(この記事は、第167号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「世界のオザワ」のお話です。

「世界のオザワ」と言う言葉は、ピアノを弾いたり音楽鑑賞が好きな方だけでなく、それほど音楽が身近でない方でも聞いた事があるのではないでしょうか?

指揮者の小澤征爾さんのことです。

20代にして、早くも指揮者の国際コンクールで優勝し、バーンスタインやカラヤンなど、世界一流の指揮者たちに認められた輝かしい経歴の持ち主です。

音楽の世界でプロとして活躍されている方は多いわけですが、日本だけでなく世界的に活躍されていて、しかも本当に世界のトップで活躍されている数少ない音楽家の一人です。

そんな小澤征爾さんが、先日テレビ番組に出演されていました。

これほどスゴイ指揮者ですが、見た目やテレビで答えている姿などは、とても気さくで、ごくごく普通のおじさまという雰囲気でした。気難しく近寄りがたい感じは、全くありません。

しかしながら、とてもエネルギーに満ち溢れた、気迫のようなものを感じました。ちょっとベートーヴェンに似ているとでも言うのでしょうか。

小澤さんは指揮者ですが、指揮棒を持たず手振りのスタイルです。これは 20年ほど前に、本番で指揮棒を忘れてしまった事がきっかけなのだそうです。

指揮棒はとても細いので、折れないように専用のケースを作るなど意外に気を遣うもので、また、指揮棒の長さや重さは色々あり、なかなか使いやすいものがないそうです。

もちろん、演奏中に汗で滑ってしまったり、飛んでしまわないように、注意もしなければなりません。

しかし、指揮棒無しで手振りで行う場合も危険が潜んでおり、以前、指揮中にソリストの譜面台に手がぶつかり、本番中に指を骨折してしまったのだそうです。

それでも演奏を続け、演奏が終わった頃には、かなり腫れてしまったとおっしゃっていました。

小澤さんが、番組でおっしゃっていたことで、印象深いことがいくつかあります。

まず、「指揮者は、どのような役割なのか、映画の監督のようなものなのか?」という質問に対して、音楽は、作曲家が一番大切で、紙に書かれた楽譜から作曲家が何のために、どのような思いで書いたのか気持ちを読み取り、それを演奏家に実際の音にしてもらうのが指揮者の役割だと話していました。

指揮者の練習は、実際にオーケストラなどと一緒に練習する前から始まっていて、むしろ、その前までの練習が大変だともおっしゃっていました。

病気(食道がん)をする前は、毎朝4時くらいから9時まで楽譜を読み込むという勉強をされていたそうです。

もう、長いこと世界のトップで活躍されていますから、同じ曲を演奏する事も多いと思いますが、それでもこのようなたゆまぬ努力を重ねておられるのですね。

また、チェリストなど音楽仲間と一緒に、全国でいきなりコンサートを開くという活動をされていた時に、音楽に聞き入る人を見て、「これが音楽の力なんですよ。すごいでしょ!?」と、自分たちの演奏力の高さを誇示することは全くせず、すべては音楽によるものとお話されていました。世界の巨匠なのに、とても謙虚なお考えが見えて、素晴らしいなあと思いました。

番組で、「国際コンクールなどで優勝し、バーンスタインなど当時の巨匠たちに賞賛されて、すごいですね!」というコメントに対しても、「僕は先生に恵まれた」と答えていました。

「病気から復帰して、気持ちが変わりましたか?」という問いに対して、「音楽は素晴らしい!」と答えていたところも、とても印象的です。本当に心から音楽が好きで、音楽を楽しんでいる感じが伝わってきました。

演奏活動だけでなく、指導する事もとてもお好きだと発言されていたので、これからも多くの若手音楽家を育てて行かれると思います。今後の活躍も目が離せないですね。

スポンサード リンク



(この記事は、第166号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、ピアノコンクールのお話です。

先日、ピアノのコンクールに、小学生の生徒さんが出場されました。

コンクールは性質上、気軽に生徒さんにお薦め出来るものではありませんが、以前もコンクールに参加された事がある生徒さんで、年齢や弾いている曲など、もろもろのタイミングがよかった事もありお薦めをしたところ、またチャレンジする事になったのです。

前回は、かなりよい成績を収める事ができましたが、それはあくまで前回がそうだったという事で、またゼロからのスタートになります。

生徒さんも、毎日のようにお教室に来て練習を積み、お母様はその送り迎えをされ、ご家族が一丸となって頑張ってこられました。

そして、コンクール当日を迎えたのです。

発表会が開催されるようなホールで行われましたが、当然ながら雰囲気は全く異なります。

舞台上の発表会の看板や花の飾りなどは一切なく、舞台にはグランドピアノが一台置いてあるのみです。スポットライトのような華やかな明かりもありません。

客席は、少し怖いくらいの静寂さがあり、演奏前後の拍手が無いときもありました。

アナウンスも、演奏する人の受験番号だけです。

この独特の雰囲気のなか、下は未就学児から上は大学生まで、次々と、そして淡々と演奏が行なわれます。

楽屋で順番を待つ生徒さんとお話をした後、私は、客席で演奏を聴くことにしました。

生徒さんの演奏を客席で聴くことは意外に少ないのですが、とても緊張するものです。

よく発表会で、生徒さんの親御さんから、「私の方が緊張しちゃって・・・」というお話を聞きますが、その気持ちがよくわかります。

手に汗握る心境で、祈るような気持ちで、生徒さんの出番を待ちました。

舞台に上がった生徒さんは、きりっと引き締まった顔つきをしていて、集中しているように見えました。

演奏は、普段どおりの滑り出しで、大きな失敗もなく、上手にまとめました。

でも、やはり緊張したのか、いまひとつ生き生きとした感じが少なかったかもしれません。

生徒さんのお父様も、「(前回のコンクールと同じく)今回も、こじんまりとまとめましたね」とおっしゃっていました。

演奏後、生徒さんとお話をしましたが、生徒さん本人も「まあまあ・・・」という出来だったようです。

そして、結果が発表になりました。

思った以上の点数がいただけて、見事に予選突破です。本選に進めることになりました。

生徒さんもご家族も、まずはほっとされたようでした。

生徒さんと同じ部門に出場した方々の演奏も聴きましたが、数年前の時と異なり、かなり全体のレベルがアップしていて本当に驚きました。

見事、本選に進めることになったので、まずは祝福しましたが、来月には本選が控えています。

次の本選は、これまで以上に厳しい戦いになる事、そして、これまでよく頑張ってきましたが、これまでの頑張りの3倍は頑張らないといけない事を伝えました。

小学生に、このような厳しい事を伝えるのは、どうかとも思うのですが、先を目指す以上、そのくらいの覚悟が必要なのだとも思っています。

もちろん、レッスンを行う私自身も、しっかり覚悟が必要です。

まさに、身を引き締めて、残り少ないレッスンを、有意義に行えるようにしたいと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第165号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、小学生の生徒さんのコンクールに向けたレッスンのお話です。

2015年のレッスンも、すっかり普段通りの雰囲気になり落ち着いてきましたが、個人的には少し緊張感を持っています。それは、小学生の生徒さんが、コンクールを受けることになっているからです。

この生徒さんは、以前にもコンクールに参加した事があり、そのときは初参加ながらとても良い成績を挙げる事が出来ました。

あれから数年が経ち、今回またチャレンジをします。

コンクールやオーディションは、発表会と異なり、演奏が評価され点数や合否が決まります。頑張りが素晴らしい成果につながることもあれば、残念な結果となることもあります。

例えば、予選敗退という可能性もあるわけですが、「頑張ったのに報われない」ことは、大人でも相当ショックなことで、お子様なら尚の事でしょう。そのため、慎重な対応が必要になります。

前回は、とても良い結果になりましたが、今回は出場する部門が変わりますし、これまでの成績は当然ながら全く関係ありません。

そして、出場するからには、前回以上の成績を収めてもらいたいので、気を引き締めて準備するようにアドバイスしています。

生徒さんも、刻一刻と本番が近づいてきた実感があるようで、ずいぶんと練習に熱が入るようになってきました。

音楽に勢いと安定感が出てきて、グッとまとまってきた感じがしています。

この調子で、ますます磨きをかけつつ、本番1回だけの演奏で、どれだけ完成度を高く演奏できるかが勝負になります。

現在のレッスンでは、何回か弾いていると、段々と調子が出てきている感じです。

自宅で練習に使っているピアノとレッスン室のピアノでは、タッチなどが異なりますから、最初は戸惑っても段々慣れてくると調子が出てくるわけです。

これは、通常のレッスンでは当たり前のことですが、1度しか演奏できないコンクールでは通用しません。

どんな楽器でも、どんな状況でも、素晴らしい演奏をする必要があるのです。

そのためレッスンでも、1回目の演奏の完成度を上げていく事が大切になります。

先日、このようなお話をしたところ、

「タッチが気になっちゃって。本番前も緊張とかしちゃって不安になるんだけど、本番になると大丈夫なの!」と言うのです。

確かに、この生徒さんは、本番という緊張する場面で、楽しく演奏できるタイプなのです。

これまでの本番を思い返してみると、調子がいま一つなときもありましたが、それよりもはるかにステキな演奏をしている事の方が多いのです。

本番で、毎週レッスンで聴いている私が「うわ~っ」と驚くほど、大きく成長した演奏をした事もありました。

「本番に強いタイプ」とでも言うのでしょうか。

ピアノだけでなく、人の一生のなかで、1度しかないチャンスに、多少環境や状況が変わっても自分の実力を出し切る必要がある機会は、何度となく訪れるものです。

しかし、そんな本番に、自分は大丈夫と思える自信は、自分で納得できる程の練習量とこれまでの経験からくるのかもしれません。

コンクールというシビアな世界に挑戦するにあたり、とても心強く思いました。

本番まであと数週間ですが、全力投球で頑張ってくれる事と期待しながら、私も全力でレッスンをしようと思っています。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ