(この記事は、第274号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、今年が生誕90年の記念年となるジャズピアニスト、ビル・エヴァンスのお話です。

先日、「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」という映画を見てきました。

ジャズピアノの詩人と呼ばれ、「ワルツ・フォー・デビイ」など数々の名作を生みだし、51歳でこの世を去った伝説のジャズピアニスト ビル・エヴァンスの生涯を綴ったドキュメンタリー映画です。「五大陸国際映画祭」や「モンテヴィデオ国際映画祭」など13もの世界各国の映画祭で、最優秀ドキュメンタリー映画賞などに輝いた作品です。

アメリカ国内の映画祭やイベントなどでは上映されていたそうですが、劇場での公開は日本が世界発になるそうです。

こじんまりした映画館で、平日の午前中という事もあり、お客さんはまばらでしたが、見るからにジャズファンという感じの人々がほとんどでした。

映画は、幼少期の可愛らしい映像から、トリオを組んで活躍していた時、死の間際までの映像だけでなく、本人のインタビューや最初に組んだトリオのメンバーから、最後のトリオのメンバーまで数々の共演者のインタビュー、そして、もちろんジャズの演奏もふんだんに盛り込まれていました。

ジャズというと、独学でピアノを学んでオリジナリティーを追及するようなイメージですが、ビル・エヴァンスはクラシックのピアノの指導も受けており、映画の中で、学生時代に指導していた教授のインタビューでは、ラフマニノフなどをなんでもたやすく弾いていて、すごい才能だったと話していました。

昼間は学校で学び、夜はジャズバーなどで演奏活動を行い、そこから活躍の幅を広げて、ジャズの帝王とも呼ばれたジャズトランペット奏者マイルス=デービスのバンドに呼ばれ、リバーサイド・レーベルとの契約にも繋がっていきます。

しかし、バンド内で唯一の白人だったため人種差別を受けたり、麻薬に手を出したりと問題も出てきます。

その後、ドラマーのポールとベーシストのラファロと共に、自らのトリオを組んで活動を始めます。メンバーの誰もが主役となり、オリジナリティ溢れるアドリブも交えつつ、それでいて全体の一体感が感じられる楽曲と演奏は、他のバンドとは大きく異なり、名曲「ワルツ・フォー・デビイ」なども誕生します。

仕事面では、順調に進んでいたのですが、ベーシストのラファロの乗った車が事故に合い、25歳という若さで死亡してしまいます。ビル・エヴァンスは、かなりショックを受けて、ピアノを弾くことができず、半年ほど活動を休止します。

私生活では、全てを捧げてくれたエレインと出会い、内縁関係になります。

エレインは、ビル・エヴァンスが麻薬に手を出している時でもビル・エヴァンスに寄り添い支えたそうです。長年良好な間柄だったようですが、子供には恵まれず、それも影響したのか、エレインに一方的に別れを切り出し、年の離れたネネットの元へ行ってしまいます。

エレインは、よほどショックを受けてしまったのか、地下鉄に飛び込み投身自殺してしまいます。

ビル・エヴァンスは、もちろん相当ショックを受けるわけですが、それでも2ヵ月後にはネネットと結婚します。やがて、息子も生まれ、穏やかな生活を始めるのですが、幸せな生活も束の間、以前とは異なる麻薬に手を出してしまうのです。

映画では、その頃の映像も流れていましたが、本当に驚きました。それまでの髪の毛をきっちりとセットし、黒縁メガネをかけた少し硬そうなイメージから、たっぷりと髭をたくわえた姿になり、身なりもどことなく清潔感にかけていて、まるっきり別人のような風貌になっていたからです。

それでも、生み出す作品と演奏は素晴らしく、しかもさらに進化していて、特にスローなテンポの曲は、本当に惹きつけられるような魅力がありました。

しかし、徐々に麻薬の使用量が増え、腕には注射針の跡があちこちに見られ、薬物中毒が酷くなっていきます。家庭内も冷え切ってしまい、私生活は徐々に破綻していきます。

幼い頃から尊敬し慕ってきた2歳年上の兄ハリーが、一所懸命ビル・エヴァンスを救おうとするのですが、ハリー自身が統合失調症となってしまい、遂には自殺してしまいます。

ビル・エヴァンスは、長年の麻薬により体がボロボロになり、車の移動中に大量の吐血をして救急病院に運ばれ、そして51歳の生涯を終えます。

映画の中で、最後に連れ添った恋人が、「これで、ビルはもう苦しまずに済む」と、深く悲しみながらも、どこかほっとしたような雰囲気で話していたのが印象的でした。

一流の演奏仲間からも、「本当にすごい」「一音たりとも弾き損ねることがない」「彼がジャズに与えた影響は、この先100年は続く」「時代を動かした」「ビル・
エヴァンス以上に、情感を表現できる者はいない」と天才ぶりを称賛する声がとても多いジャズピアニストですが、素晴らしい名曲と演奏を残した裏側に、バンドメンバーの事故死や恋人や兄の自殺、そして自分自身が薬物中毒と、多くの悲劇と波乱万丈の人生があったとは想像すらできませんでした。

ビル・エヴァンスは、時には鍵盤が見えなくなりそうなほど背中を丸くして、音楽の世界や自分自身の内面に没頭しているかのような雰囲気で演奏をしますが、音楽のカッコよさやアレンジ力だけでなく、クラシックのピアニストのように、一つ一つの音の美しさやフレーズの歌わせ方も素晴らしく、人を惹きつける魅力を持ち、魅せる音楽を奏でるジャズピアニストだと思います。

映画の中では、ふんだんに演奏が流れていましたが、1曲全部を聴きたかったくらいです。

ジャズに詳しくない方にとっても、ビル・エヴァンスのジャズ演奏は、どこかクラシックに通じるものがあり、聴きやすいのではないかと思います。私も、今回の映画をきっかけに、もう少しビル・エヴァンスのジャズ演奏を聴いてみようと思いました。

スポンサード リンク


 
(この記事は、第273号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、平成生まれのピアニストのお話です。

少し前に、「題名のない音楽会」というテレビ番組を見ました。この番組は、1964年に「ゴールデン・ポップス・コンサート」という名前でスタートし、既に2500回以上放送され、2009年には「世界一長寿のクラシック音楽番組」としてギネスに認定されています。

黛敏郎さんや永六輔さん、武田鉄矢さん、羽田健太郎さん、佐渡豊さん、五嶋龍さんなど、そうそうたる顔ぶれの方が司会を務めていて、単に演奏を流すだけでなく、1990年には番組開始25周年を記念して「出光音楽賞」を制定し、若手音楽家を積極的に支援したり、オーケストラと他のジャンルのコラボを積極的に行っています。

今回見た番組では、「平成が生んだ!ピアノ王子 vs 即興王子の音楽会」と題して、平成生まれの2人のピアニストにスポットを当てていました。

1人目は、牛田智大さん19歳で、第29回出光音楽賞を受賞された最も旬なピアニストです。11歳でピアニストの中村紘子さんに才能を見出され、天才ピアノ少年として話題になりました。昨年2018年には、浜松国際ピアノコンクールで第2位になっています。

そして、もう1人は、ジャズピアニストの奥田弦さん17歳です。10歳で日本人最年少ピアニストとしてデビューし、即興演奏に特に秀でた才能があり、12歳では「烈車戦隊トッキュウジャー」の挿入歌などを作曲やアレンジするなど、作曲家としても活躍しています。

番組は、ショパンのバラード第1番を、2人のピアニストがリレー演奏をするプログラムからスタートしました。フィギュアスケートの羽生選手がグランプリシリーズで使用した曲で、映画「戦場のピアニスト」でも使用されたので、ご存知の方も多いかと思います。

最初に、牛田さんが楽譜に沿った王道の演奏をして、次に奥田さんがジャズ風にアドリブ演奏を引き継ぎました。

番組では、演奏と共にご本人のコメントが紹介されるのですが、「この後に演奏する奥田さんの自由な即興が際立つように、できるだけオーソドックスに演奏しようと思います」と書いてありました。

奥田さんにバトンタッチすると、ショパンのメロディーの要素が確かに流れてはいるのですが、完全に奥田ワールドが広がっていて、面白いなあと思って聴きました。「世間話をするように弾いています」というご本人のコメントも紹介されました。

画面では、最初に弾いた牛田さんが、すぐ後ろで興味深そうに、そして覗き込むように奥田さんの演奏を聴いていたのが、とても印象的でした。

最後は、立ったまま演奏する奥田さんのピアノの音を、座っている牛田さんがペダルを使って音を響かせるサポートをして終えました。公開収録の番組なので、客席にいるたくさんのお客さんが笑顔で大きな拍手を送っていました。

演奏を終えた牛田さんは、「ショパンのバラード第1番のシンプルなメロディーに、奥田さんのカラフルで遊び心のある世界が展開され素晴らしかった」と感想を話していました。

続いて、2人のピアニストのインタビューが始まりました。

ピアノを始めたきっかけは、実は2人とも同じで「耳コピ」でした。「耳コピ」とは、耳で音を聴いてそれを楽譜などを見ないで再現するものです。

牛田さんは、生活している中で聞くいろいろな音を、家にあった電子ピアノで再現して遊ぶのが好きだったそうです。1歳の時に電子ピアノを弾く写真が映されていました。

奥田さんは、テレビから流れてくる曲を耳コピして弾いていたのだそうです。先生にピアノを習っていましたが、わずか3ケ月で辞めてしまい、名プレイヤーの動画を見て、どうやってピアノを弾いているのか、体の動かし方などを学んだのだそうです。

インタビューの後は、牛田さんが昨年、浜松国際ピアノコンクールで第2位を受賞された時の曲であるラフマニノフ作曲「ピアノ協奏曲第2番 第3楽章」を演奏しました。

演奏中、牛田さんの後ろの方に奥田さんが座って聴いていたのですが、まるで一緒に楽しく演奏しているかのように、笑顔で体を揺らしたりしながら聴いている姿が映っていて、目を奪われてしまいました。

牛田さん自身のコメントでは、「この曲は、中村紘子先生が、私に強く演奏を勧めてくださった曲です。先生曰く、ロマンティックだがセンチメンタルな曲調が私に合うそうです。先生に、生前お聴かせできなかったので、今日は亡き先生のご恩を胸に演奏します。」「この協奏曲は、壮大な海を渡っていくようなイメージで演奏しています。第3楽章は、夜の描写から始まりますが、嵐が止み暖かい日差しが現れています。そしてゆっくりとスピードを上げて再び航海に出ます。再び天気が荒れて突風に揺らされていきます。その後、霧が晴れ、壮大で果てしない水平線が広がり太陽が昇ります。」

このコメントはとても分かりやすく、なるほどと思いました。今後もこの曲を聴いた時には、思い出してしまいそうです。

演奏も、とても表情豊かで素晴らしいものでした。小学生の時から天才ピアノ少年として有名でしたが、その後もきちんと研鑽を積んでいることがよくわかり、立派に日本を代表するようなピアニストになっていると思いました。

演奏を聴いた奥田さんは、「中に熱をため込んでいるのに、きれいに放出して、それがとてもきれいで、結晶のような音だなあと思い感動した」と感想を述べていました。

次に、奥田さんが、牛田さんをイメージして、30秒の即興演奏をしました。

演奏が終わりますと、牛田さんが思わず「かっこいいですね」と感想を述べていました。

「先程の牛田さんの演奏の華々しさと溢れ出る迫力を表現した」と奥田さんが話しますと、牛田さんが「かっこよすぎて。なんだか見合っていないんじゃいかと思います」と言い、「いや、見合っています!」と2人のやり取りの面白いシーンが流れていました。

番組の最後には、奥田さんが、ガーシュイン作曲の「ラプソディー・イン・ブルー」を即興を交えて演奏しました。

この曲は、ジャズの即興演奏のスタイルがクラシックの協奏曲に生かされた曲で、クラシックのピアニスト、ジャズピアニストの双方によく弾かれる曲です。ピアノ即興の場面になりますと、ものすごい奥田さんの世界が広がり、圧倒されてしまいました。「才能あふれる」とは、こういうことを指すのかと思ったほどです。

画面には、ご本人のコメントが紹介されていましたが、「事前にどうやって弾こうとか、決めていません。その場でどんな曲が出来上るか、自分でもわかりません。音が行きたがっている方向だけを集中して聴き取り、指が勝手に動くのを待ちます。自分でも弾き終わるまでどうなるのかわからないので、ある意味私も観客の一人です。」と面白いコメントが並んでいました。

演奏後は、大きな拍手が鳴りやまず、贅沢な演奏会を聴きに行ったような気分が味わえて、とても楽しいひと時でした。次回は、ぜひ生で聴きたいものです。

スポンサード リンク



(この記事は、第272号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ラ・フォル・ジュルネのお話です。

今年は、新天皇陛下のご即位があり、ゴールデンウィークがいつもより長く10連休になりました。行楽を楽しまれた方も、多かったのではないでしょうか。

毎年ゴールデンウィーク中に開催されるラ・フォル・ジュルネに、今年も足を運びました。日本では、2005年から開催されている音楽祭で、今年で15回目を迎えます。以前は、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭」というネーミングでしたが、昨年から「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」となっています。

0歳から聴くことができ、コンサートとしては短い1公演45分という長さと、国内外の一流の演奏家のコンサートを1,500円から聴けるという低価格が人気を呼んでいます。

東京国際フォーラムとその周辺の会場では、朝9時半から夜の11時まで、3日間で、320以上の公演が行われました。

毎年異なったテーマが掲げられ、それにちなんだプログラムが用意されますが、今年のテーマは、「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」で、音楽家たちの旅の軌跡が多彩なプログラムで紹介されました。

思えば、モーツァルトが人生の3分の1を旅に費やし、ヨーロッパ各地を回って演奏旅行していたことは有名な話ですし、他の多くの音楽家も、実際に旅行をして、いろいろな国や地域の文化からインスピレーションを得て作曲活動をしています。

今回のプログラムを見ましても、ドヴォルザークがアメリカ滞在中に書いた「弦楽四重奏曲」や、チャイコフスキーがローマ滞在中に書いた「ピアノ三重奏曲 偉大な音楽家の思い出に」、タンスマンが船による世界一周旅行の思い出から作曲した「ミニチュア版 世界一周」など、改めて音楽家と旅の切っても切れない深い関係に気づかされます。

4月にホームページが公開されてから、たくさんのプログラムに圧倒され、どのコンサートを聴こうか大変悩みつつ、それでもワクワクしながら当日を迎えました。

お昼過ぎに東京国際フォーラムの入り口に着きますと、多くの人々で賑わっていましたが、会場の建物に入りますと、混んではいますが激込みではなく、天井などの装飾がこれまでよりも簡素化されていて、ラ・フォル・ジュルネが、ここ数年で少しづつ変化してきている印象を受けました。

ちょうど通りかかった地下のステージでは、オーケストラとヴァイオリンによるコンサートが開催されていて、迫力ある演奏に、つい足を止めて聴き入ってしまいました。他にも立ち見している人が多く、周りのテーブルで食事中の方たちも、私と同じように聴き入ってしまっているという感じでした。

今回、有料のプログラムでは、それほど聴く機会がない、サン=サーンスの作品を聴きました。

サン=サーンスはフランスの作曲家で、モーツァルトに匹敵するほどの神童だったと言われています。「動物の謝肉祭」や「アレグロ・アパッショナート」などが有名ですね。フォーレなどを指導し、作曲だけでなく、ピアニストやオルガニストとしても活躍しました。数々の勲章も授与され、葬儀は国葬で行われています。

サン=サーンスは、生涯に27ヵ国も旅し、ヨーロッパ各地だけでなく、北アフリカやアメリカも訪れています。晩年も定住することなく、旅をする生活を送っていたそうです。旅のエキスパートといったところでしょうか。

今回のプログラムでは、特に好んで何回も訪れたと言われている北アフリカのアルジェリアにちなんだ「アルジェリア組曲」と、エジプト滞在中に書かれ、「エジプト風」と呼ばれるピアノ協奏曲第5番を聴いてみました。

アルジェリア組曲は、アルジェの街の風景や、踊りの音楽、オアシスのヤシの木の下で耳にする愛の歌など4曲から構成されています。

ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」は、エジプトのルクソール滞在中に作曲され、サン=サーンスがピアニストとして活躍した50周年を記念して初演された作品です。第2楽章が異国風なことから、「エジプト風」と呼ばれています。

指揮者は、ロストポーヴィチのアシスタントも務めていたスラドコフスキー、オーケストラは、タタンスタン国立交響楽団、ピアニストは、10歳でオーケストラと共演してピアノの巨匠アラウから絶賛され、エリザベート王妃国際コンクールで優勝した経歴を持つアブデル・ラーマン・エル=バシャでした。

5,000人以上収容できる大きなホールで、大編成のオーケストラを相手に、指揮者はとても楽しそうに、体全体を大きく使ってダイナミックな指揮をしていたのが印象的でした。

ピアニストは、とても紳士的な雰囲気で、大変柔らかい音色で美しい音楽を演奏していました。「エジプト風」というだけあって、とてもエキゾチックな音楽で、旅行気分を味わえたような感覚にさえなりました。ちなみに、終楽章は、「6つの練習曲 第6番 第5協奏曲によるトッカータ」として、ピアノソロでも弾けるようになっています。

演奏後は拍手が鳴りやまず、何回もカーテンコールがあり、大盛況でした。

今回のプログラムは、オーケストラの演奏と、オーケストラとピアノの共演でしたが、ラ・フォル・ジュルネの公演は、もちろんそれだけではなく、ピアノソロや2台ピアノ、2台8手(ピアノ2台ピアニスト4人)、チェンバロ、ヴァイオリン、チェロ、ハープ、打楽器、室内楽、太鼓などの和楽器、ブラスバンドなど実に多彩な音楽を聴けるようになっています。

通常、コンサートは平日の夜に開かれることが多いわけですが、休日の昼間に気軽に聴けるコンサートがたくさん用意されているのは、とてもいいですね。

お気に入りの演奏家の演奏を楽しむのも良し、コンサート初体験にも良し、一日どっぷりとコンサートに浸るも良し、お出かけがてらにちょっと立ち寄るも良しと、様々な楽しみ方ができると思います。

一度、体験されてみても良いかもしれません。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ