていて、倒れた指揮者を、演奏者が立ち上がって心配そうな様子で見ており、指揮者を担架に乗せて運びだし、コンサートマスターが指揮者を務めて、演奏を続けていました。

演奏を聴くというよりも、「うわ、本当にやってる」と笑いしか出てきませんでした。番組のゲストに、ピアニストの反田恭平さんが出ていましたが、「この曲は知りませんでしたね。僕もやりたいですね」と話していて、さらに笑ってしまいました。

次に登場したのは、モーツァルト作曲の「音楽のサイコロ遊び」という曲です。演奏する順番を、サイコロで決めます。

176小節からなる曲の全ての小節に番号が書かれていますが、小節番号とは異なります。例えば、148番の次は22番、10番、13番、99番、37番、110番…といった感じです。それらを組み合わせて、16小節のオリジナル曲が出来上がるという遊びの曲です。

2つのサイコロの合計を、専用のチャート表で見て演奏しますが、約4京6千兆通りの組み合わせがあり、誰でも作曲家になれるというものです。テレビでは、出演者で実際に楽譜を作り、反田さんが演奏していましたが、思ったよりもいい曲だったと感想が出ていました。

次は、ハイドン作曲の「ピアノソナタ」です。なんと、逆再生しても同じメロディーになる曲です。回文という、上から読んでも下から読んでも同じ文章になる言葉遊びがありますが、同じテクニックですね。

番組では、反田さんに楽譜通りに演奏してもらってから、逆再生してみましたが、ちゃんと同じ音楽になっていて、すごい曲だと感心しました。

最後は、ラッヘルマン作曲の「ギロ ピアノのために」という曲です。特殊奏法で、ピアノを自由自在に操る楽曲です。

五線を使用しない見たことも無い楽譜で、ピアノの鍵盤など指でこすって演奏します。作曲者自らが演奏している?!映像を見ましたが、面白過ぎて見入ってしまいました。反田さんも、見様見真似で演奏?!していましたが、番組の出演者が笑いを必死で堪えている顔が映し出されていました。

私も知らない曲がいろいろあり、音楽の幅広さを再認識させられました。

リサイタルやコンサートでも、このような曲が1曲でも取り入れられたら、もっと気軽に足を運べるのではないかと思いますし、お子様にも楽しんでもらえるのではないかと思いました。

ご興味のある方は、ぜひ聴いてみてください。

スポンサード リンク



(この記事は、第291号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、音楽系のマンガのお話です。

近年では、インターネットで本を買ったり、電子書籍で購入することが普通になってきましたが、それでも、時々本屋さんに足を運ぶと、たまたま目に留まった本との出会いがあったりして嬉しいものです。今回、ご紹介するマンガも、このような出会いで読むことになった本です。

マンガで教養 はじめてのクラシック」という本なのですが、「マンガで教養」という、なんとなく矛盾しているような気がしなくもない言葉と、サブタイトルにある「一生モノの基礎知識」という言葉に惹かれて購入してしまいました。

小さい頃に少しピアノを習っていましたが、クラッシック音楽にあまり良いイメージを持っていない主人公の女性が、偶然コンサートに行くことになり、それをきっかけに、クラシック音楽の魅力を知るというお話がマンガで書かれています。

10ページくらいのマンガの後には、いろいろな音楽知識をたくさんの図や写真を使用して、わかりやすく解説しています。

「まず知っておきたい クラシック作曲家20人」というコーナーでは、半ページまたは4分の1のスペースで、似顔絵のイラスト付きで作曲家の生涯が書かれ、どんなジャンルの曲を作ったかという項目では、後世に与えた影響を考慮して3段階の星の数で評価が書かれています。

「クラシックのジャンル」では、交響曲や管弦楽、協奏曲、室内楽曲などの解説が書かれていて、「交響曲」と「交響詩」の違いなど、実はわかっていなかったようなものについても確認が出来ます。

オーケストラの配置について、おおよそはわかっていても、例えば木管楽器については、配置以前に個々の楽器の区別がつかないという事も多いかもしれません。フルートは、金属で作られていますが、金管楽器ではなく木管楽器の仲間ですし、クラリネットとオーボエなどはとてもよく似ていますから、区別がつかないかもしれません。

本の中では、写真を使用して一般的なオーケストラの配置について解説されていたり、個々の楽器についても、写真だけでなく部品の名前やサイズ、役割なども書かれています。これは大変わかりやすいです。

「世界の音楽コンクール」というコーナーでは、コンクールの流れから主要なコンクールの紹介、ショパンコンクールとチャイコフスキーコンクールの比較などもありました。今年は、秋にショパンコンクールが開催されますので、是非とも押さえておきたいところですね。

その他にも、国別のオペラの特徴やオペラハウスの構造、代表的なオペラの解説やバレエ音楽、年末に日本各地で演奏されるベートーヴェンの第9交響曲についてや、規模別のコンサートホールの解説、実際にコンサートへ行くときのチケットの買い方や座席の選び方、服装やマナーについても丁寧に書かれていました。

チケットを買うときは、値段や何となく前の方というように選びがちですが、それぞれの席の楽しみ方もありますので、参考になると思います。

「名曲ガイド」では、たくさんのクラシック音楽の中から、ジャンルごとにかなり厳選された曲の紹介が載っています。曲の紹介だけでなく、聴きどころの説明や、曲想や曲の長さなどを項目ごとに4段階で評価しています。曲の解説も短めなのでとても読みやすく、聴きたくなってしまうかもしれません。

本の最後の方には、世界や日本のオーケストラの紹介、日本のホールの地図なども載っていて、まさに至れり尽くせりの一冊です。そこそこの厚さの本ですが、堅苦しさは全くなく、とても分かりやすい内容ですので、一気に読み終わってしまいました。

これからクラシックを学ぼうという方はもちろん、ピアノのことはわかっていても、他の楽器のことはよくわからないという方や、既にいろいろとご存知の方も、改めて知ることが意外に多いかもしれません。大人の生徒さんだけでなく、中学生くらいの生徒さんにも、ご紹介してみようと思っています。

ちなみに、この本はシリーズものになっていて、ワインや落語、歌舞伎、仏像を扱っている本も出版されているそうです。

スポンサード リンク



(この記事は、第289号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ヤマハのピアノ工場見学のお話です。

年末年始の休みの間に、ヤマハのピアノ工場を見学するテレビ番組が放送されました。この工場は、私も以前訪れたことがあり、懐かしい気持ちで見てみました。(以前訪れたときの記事)

番組では、「ピアノ工場を楽しむ休日」と題して、司会者とギタリストの村治佳織さん、芸人の古坂大魔王さん(ピコ太郎)、ピアニストの藤田真央さんが、グランドピアノができるまでの工程を、工場長の案内で見学していました。

ヤマハのピアノ工場は、東京ドーム約5個分の敷地面積があり、約600人の従業員がピアノ制作に関わっています。

司会者が藤田さんに、「こちらのピアノ工場に、いらしたことはありますか?」と聞かれ、「同じ掛川市にある…、言っていいのかわからないのですが、河合楽器さんの方には…」と遠慮がちに答えると、他のゲスト2人が大爆笑していました。

工場に入って、まず最初に見学したのは、ピアノのカットモデル(断面模型)です。音の出る仕組みが、見えるようになっています。このようなものは何回も見ていますが、何度見ても面白い構造で、よく考えて作られていると感心してしまいます。

よく、小さいお子様がレッスンでグランドピアノを弾くと、中からハンマーがピコピコ飛び出て動く様子を興味深そうに見ているのですが、そのようなタイミングで、このカットモデルを見たら、もっともっとピアノに興味を持ち、楽しくピアノを弾くのではないのかと思います。

ピアノは、この音の出る仕組みを、88鍵全てに用意し、ピアノ1台で、約8000点の部品が使われているので、ピアノの制作は、時間と手間が大変かかる作業になります。

このカットモデルを使用して、藤田さんが、ドビュッシーの「小さな黒人」を弾いたのですが、少し弾くと鍵盤が足りなくなってしまい、また大爆笑となりましたが、古坂大魔王さんが、この演奏の様子を「ポップコーンが出来上がっている感じ」と話していて、とてもピッタリな表現だと感心してしまいました。

グランドピアノは複雑な形状をしているので、そのための部品を作るのも難しく、自社でその工作機械から作っているのだそうです。機械の技術と職人の技術、その両方を融合してピアノを制作しているという事ですね。

ボディー作りの工程では、工場中に木材の香りがしています。薄くて長い板を、機械で何枚も貼り合わせ、ミルフィーユのような層にして強度を高めます。この板を、グランドピアノの外枠のカーブしている部分に使用しますが、職人2人が機械を使用してピアノの型に巻き付けていき、あの独特のカーブを作っていきます。

そのままの形で放置して木をなじませ、外側の板(側板)が完成しますが、映像では、工場内にずらっと、この側板が並んでいて、なかなか圧巻の光景でした。

ちなみに、グランドピアノのあの独特のカーブは、ピアノの高音部の弦が短いためにできた形で、ゲストの人も、「初めて、ピアノのあの形の理由を知った」と感心していました。

一旦工場の建物の外に出ると、地面にはレールが敷かれていて、踏切まであります。工場の建物から建物へピアノを無人で移動させている様子が映し出されていました。生で見たら面白そうですね。

張弦の工程では、職人さんが1本ずつ手作業で、230本全ての弦を張っていきます。冬場でも、扇風機をつけて作業するほどの重労働になります。重労働で汗をかくと、ピアノの弦がサビてしまいかねないので、1人1台の扇風機がつけられているのだそうです。

この作業をしている職人さんと、藤田さんは同い年で、「同期じゃないですかー」と声をかけていました。作る人と弾く人、立場は違っても同じピアノに関わていることが嬉しいのでしょう。

藤田さんが、「どの位置の弦が好きですか」と質問していて、「中音域が好みで、弦の長さなど、ちょうど気持ちよく張れるから」と職人さんが答えていました。2人のやり取りを聞いていたゲストが、「マニアックだなあ。そんな意見、聞いたことないなあ」と面白そうに話していて、私も思わず笑ってしまいました。

鍵盤の調整の工程では、鍵盤の動きがスムーズになるように作業をしているところでした。

鍵盤は、分厚い大きな一枚板を、短冊状に切って作られていますが、鍵盤を固定する穴の大きさを、ほんの少し広げると鍵盤の動きがスムーズになります。しかし、広げ過ぎるとガタガタとした動きになってしまいます。木によって、硬さや木目が異なるので、機械で同じように開けた穴でも、誤差が生まれてしまうので、職人が手の感覚で調整するのだそうです。正に、匠の技ですね。

職人さんが感じる手の感覚というのは、そっと鍵盤を上げたときに柔らかく、下したときにすっと入るような感覚だそうで、演奏する人が弾きやすいように、柔らかめに調整しているそうです。

音色を作る工程では、整音という音色や響きのバランスを調整します。とても高いスキルが必要な作業で、1人前になるために10年以上かかるそうです。

フェルトを張ったばかりのハンマーは、硬いので、針でつついてほぐし、柔らかくして、豊かな音になるようにします。職人さんが、耳で聴いた音や鍵盤から指に伝わる感覚を頼りに、出荷できるレベルの音なのかをチェックしていました。

整音前と整音後の音を聴き比べるコーナーも放送されていましたが、聴き比べてみますと、やはり整音後の方が角が取れて、金属的な音色ではなく、弾力性のようなものも感じました。

最後に、出来立てのピアノを使って、藤田さんが、シューベルト=リスト作曲の「ウィーンの夜会」を演奏して番組は終わりました。

このようにピアノができる工程を見ますと、多くの職人さんが丹精込めてピアノを作っていることを再認識させられます。これからも、もっともっとピアノを大切に使おうと、改めて思いました。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ