(この記事は、第169号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様のピアノコンクール本選のお話です。

以前、ピアノコンクールの予選のお話をしましたが、今回はその続きになります。

先日、コンクールの本選会が行われました。

お子様対象のコンクールは、それぞれ色々な規定がありますが、今回生徒さんが挑戦しているコンクールは、予選会で1曲、本選会で1曲弾くことになっています。

つまり、コンクールが始まるまでに、2曲練習しておく事になりますが、まずは予選を突破しなければなりませんので、予選会の1・2ヶ月前からは、予選の曲を重点的にレッスンする事になります。

そして、先日めでたく予選を通過できましたので、それまで忘れない程度に弾いていた本選の曲を、本格的に練習しレッスンをしてきました。

本選の演奏の出来具合で、全国大会出場が決まる正念場となります。

また、仮に、めでたく本選を通過できますと、全国大会までわずか2週間ほどしかありませんので、本選の時に、全国大会で戦えるだけの完成度が必要になります。

レッスンも週2回に増やし、生徒さんだけでなく、ご家族も一丸となって頑張ってこられました。

連日たくさん練習をされているようで、妹さんの練習時間が少なくなってしまい、教材の進みが遅くなってしまっているという想定外の事態も起こっています。

しかし、妹さんは、来年同じコンクールにチャレンジする事になっていますので、身近でその様子を見る事は、とてもよい経験になるかもしれません。

本番は、夕方から始まり、生徒さんの出番はなんと夜の7時半ごろでした。夜に本番を迎えるというのは、なかなか難しいものです。

普段の生活を思い出してみますと、大人の場合は、まだバリバリお仕事をされている方もいるでしょうし、この時間帯に習い事に通われている方もいらっしゃると思います。

しかし、小学生の場合、夕食が終わっていたり、または食べている最中の時間帯だと思います。

そのような、ほっと一息ついてリラックスしている時間帯に、高度の集中力と緊張感を持ってピアノを弾き、日ごろの練習の成果を披露して、しかも合否が付くというのは、かなり大変な事です。

生徒さんには、この時間帯に本番と同じようにピアノを弾くように、夜にピークを合わせる練習のアドバイスをしてきました。

そして本番当日、夜の本番に備えて、朝からピアノ教室のピアノで練習をするとのことで、私も気になって様子を見に行きました。

どんどん調子が上がってきて、良い状態だったので、これなら全国大会に行けるかなと、少し手ごたえを感じていました。

そして、本番の演奏ですが、なんとなく今ひとつ音楽に乗れず、後半は少し持ち直したかという演奏でした。

テクニックの面でも、これまで難なく弾けていた簡単なところで音が抜けてしまったり、ペダルが切れてしまうところもあり、緊張したのかと思いました。

後で聞いてみますと、緊張はそうでもなかったようですが、ペダルの踏み加減がちょっと慣れなかったようでした。

生徒さん自身も、満足には程遠い演奏だったようです。

本選の結果は、夜9時を回ってからの発表となり、生徒さんは、結果としてめでたく全国大会へ進めることになりました。

しかし、その後お母様とお話したところ、ご家族の中では、もうこれでコンクールは終わってしまった(本選で敗退)と思っていたと、おっしゃっていました。

上位の点数ですと、賞がいただけるのですが、そこには及ばず、本選通過者の中では、真ん中くらいの点数でした。

予選から比べますと、他の参加者も点数が下がっている方が多かったので、なかなか審査が厳しい本選会だったと思います。

審査員の先生方のコメントを見ても、「楽譜に書かれていないところで、リタルダンドをするのは良くないです」ときっぱりと書かれていて、改めて楽譜を正確に、しっかりと読み込む事の大切さを痛感しました。

本選では、通過する事が一番大切なので、まずはよい結果がいただけた事は喜ばしいことだと思います。

今度は、いよいよ全国大会です。

コンクールと言う性質上、1位を目指すという事になり、ある意味わかりやすい目標にはなりますが、もともと音楽は、他の人と比べて、どちらの演奏が上手なのかを決めるものではないと思います。

他の演奏者のあら捜しをして、私の方が勝ったとか、マイナス○点などと考えながら音楽を聴くのは、本来の楽しみ方とは大きくかけ離れるものです。

しかし、素晴らしい演奏を目指して頑張る事や、どうしたら自分の音楽を奏でる事が出来るのか、どうしたら伝えられるのかを学ぶ場としては、良いのかもしれません。

発表会とは違い、シビアな世界だからこそ、やりがいも感じるものです。

指導する立場としても、発表会以上に指導する責任の重さを感じていますし、なんとか生徒さんの頑張りを、素晴らしい結果に結びつけてあげたいと思っています。

残り少ない時間を有効に使って、悔いの残らない納得できる演奏が披露出来るように、全力でレッスンをしなければと改めて決意しました。

スポンサード リンク



(この記事は、第167号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ゴールデンウィーク期間に開催される ラ・フォル・ジュルネ についてです。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015 が、5月2日から開催されます。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのホームページ

昨年、記念すべき第10回目を迎え、知名度や話題性など、すっかり定着してきたような気がします。

これまで、モーツァルトやショパンなど、一人の作曲家をテーマにしたり、ウィーンなど地域をテーマにして開催されてきましたが、大体網羅され、集客できるようなネタが尽きてきた感じもしていたので、今年はどんなテーマになるのか、楽しみと少々心配な気持ちでいたのですが、予想をはるかに覆すテーマになりとても驚いています。

これまでのテーマよりももっと幅広く、しかも時代やジャンルを超えたテーマに大転換したのです。

今年のテーマは、PASSIONS(パシオン) です。

パシオンは、フランス語ですが、英語だと「パッション」で「情熱」という意味です。

「情熱」というと、ぐちゃぐちゃに乱れた髪型のベートーヴェンや、「芸術は爆発だ」のセリフで有名な、芸術家の岡本太郎さん、国会の暴れん坊と言われ「ハマコー」の愛称で呼ばれた浜田幸一さんなど、激しい感情をむき出しにしたようなイメージがあります。

もちろん、そのような感情もあるのですが、それだけではなく、キリストが十字架にかけられた「受難」という意味合いもあるようです。

今回の ラ・フォル・ジュルネ では、バッハの「マタイ受難曲」や「ヨハネ受難曲」など、祈りをテーマにした音楽や、ワーグナーやシューマンなどの恋をテーマにした音楽、そして生命をテーマにしたベートーヴェンやリストなどの音楽、約350の公演があるようです。

デュッセルドルフ交響楽団が演奏するベルリオーズ作曲の幻想交響曲や、ドヴォルザーク作曲のスラヴ舞曲集、ブラームス作曲のハンガリー舞曲 第5番のコンサートは、0歳のお子様連れでも聴く事が出来ます。

授乳室や多目的トイレも完備されているので、安心ですね。

3歳からは、日中の公演を全て聴く事が出来て割引料金になります。

お子様が、本格的なコンサートを聴く良いきっかけになると思いますし、親御さんが、たまにはゆっくりと音楽を聴きたいという場合には、託児サービスを利用してもよさそうですね。

一日中、音楽を楽しみたい方には、1日5公演を同じ座席で堪能できる、一日フリーパスが良さそうです。

ブラームスのピアノ協奏曲第1番、ベートーヴェンの交響曲 第3番「英雄」、ショパンのピアノ協奏曲第2番、ベルリオーズの幻想交響曲などが楽しめます。

なかなか豪華な名曲が揃っていて、ラ・フォル・ジュルネならではのお手軽なチケット代なので、毎年完売する人気ぶりなのも頷けます。

今年は、25歳以下の方限定で初登場のU-25割引という嬉しいシステムがあります。残席のある公演を、半額で聴けるというお得な特典です。

有料のコンサートの合間には、たくさん開かれる無料のコンサートも聴いてみたいところです。

ホルンアンサンブルやフルートのカルテット、トロンボーントリオなど、普段、あまり聴く機会が無い音楽も楽しめそうです。

人気の公演は、早くもチケットが品薄のようなので、お早めにチェックされるとよいでしょう。

クラシック音楽を、気軽に楽しむきっかけになりそうですね。

スポンサード リンク



(この記事は、第167号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「世界のオザワ」のお話です。

「世界のオザワ」と言う言葉は、ピアノを弾いたり音楽鑑賞が好きな方だけでなく、それほど音楽が身近でない方でも聞いた事があるのではないでしょうか?

指揮者の小澤征爾さんのことです。

20代にして、早くも指揮者の国際コンクールで優勝し、バーンスタインやカラヤンなど、世界一流の指揮者たちに認められた輝かしい経歴の持ち主です。

音楽の世界でプロとして活躍されている方は多いわけですが、日本だけでなく世界的に活躍されていて、しかも本当に世界のトップで活躍されている数少ない音楽家の一人です。

そんな小澤征爾さんが、先日テレビ番組に出演されていました。

これほどスゴイ指揮者ですが、見た目やテレビで答えている姿などは、とても気さくで、ごくごく普通のおじさまという雰囲気でした。気難しく近寄りがたい感じは、全くありません。

しかしながら、とてもエネルギーに満ち溢れた、気迫のようなものを感じました。ちょっとベートーヴェンに似ているとでも言うのでしょうか。

小澤さんは指揮者ですが、指揮棒を持たず手振りのスタイルです。これは 20年ほど前に、本番で指揮棒を忘れてしまった事がきっかけなのだそうです。

指揮棒はとても細いので、折れないように専用のケースを作るなど意外に気を遣うもので、また、指揮棒の長さや重さは色々あり、なかなか使いやすいものがないそうです。

もちろん、演奏中に汗で滑ってしまったり、飛んでしまわないように、注意もしなければなりません。

しかし、指揮棒無しで手振りで行う場合も危険が潜んでおり、以前、指揮中にソリストの譜面台に手がぶつかり、本番中に指を骨折してしまったのだそうです。

それでも演奏を続け、演奏が終わった頃には、かなり腫れてしまったとおっしゃっていました。

小澤さんが、番組でおっしゃっていたことで、印象深いことがいくつかあります。

まず、「指揮者は、どのような役割なのか、映画の監督のようなものなのか?」という質問に対して、音楽は、作曲家が一番大切で、紙に書かれた楽譜から作曲家が何のために、どのような思いで書いたのか気持ちを読み取り、それを演奏家に実際の音にしてもらうのが指揮者の役割だと話していました。

指揮者の練習は、実際にオーケストラなどと一緒に練習する前から始まっていて、むしろ、その前までの練習が大変だともおっしゃっていました。

病気(食道がん)をする前は、毎朝4時くらいから9時まで楽譜を読み込むという勉強をされていたそうです。

もう、長いこと世界のトップで活躍されていますから、同じ曲を演奏する事も多いと思いますが、それでもこのようなたゆまぬ努力を重ねておられるのですね。

また、チェリストなど音楽仲間と一緒に、全国でいきなりコンサートを開くという活動をされていた時に、音楽に聞き入る人を見て、「これが音楽の力なんですよ。すごいでしょ!?」と、自分たちの演奏力の高さを誇示することは全くせず、すべては音楽によるものとお話されていました。世界の巨匠なのに、とても謙虚なお考えが見えて、素晴らしいなあと思いました。

番組で、「国際コンクールなどで優勝し、バーンスタインなど当時の巨匠たちに賞賛されて、すごいですね!」というコメントに対しても、「僕は先生に恵まれた」と答えていました。

「病気から復帰して、気持ちが変わりましたか?」という問いに対して、「音楽は素晴らしい!」と答えていたところも、とても印象的です。本当に心から音楽が好きで、音楽を楽しんでいる感じが伝わってきました。

演奏活動だけでなく、指導する事もとてもお好きだと発言されていたので、これからも多くの若手音楽家を育てて行かれると思います。今後の活躍も目が離せないですね。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ