(この記事は、2022年11月28日に配信しました第360号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、クラシック音楽とコロナ禍についてです。

晩秋になり、都内の街路樹もだいぶ色づき始めていますが、今年は思ったよりも暖かい日もあり、例年よりも過ごしやすい気もしています。コロナが流行り始めてから3年が経ち、休校や休業、不要不急の外出の自粛から始まり、それが段々と緩和され、今ではコロナとの共生という流れになっています。ピアノ教室では、最初の1年は発表会やコンサートを中止にしましたが、その後は規模を縮小して少しずつ再開して今日に至っています。

コロナ禍で、クラシック音楽のコンサートなどを企画・運営している事業者は、どのように対応してきたのか、どのような苦労があったのかを伝えるインタビュー記事を見つけたので読んでみました。

クラシックのコンサートやリサイタルでは、ある程度の大きさのホールで多くの聴衆が集まり、演奏が終わるとブラボーなどと声を上げて拍手喝采で終わるという流れですから、コロナ禍の影響はかなり大きくなります。コロナ流行の最初の頃は、コンサートやリサイタルが中止となりましたが、その後、無観客で再開し、次に収容人数の50%を上限として観客を入れてよい事になり、少しずつ楽になったのかと思っていましたが、なかなか大変だったようです。お芝居は何回も公演がありますし、ポピュラー音楽のコンサートは大きな会場で行うので、普段の半分の観客でもなんとかなるのかもしれませんが、クラシック音楽のコンサートでは採算が取れないそうです。オーケストラ公演では、演奏者も多いですからなおさらです。

3回目の緊急事態宣言前には、日本クラシック音楽事業協会としては、これまでのコロナ対策をした上でコンサートなどの継続を要望したそうですが、「コンサートでクラスターが出ていないのは分かっているけれど、人の流れを止めないといけない」という事で、全面中止になったのだそうです。その後、緊急事態宣言の再延長の時に、コンサートなどは観客数の制限付きで行っても良いという緩和措置が取られました。しかし、これまでは全面中止で補償が付いていましたが、緩和措置で補償がなくなり、コンサートが開催できる嬉しさ半分、採算が取れない悲しさ半分という複雑な状況だったようです。

緊急事態宣言が解除されてからは、ウィーンフィルやベルリンフィルなどの海外のオーケストラの検証実験に基づいて、日本のオーケストラも再開しましたが、独自の基準を設けるため日本クラシック音楽事業協会と日本オーケストラ連盟、日本演奏連盟の3つの団体が一緒になって、NHK交響楽団や感染症の専門家たちと共に飛沫実験などを行ったそうです。普段は、それぞれ別々に活動をしている団体が、コロナ対策を機に集まって活動をしたというのですから、皮肉とも思えますし、ちょっと興味深いとも思えます。ちなみに実験結果は、トランペットやトロンボーンは2メートルほど前方に飛沫が飛ぶそうですが、その他の楽器はこれまで通りでも、ほぼ感染リスクが変わらなかったそうです。

このような検証実験を経て、ガイドラインを作ってコンサートを少しずつ再開し、現在では、かなりコロナ禍前のようにコンサートやリサイタルが開かれるようになりました。再開されて良かったと思っていましたが、その陰にこのような業界団体の苦労があるとは知りませんでした。しかし、その甲斐あって満席のコンサートもあるのですから、苦労が報われた面もあるでしょう。

コンサートが通常のスタイルで再開されますと、観客の中には、コロナ対策として座席の間隔を空けて座っていた頃の方がよかったという声を上げる方も少なくないそうです。1席ずつ開けて座ることで、隣の方を気にすることなくゆったりと音楽を楽しめるのですから、お客の立場に立つと断然その方がよいわけです。しかし、運営側からすると採算が取れませんから、今後は難しそうですが、ただ、例えばプレミアムコンサートのような企画は、個人的にはありかなとも思います。

クラシック業界も、このようにいろいろとコロナの影響を受けた訳ですが、コロナ禍だからこそ、先程挙げたようにこれまで別々に活動していたクラシック音楽の団体が結束したり、観客もそんな演奏家を応援しようという雰囲気があり、みんなで一体感を感じて行動できたことは大きな収穫だったそうです。

その一方で、通常に近い形でコンサートが開催されるようになると、ライブビューイングをお金を払って見て、演奏家を応援しようという聴衆が減っているそうで、熱気が冷めてきているとも言われます。演奏会が中止になっていた頃は、オンラインで地方のオーケストラの演奏を聴くなど話題になりましたが、今では聞かなくなった気がします。やはり、生で音楽を聴くことがコンサートやリサイタルの醍醐味ですから、その点でリアルなコンサートにはかなわないわけですが、演奏家の指運びや表情などのアップは、生のコンサートでは見ることができないのでオンラインの強みと言えます。オンラインならではのコンサートやリサイタルの更なる発展も期待したいものです。

また、コロナ禍により、チケットについても変化があります。以前は、ホールの入り口で、スタッフがチケットを確認してチケットのもぎりをしていましたが、接触を避けるために、自分でチケットのもぎりをして箱に入れるスタイルになりました。スタッフの人数を減らすこともできますから、これも一つの変化ですね。いっその事、紙のチケットを止めてスマホを活用する方法も検討されたそうですが、クラシックの聴衆は高齢者が多いので、スマホは難しいとの事で、チケットレスにはなっていないようです。

ライブビューイングやチケットレスは、コロナ禍だからこそ生まれたもので、クラシック音楽業界で失速しているのは残念だと書かれていました。航空券や展覧会、様々なイベントの入場券が、チケットレスになっていますし、ご高齢の方々がスマホを使いこなしている様子も見かけますから、かなり近い将来は、チケットレスになるのではないかと個人的には思いました。

きちんとコロナ対策を講じた上で、コロナと共生しながら音楽業界がより良い進化ができますよう、一人のクラシックファンとして応援していきたいと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、2022年11月14日に配信しました第359号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、大人の生徒さん方の発表会のお話です。

ピアノ教室では、夏はお子様の発表会、秋は大人の生徒さんの発表会と、季節ごとに大きなイベントがあります。

お子様の発表会は、基本的に全員参加ですが、大人の生徒さんの発表会は、自由参加となります。お子様は、生徒さんだけでなくご家族も含めて、1年に1回発表会がある事が当たり前という意識をお持ちの方が大半だと思います。そのため、これまで発表会参加を見送りたいというご相談は、ほとんど受けたことがありません。

一方で、大人の生徒さんの発表会は、参加される方は毎回コンスタントに参加されますし、参加されない方は毎回参加されません。これは、ピアノの経験の長さや、どのくらい弾けるのかというレベルにも関係がありません。定年を機にピアノを始められた方が、ほぼ毎年参加されることもあれば、お子様の時にピアノを習っていて、ショパンの練習曲をどんどん弾いているような方が、「子供の時に発表会に出ていたので、もういいです」と丁寧にお断りされたりもします。

先日行われた大人の発表会は、まだコロナが完全に収束していないこともあり、引き続き制限をかけての開催となりました。コロナが広まり始めた3年前は開催中止でしたが、翌年から、少しずつ開催する楽器を広げていき、今ではソロで演奏する場合は、ほぼ全ての楽器で発表会が開催されるようになりました。それでも、制限をかけての開催ですので、1回のステージの参加者は半分以下の10人まで、座席も間隔を空けて少なめの配置です。集合時間は設けず、講師演奏や集合写真も無し、全員の演奏が終わったら解散という進行で行われました。

このような発表会のスタイルになって2年が経ち、生徒さん方もすっかり慣れて、ご理解もいただき大変ありがたく思うと同時に、1年に1回の大舞台なのになんだか味気ない感じで申し訳なく思っています。

さて、発表会の本番当日ですが、前のステージが終了予定時間になっても終わらず、少しハラハラしましたが、終了と同時にバタバタと入れ替えとなり、結局10分遅れでスタートしました。今回は、割とご年配の生徒さんが多かったような気がします。

お子様の発表会よりも、アットホームな雰囲気で行われるのが大人の発表会の特徴ですが、そのような雰囲気でも、やはり普段のレッスンとは異なりますから、多かれ少なかれ緊張はするものです。おそらく今朝までは調子よく弾けていたのかなという方が、本番ではミスしてしまい、何回か弾き直そうとしてもどうしてもうまく続きを弾く事ができず、「もう~」と、つい独り言をつぶやいてしまう場面もありました。見ていてヒヤヒヤしましたが、その後ふとしたタイミングで、いつもの調子を取り戻したようで無事に演奏を終えることができ、本当にほっとしました。

ほぼ毎年参加されている生徒さんは、夏あたりからお仕事がかなり忙しくなったようで、レッスンをお休みされることもあり、本当に発表会に参加するのか心配していました。しかし、改めて意思確認すると、「発表会には出ます!」と力強いお返事を頂きましたので、「お忙しいようですが、2022年は発表会に出て頑張ったという証を残せるように、頑張りましょう」とお返事をしました。

それまでは、曲の前半部分と、中間部の半分ほどを細かく丁寧に反復練習なども含めてレッスンをしていたのですが、この決意をお聞きした1週間後のレッスンでは、なんと発表会で弾く曲全部を、両手でかなりスラスラと弾いていて、本当にびっくりしました。

「いや~、最後まで全部両手で弾けましたね。1週間でこんなに弾けるとは、本当に驚きました。凄いですね~」とお話しますと、「いやいや…」と照れたような表情で、でも嬉しそうなお顔をされていました。その後、いくつもの声部(パート)が入り組んだ作品なので、どのフレーズが重要なのか、そこが浮き立って聴こえるようにするにはどうしたらよいのかなど、弾きながら説明をして、一緒に練習をしました。

同じ曲でも、フレーズを見て弾き方を変えると、ガラッと曲の印象が変わります。生徒さんも、解説を聴きながら深く頷いていましたし、実際にご自分で弾いてみて「ああ~、全然違うっ」と驚いたような声で話していて、「ですよね~。すっごく変わりますよね」と返事をしました。作品の奥深さを、ご一緒に感じることができて、私もとても楽しいひと時でした。

本番では、緊張はされていたようですが、最初の音から気持ちを込めて弾いていることが伝わってきましたし、レッスンで「ああ~、全然違うっ」とおっしゃっていた部分も、味わい深く弾いていて、凄いなあと感じました。

生徒さん自身は、ミスしたところを少し悔やんでいるようにも見えましたが、お忙しい中、当初の予定通りに発表会に向けて準備をして、やり切った達成感も感じていただければと思いました。

忙しい事を口実に、回避することもできたわけですが、それをせずに最初に決めた事を最後まで貫く姿勢に、心から拍手を送りたいですし、とても励まされた出来事でした。

スポンサード リンク



(この記事は、2022年10月31日に配信しました第358号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、小学生の生徒さんのレッスンのお話です。

朝晩もだいぶ寒くなり、紅葉が見頃を迎えている所も多いようです。ピアノ教室の生徒さん方にも、「寒くなってきましたから、お教室にいらっしゃるときに、手が冷えないようにしてくださいね」と話しています。3ヵ月ごとにレッスンの予定表をお渡ししていますが、それを見た生徒さんが、「もう、年明けのレッスン日まで書かれているのですね。時が経つのは、早いものですね」と感想を漏らしていました。

先月下旬辺りから、小学生の生徒さん方には、通常よりパワーアップしてレッスンを行っています。例年では、夏の発表会が終わり2学期に入ると、本来のレッスンのペースでじっくり落ち着いてレッスンを行うのですが、今年はだいぶ様子が異なっています。というのも、今年はヤマハのコンサートグレードを受験する生徒さんが何人もいるのと同時に、小学校の学習発表会や音楽会で演奏する曲をレッスンで見てほしいという方が続出しているのです。

恐らくですが、これまでコロナの影響で中止していた学校行事が、だんだんと再開されてきていて、それに伴って音楽関連の行事も復活してきているのだと思います。コロナが流行り始めた頃、しばらく休校になりましたが、その後学校が再開しても、しばらく音楽の授業は合唱などの歌なし、鍵盤ハーモニカやリコーダーの授業もなし、リズム打ちくらいしかなく、「音楽の授業がつまらない」と残念そうに話していた生徒さんもいました。あれから2年余り経ち、学校の音楽の授業もコロナ前の状態にだいぶ戻り、みんなで合奏して披露する場も復活したということのようです。

ある生徒さんは、ピアノパートのオーディションがあるとの事で、楽譜を持って来ました。1週間後くらいに、決められたところまでを弾かなければならないとの事でしたが、幸い生徒さん自身で譜読みをしてきていましたので、より良い指使いに修正し、強弱を付けるポイント、そしてペダルを入れる箇所を決めて、華やかに弾けるようにレッスンをしました。

原曲ではピアノが使われていないらしく、アレンジされたピアノのパート譜には、演奏不可能な指示が書かれていたのですが、生徒さんと一緒に原曲を聴きながら、「こういう風に弾いたら、かなり元の曲に近くなるね」と確認して、実際にピアノで弾いて練習もしてみました。生徒さんのお母様も、演奏不可能なところについては疑問に思っていたそうなので、レッスン後に説明しましたが、「なるほど~」と疑問が解消されてすっきりされた様子でした。

その後、生徒さんから、「無事にピアノパートのオーディションが終わり選ばれた」という嬉しい報告を聞きました。「曲の続きの部分も、お家で練習して、わからない事があったら、また楽譜を持ってきてね」とお話しました。きっと張り切って、曲の続きも練習していると思います。

今年の春くらいに入会された生徒さんも、同じ様に小学校の行事で演奏する楽譜を持ってレッスンに来ました。レッスンでは、両手で異なる音を弾き始めて少し経ったくらいなのですが、持ってきた楽譜を見ますと、16分音符なども並び、しかも結構テンポの速い曲です。生徒さんのお母様は、「難しくて無理だから、やめて他の楽器にするように言っているのですが…」と少々困ったような表情でお話をしていました。

確かに、かなり難しいと思いますが、生徒さん自身は、「かっこいいから弾きたいんだよね」と話していますので、頑張って練習してみようという事になりました。本来ならば、一音ずつ音を読んで、音符の長さからリズムを見て、指番号を考えて、拍子に合わせて弾く、そしてだんだん速く弾けるようにするという流れになりますが、そこまでの時間的猶予もないので、「ここは、この指番号で弾いて、こんなリズムなのよ」とごく小さいフレーズに分けて、見本として弾いて真似して弾いてもらい、一人でも弾けるように練習をしました。

生徒さんも、普段のピアノレッスンでは、まだ出てこない指使いやリズムに難しさを感じていたようでしたが、黙々と何回も練習をして、だんだんと自力で弾けるようになってきました。その様子を見ていますと、かなり本気で「かっこいいから弾きたい」と思っているのだなあと改めて感じました。翌週のレッスンでは、前回弾いたところをバッチリ弾けるようになっていましたので、続きをレッスンすることができ、あともう一息で全部弾けるようになるというところまで進むことができました。どちらかというと大人しいタイプの生徒さんですが、一連のレッスンを通して、実は内に秘めた情熱を持っていることがわかり、生徒さんをより深く知るよいきっかけにもなったと思いました。

小学校高学年の生徒さんは、今年もピアノパートを希望していて、希望者は少なかったそうですが、それでもオーディションがあるという事で、レッスンに楽譜を持って来ました。中盤から後半にかけては、同じ和音の連打なので、音さえ読んでしまえばだいぶ楽なのですが、オーディションで弾く曲の冒頭部分は、リズムが少し難しく、音を把握するのもやや難しいフレーズでした。また、他の生徒さん方の曲とも共通するのですが、原曲がピアノで弾く曲でない場合、ピアノ演奏の指運びを考慮していないので、弾きにくい箇所が出てくることがあります。そのため、どの指を使うと一番弾きやすいのか、決めることが重要になります。レッスンで生徒さんと相談しながら指番号を決めて、なんとかオーディションで弾く範囲のフレーズを弾けるようにしました。

その後、この生徒さんもピアノパートを弾けることになり、現在もレッスンを続けています。かなりたくさんの楽器との合奏になるので、どの部分で何の楽器がどんなメロディーを弾いているのかを把握しないと曲の全体像がつかめませんので、私がメロディーを弾いてそれに合わせて弾くということをしています。

さすが高学年の生徒さんともなると、自宅での練習も工夫していて、学校の先生から他のパートの音源をもらってきて、iPhoneで流しながら合わせて弾く練習をしていました。そのため、レッスンでいきなり私がメロディーを弾いても、つられることなく弾けていて、とてもびっくりしました。練習を始めて最初の頃は少し難しそうでしたが、もう大体弾けるところまで進んでいますので、次回のレッスンからは、ヤマハのコンサートグレードの曲の練習も、本格的に始めてみましょうとお話をしたところです。

生徒さん方が、ピアノ教室以外の場所で、日頃のピアノレッスンを生かして活躍できることは、私としても大変嬉しいものですし、きっとご家族の皆様も同じ思いなのではと思います。ピアノを弾いていて、またピアノレッスンを受けていて、よかったと思っていただけるように、これからも日々精進したいと思います。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ