(この記事は、2020年11月9日に配信しました第309号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、大人の生徒さんの発表会の様子です。

先日、大人の生徒さんの発表会が開催されました。

コロナの影響でレッスンが休講になり、6月には再開しましたが、感染予防対策を行いながらレッスンをコロナ以前の状態に戻す事が優先事項となり、発表会については未定という状態が続きました。

大人の生徒さんの発表会は、例年秋から冬に開催していますが、寒い時期になるとコロナの感染が再び増加する可能性があることや、ご高齢の生徒さんも多く参加されるため、今年の開催は難しいと思われました。しかし、生徒さん方のご要望がとても多かったこともあり、最終的に縮小した形で開催することになりました。

生徒さん方は、驚かれつつも、どこか嬉しそうなお顔をされていたように思います。

大人の生徒さんは、2、3ヵ月という割と短い期間に、発表会の曲を決めて練習に取り掛かる方がいる一方で、半年や1年くらいかけて、じっくりと練習を積む方もおられます。

1年間ずっと同じ曲の練習だと、飽きるのではないかと思うかもしれませんが、月に2回のレッスンの場合、3ヵ月でもレッスンは6回なので、それほど長く同じ曲をレッスンしてもらっているという感覚にはならないようです。また、大人の生徒さんの場合、「難しい曲だけれどチャレンジしてみたい」というご要望も珍しくないため、おのずと練習期間が長くなります。

今年、発表会に参加された生徒さんの場合、約半分の方は、開催が決まる前から既に練習を始めていました。逆に、開催が決定してから曲を決めた方は、それほど多くの時間があったわけではありませんが、すぐに曲を決めて楽譜の用意もされ、練習を始めましたので、準備はとてもスムーズに進みました。

発表会が間近となり、当日のプログラムをお渡ししますと、いよいよ本番まであと僅かという事を強く意識されるようで、お仕事が忙しくて練習がままならないことに焦っている方や、「来年に向けて頑張ります」と、今年の出来は諦めて来年リベンジするという冗談をおっしゃる生徒さんもいらっしゃいました。

発表会当日は、例年ですと、生徒さんの集合時間を決めて、出欠を確認したり、当日のタイムスケジュールの確認、舞台上での流れの確認、個々の生徒さんの譜面台の有無や集合写真の順番、記念品の配布などの最終チェックを行いますが、今年は、密になることを避けるため、集合時間を設けず、打ち合わせも極力事前にメールで行いました。

そのため、通常ですと、開演前はホールの入口に人が集まり、ガサガサしている感じでしたが、今年は混雑する様子は全く見られず、穏やかに開演前の時間を過ごしました。出演される生徒さん方も、すぐに見つけることができ、開演前に激励の言葉をかけることができました。

ホール内は、隣の席との間隔を空けてソーシャルディスタンスを保ち、司会者の席には透明パネルを設置、スタッフの席には消毒薬とふきんが用意されました。ホールのドアは、直前まで空けて換気も行いました。

発表会は、予定通りに開演し、スムーズに進行しました。

今年初めて参加された70代の生徒さんは、合唱団に所属されているのですが、そこで歌っている曲を発表会の曲に選びました。ピアノ教室に通われて1年程で、大人になって初めてピアノを習い始めた方です。

以前、お仲間同士で集まりがあった際に、ピアノを習い始めたことを話し、ちょうどその場にピアノがあったので練習している曲を弾いたのだそうです。しかし、頭が真っ白になってしまい、かなり間違えてボロボロだったそうです。そのリベンジをしたいというお気持ちが強く、また同時に、発表会に参加することで目標ができて上達すると、とても前向きな考えをお持ちでしたので、コロナで休講の時から、もし発表会が開催されるのであれば参加したいとおっしゃっていましたし、休講中もオンラインレッスンを熱心に受けていました。

演奏した曲は、レッスンでは結構すらすらと調子よく弾けているのですが、前奏部分でミスをしてしまう事が多く、本番前のレッスンでは、集中的にこの部分を練習しました。本番でその部分が近づくと、私も少し緊張気味に聴いていましたが、とても安定感良くきれいに弾いていて、何の苦労も感じさせない演奏で安心しました。その後も、とてもスムーズに弾けていて、最後の方で意外な箇所で音を一つミスしてしまいましたが、全体的にはとてもよかったと思います。

別の生徒さんは、お仕事でなかなか練習する時間が取れず、レッスンをお休みされることもありましたが、小さい頃にピアノを少し習っていた方で、今回は小さい頃に練習したことがある曲を選びました。

よく指が動きますし、譜読みも早いのですが、若干うろ覚えの箇所があり、レッスンでは、なんとなく弾いている部分をきちんと理解して弾くように、また細かいリズムの確認やペダルの有無などについても指摘して練習をしました。

本番では、いつも通りの良い滑り出しでしたが、ちょこちょことミスが続き、少しもったいない演奏になってしまいました。演奏が終わり席に戻ってきた時には、「たくさん間違えちゃった~」と話されていて、悔しそうな表情をされていました。

また別の今回難しい曲にチャレンジされている生徒さんは、本番前のレッスンで「来年に向けて頑張ります」と冗談をおっしゃっていた方です。ドビュッシーの作品ですが、調号や臨時記号が多く、拍子も途中で変わってしまうという、美しい曲ですが、なかなか大変な曲です。レッスンでも、かなり苦労されている様子でしたので、本番どうなるのか少し心配していました。

しかし、演奏が始まりますと、安定したテンポでとても落ち着いて演奏されていましたし、レッスンでは一瞬間が空いてしまっていた難しいところも難なくクリアされていて、とても心地よい流れで演奏することができていました。

また別の生徒さんは、今回初めてブラームスの曲を選びました。この曲は、単音のところが全くなく、終始和音を弾き続けるようなスタイルの作品で、和音の真ん中の音の判別に少し迷いがあり、レッスンでも正しい音を指摘していました。

左手を使用する音域も広いので、低音を弾いた後の次の和音で迷ってしまう事がありましたが、本番ではスムーズな動きで弾いていました。かなり調子よく弾けていたのですが、最後の2小節というところで一瞬迷いが生じたようで、とても惜しい演奏でした。

発表会が終わった後の最初のレッスンでは、みなさんに感想をお聞きし、講評をお話ししましたが、やはり全員の方が、緊張はしましたが、ある種やり切ったという充実感もお持ちのようでした。

今年は、コロナ一色の年になってしまいましたが、その中でも発表会に向けて努力し、達成感を感じて頂けれたことは良かったと思います。

12月には、お子様の発表会も開催されます。みなさんが、今年は大変な年だったけれど、こんなに頑張ったと思えるように、私も頑張りたいと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、2020年10月26日に配信しました第308号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「世界の果てまでイッテQ!」というテレビ番組のお話です。

世界各地に芸人さんが出かけていき、秘境を探検したり、現地の生活をレポートしたり、現地のお祭りに参加したりする番組です。最近は、新型コロナウイルスの影響で海外ロケが無くなり、国内の様々な場所や、いろいろな体験などを取り上げています。

そんな中、先日は「みやぞん 秋の芸術入門 世界の名曲50曲を学ぶ」というテーマで放送されました。

有名なクラシック音楽の作曲家50人の名曲を、顔写真パネルを見て、作曲家の名前と曲名を当て、ピアノで曲の一部を弾くというチャレンジです。顔は知らなくても、どこかで聞いたことがある名曲を、作曲者の顔と一致させて、その曲の一部を弾けるようにするという課題です。

番組では、このチャレンジの前に、作曲家について豆知識のように解説がされていました。

例えば、ベートーヴェンの一番有名な肖像画ですが、描かれた日の朝食に大好物のマカロニチーズを食べたそうです。しかし、それがまずかったので、肖像画もどことなく怒っているような不機嫌そうな顔つきになったのだそうです。

また、バッハやモーツァルトなどは、髪の毛が白くカールされていますが、あれはカツラで、シャンプーなどがなかった時代、清潔に保つために髪の毛を剃っていて、人前に出るときは正装としてカツラを被っていたという解説もありました。

みやぞんさんは、バッハの写真を見た後、ヘンデルの写真を見て、「もはや、バッハさんだと思う」と話していて、思わず笑ってしまいました。確かに、カツラのせいもありますが、似ていますよね。古い時代ですと油絵の肖像画ですが、段々と白黒の顔写真になってきますから、例えば髭が生えている作曲家などは、みんな似ているように見えます。

リストの肖像画を見て、「チャーリーとチョコレート工場(映画)に出てくる人」と冗談まで飛び出していましたが、結局みやぞんさんは、チャレンジ前に肖像画を見て名前がわかったのは、バッハとベートーヴェンだけという結果でした。

かなり少ないなあと思いましたが、作曲家の肖像画は、学校の教科書や音楽室に掛けてあったものくらいで、他はあまり見る機会がありませんから、ピアノを習っている方でも、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンはわかると思いますが、ショパンは顔写真を自信をもって正解できる人は減ってしまうのかもしれません。

その後、クラシックの勉強がスタートしました。

最初は、パッヘルベルを取り上げていました。曲が流れ始めると、みやぞんさんは、「カノンって、パッヘルベルさんなんですね。これは知らないとマズいですね」とコメントしていました。みやぞんさんは、独学で習得したギターで即興演奏ができるようですが、ピアノも独学で学ばれたのか、カノンの曲もたどたどしいとはいえ、すぐにピアノで演奏していました。ちなみに、番組では楽譜通りでなくても、何の曲かわかる演奏であれば合格としていました。

バッハについては、肖像画と名前が一致していましたが、代表作については、ピンとこないと話していました。バッハの代表作の一つ「G線上のアリア」が流れますと、すぐに「足立区の接骨院で流れていました」と笑いを誘っていました。確かに、リラックスできて心地よい音楽ですから、治療するような場所のBGMにはピッタリですね。

番組では、「なぜ、バッハは音楽の父と呼ばれているのか?」という話に移りました。バッハ=音楽の父というフレーズは、誰もが聞いたとこがあると思いますが、その理由を知っている方は少ないかもしれません。

クラシック音楽の始まりは紀元前の古代ギリシャの時代で、冠婚葬祭などで演奏されていましたが、それから長く、中世・ルネサンスを経て、17世紀のバロック時代に、バッハが様々な技法を使った曲を後世に残し、西洋音楽の基礎を作ったという事で、音楽の父と呼ばれるようになりました。

バッハの時代が終わると、西洋では古典派の時代になります。西暦1750~1827年頃です。日本は、江戸時代後期です。その頃、これまで貴族や教会のものだった音楽が、一般庶民に広まり、モーツァルトやベートーヴェンが活躍します。

ショパンやシューベルト、リストなどが活躍したのは、その後のロマン派の時代です。1820~1910年頃で、日本では江戸時代後期から明治時代にあたります。一般家庭にも楽器が広まり、音楽がより身近なものになった時代です。

番組では、ショパンの代表作として「別れの曲」を選んでいました。みやぞんさんには、ドラマ「101回目のプロポーズ」で使用されていた曲としてお馴染みだったようです。

シューベルト作曲の「アヴェマリア」では、「歌が入るんですね」と少し驚かれていて、「シューベルトさんの声ですか?」などとジョーダンを言っていました。この曲は、結婚式などでもよく使用されます。

この時代になりますと、肖像画の身なりにも変化が現れます。髪の毛が、白ではなくなります。それまでは、髪の毛を小麦粉で白くしていたのだそうです。これは初耳でした。みやぞんさんが、「べとべとになりそうですよね」とか「そこまでして、白くしたいんですかね」などとコメントしていましたが、トイレで髪の毛を白くしていた名残りで、今でもトイレのことをパウダールームと呼ぶのだそうです。お化粧直しでファンデーションを付けるからだと勘違いしていました。

明治中頃から昭和までは、西洋では近代音楽の時代になります。ラヴェルやプロコフィエフなどが活躍しました。音楽に新しい要素を取り入れて、より自由な表現が追求されました。

ラヴェルの「ボレロ」やプロコフィエフの「モンタギュー家とキュビュレット家」が流れますと、「知っています」「いいですね~」とみやぞんさんがコメントしていて、「僕が死んだときに流してほしい」とコメントしていたほどでした。

みやぞんさんは、名曲50曲は全て聞いたことがあり、知っていたそうですが、曲を聴いてすぐに作曲者名が出てこない状況で、1週間クラシックの猛勉強を始めました。

バラエティー番組という事で、勉強中に無人島へ出かけて行き、無人島生活と音楽の勉強をコラボさせていました。どうやってコラボさせるのか想像できませんでしたが、磯遊びでカニに指を挟まれた時に、スタッフさんが「ちょっと待ってください」と言って、サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」を流し、みやぞんさんが苦笑していました。何かあった度に、その場に合う音楽を流すというコラボです。

その後も、カニとの別れでは、ショパンの「別れの曲」を流し、草むらを散策して何かを見つけたときには、ムソルグスキーの「<展覧会の絵>よりキエフの大門」を流したり、海をバックに岩がゴロゴロしている場所にキーボードを持ち込み、メンデルスゾーンの「結婚行進曲」などを練習していました。

「結婚行進曲」というと、ワーグナーも同じタイトルの曲を作曲していますが、西洋ではあまり結婚式で演奏されないそうです。この曲が入っているオペラ「ローエングリン」は、2人の男女が結婚式で祈るのに破局して、花嫁がショックで亡くなってしまうというストーリーだからだそうです。みやぞんさんは、「メンデルスゾーンさんの方がいいですね。でも、もし僕が使うんだったら…」と少し貯めてから、「CAN YOU CELEBRATE?」と答えると、大爆笑が起こっていました。

その後も、夕食作りで火を起こしている時には、オッフェンバックの「天国と地獄」フチークの「剣士の入場」をかけ、ドラム缶のお風呂に入ってる時には、ホルストの「<惑星>より木星」をかけて曲を覚えていました。

翌日には、ピアノの先生に曲を弾いてもらい、耳で曲を覚えて真似して弾くという勉強法をしていました。曲をキャラクターとして捉えて、先生の演奏に熱心に耳を傾け、メモを取っていました。アンダーソンの「トランペット吹きの休日」では、「運動会」とメモを書き、サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」では、「財布落とす」、グリーグの「ピアノ協奏曲イ短調」でも、「財布落とす」と同じ感想を漏らしていて、「被ってくると覚えるのがきついなぁ」とコメントした後、「スマホ落とす」に変えようと話していて、笑ってしまいました。

ロッシーニの「セビリアの理髪師」では、なんだか聞いたことがあるという事で、スタッフさんに聞くと「やめてけ~れ、ゲバゲバ…という歌に似ていますよね」という事になり、検索すると「左ト全とひまわりキティーズの「老人と子供のポルカ」が出てきて、みやぞんさんが「50曲聴いてきましたけれど、やめてけれしか入っていない」と、この曲のインパクトの強さを笑顔で話していました。

チャレンジ最終日は、丸1日最後の追い込み練習という事で、作曲者と曲名を覚えていました。サティの「ジュ・トュ・ヴ」は、「サティ(スーパー名)でほうれん草をジュ・トュ・ヴ買う」、スッペの「<軽騎兵>より序曲」は、曲のメロディーに合わせて「梅干し食べて酸っぺっぺ…」と笑いながら、しかも若干申し訳なさそうな表情で歌っていて、番組の出演者が大笑いしていたり、「覚え方のアイディアが、上手いなあ~」と感心していました。

卒業試験の当日は、テレビ画面にみやぞんさんの顔写真と本名、クラシック名曲50奏破というタイトルが輝かしく描かれ、本物のクラシックリサイタルのポスターさながらの雰囲気を漂わせていました。大きなホールの舞台で、スタインウェイのフルコンサートピアノを使用し、タキシードに身を包んだみやぞんさんが登場します。

最初こそ緊張で、度忘れしそうになっていましたが、次々と答えて演奏もこなしていました。そして、47人目の作曲家が出たところで、曲名を間違えてしまいましたが、それ以外は全て正解という結果に終わりました。

1週間で50曲の作曲者と曲名を覚え、なおかつピアノで弾くというのは、かなり大変で凄いなあと思いました。弾くのは、曲の有名な部分を少しだけですが、しかし暗譜ですから驚きです。

このようなバラエティー番組でクラシック音楽を扱いますと、かなり敷居が低くなり、とても身近に感じられますから、クラシック音楽を趣味にする最初の第1歩として、とても良いきっかけになるのではないかと思いました。

ちなみに、みやぞんさんが唯一間違えた曲名ですが、ロッシーニの「セビリアの理髪師」を「セビリアの理髪店」と勘違いして覚えていました。確かに、ややこしいですね。

スポンサード リンク



(この記事は、2020年10月12日に配信しました第307号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様の発表会に向けた生徒さんの様子です。

今年は、新型コロナウイルスの影響で、毎年夏に開催しているお子様の発表会が延期となり、年末に行われることになりました。

春の段階で、開催が危ぶまれつつも、曲を決めて練習にとりかかっていた生徒さんが何人もいらっしゃいましたが、幼稚園生や小学校の低学年生など年齢の低い生徒さんは、あまり早くに曲を決めてしまうと、曲に慣れ過ぎてしまい飽きてしまう事もあるので、曲を決めていませんでした。

そのため、これらの生徒さんについては、最近になって曲決めをしています。

今回初めて参加する小学1年生の生徒さんは、ピアノを習い始めて約1年になります。

レッスンに通い始めたときから、今でも事あるごとに「いろいろな習い事をしているけれど、ピアノが一番好きなんだよね~」と話しています。

この生徒さんは、少し前から新しい教材を使い始めていますが、その教材の一番最後に載っている一番長くて難しい曲を、発表会で弾くことになりました。通常ですと、少々難易度が高すぎるのですが、この生徒さんは、ものすごい勢いで上達されているので、当日までの伸びしろを考慮すると、十分弾きこなすことができると判断しました。

元々ピアノが大好きで、曲の構成を把握する力や集中力はあったのですが、以前は、教材の進むペースが比較的ゆったりとしていました。ご自宅には、小さなキーボードしかなく、自由に思いっきりピアノが弾ける環境でないことも影響していたと思います。

もちろん、ご両親も十分理解されていて、次のお子様の出産を控える中、ご実家のピアノを持ってくるか、新品のピアノを購入するか、また家のどこに置くかなど、いろいろと検討されていました。そして、緊急事態宣言が解除され、レッスンが再開されてすぐのタイミングで、新しいピアノを購入されました。

レッスンの時、部屋に入るなり、「新しいピアノが、お家に来たんだよ」と、とても嬉しそうにお話をしていて、これを機にガラッと教材の進むペースが加速され、メキメキと上達しているのです。

この生徒さんを見ていますと、改めて、自宅で練習する楽器の重要性を感じます。習い始めは、どこまで続くかわからない不安や経済的な問題、楽器を置くスペースや防音の問題など、いろいろと考えてしまうわけですが、環境が整わなかったために、ピアノへの興味が薄れてしまったり、あまり上達しないのでは、大変もったいない話です。

この生徒さんは、決めた曲の構成も既に把握していますし、弾ける部分もあるので、これからどのように仕上げていくのか、とても楽しみです。

別の幼稚園生の生徒さんは、昨年、初めてお姉さんが発表会に参加された際、応援にいらしていました。そして今年は、いよいよご自分も出演することになり、楽しみな様子です。

だいぶ前に、お母様からの提案で曲を決めて、練習にとりかかっています。もうだいぶ曲に慣れて、かなり流れるように弾けるようになってきましたので、初めてペダルを使用することにしました。現在は、ペダルの練習をしています。

一番右のダンパーペダルを使用するのですが、まずはペダルに右足の先を乗せて、踏まないところから練習です。これは、簡単に思われますが、意外とそうではなく、いざピアノを弾き始めると、自分が知らない間にペダルを踏んでしまうことがあります。つまり、これまでは両手の動きにのみ意識を向けていたわけですが、これからは、右足も意識しながら、両手で曲を弾いていくことになります。

この生徒さんも、案の定、右足がパタパタと動いてしまっていました。補助ペダル付きの足台を使用していて、この時はペダルと連動させていなかったので、音が濁ることはなかったのですが…。お母様にお話して、ご自宅の練習の時にも、気を付けていただくようお願いしました。

それから少し経って、今度はペダルを実際に使用する練習を始めました。

ペダルは、とても便利なもので、上手に使うと美しく豊かな音色が響くのですが、正しく操作することは簡単ではなく、使い方を間違えますと、音が濁ってしまい踏まないほうが良かったという事にもなりかねません。

最初が肝心で、正しい使い方とタイミングをしっかりと身に付ける練習をします。ペダルを踏んだり上げたり(音を切る、ペダルを元の状態に戻す)する時は、必ず右足のかかとを床に着けたままにすることや、音を弾いてから、その後にペダルを踏むこと、踏むときにはすぐに一番底まで踏み込む事などを、説明しながら練習をしていきました。

小さい生徒さんなので、短い掛け声をかけながら練習をしましたが、楽しそうに練習していて、随分正確にペダルが踏めるようになってきました。掛け声が無くても、正しいタイミングでペダルが使用できる日も、そう遠くない気がしています。

また別の小学1年生の生徒さんは、昨年の発表会で、2人のお姉さんと3人6手連弾およびソロ1曲を弾きました。今年は、曲決めの時に、「去年みたいに、またお姉ちゃんと連弾やりたいな。今度は違う曲で」と話していました。

「まあ、もちろんそれでも良いんだけれど、もう1人で大丈夫なんじゃない? 1人で2曲弾くことも、できるんじゃない?」と話しますと、「あ~、そうだよね。確かに」と答えていて、結局ソロのみで参加することになりました。

候補の曲を挙げてくれたのですが、クリスマスをイメージする曲で、発表会の日程がクリスマス後になることを気にしなければ、それでもいいと思いますが、再度お家の方と相談する事になりました。

コンサートなどではなく、あくまでも発表会なので、弾くご本人やご家族がOKであれば、何の曲を選んでも構わないのですが、季節感や特定のイベントなどをイメージさせる曲を選ぶ時には、一旦確認が必要と思っています。

この生徒さんは、果たして何の曲を選ぶのか楽しみです。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ