(この記事は、第203号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「音楽小話」は、クラシック音楽界に衝撃が走った話題です。

つい先日、ピアニストの中村紘子さんが死去されました。

ピアノを弾かれている方は、もちろんのこと、そうでない方でも、名前や顔をご存じの方は多いと思います。戦後、日本のクラシック音楽界をリードしてきた重鎮ですね。

世界的な指揮者である小澤征爾さんらと同じく、桐朋学園大学の「子供のための音楽教室」の第1期生として学ばれ、中学生の時に日本音楽コンクールピアノ部門で、第1位となり、天才少女として話題になりました。

翌年、NHK交響楽団の戦後初の世界一周演奏旅行に、ピアニストとして抜擢され、振袖を着てピアノコンチェルトを演奏されたそうです。

日本らしい装いというリクエストだったようですが、ピアノを弾く時には腕を上げたり広げたりするので、振袖の大きな袖はかなり妨げになり大変だったと思います。

その後、アメリカの名門音楽院であるジュリアード音楽院で学ばれ、ショパン国際ピアノコンクールで第4位、および最年少者賞を獲得されました。

国内外で演奏活動をされながら、ショパンコンクール、チャイコフスキーコンクール、浜松国際ピアノコンクールなど世界トップクラスのピアノコンクールの審査員を長く務められました。

その他にも、『ピアニストという蛮族がいる』『チャイコフスキー・コンクール』など執筆活動もされ、大宅壮一ノンフィクション賞なども受賞されました。また、紫綬褒章や、日本芸術院賞恩賜賞も受賞されています。

以前は、「ハウス・ザ・カリー」のテレビCMにも起用されていましたので、覚えている方も多いかと思います。

私が初めてピアノコンチェルトを聴きに行った時、中村紘子さんがソリストでした。

フリルの沢山ついた真っ赤なドレスを着て、颯爽と舞台に現れた姿は、本当に華やかで、ピアニストというのはこんなにも華やかで素敵なのだと衝撃を受けました。

オーケストラに負けないスケールの大きさとパワフルな演奏、時折見せるフレーズを終える時の手を振り上げる仕草は、なんだかとてもカッコよくて、惹きつけられたものです。

そのコンサートのインパクトの強さと感動の大きさを、手紙に書き、ファンレターを送りました。今、考えますと、何をしているのかと赤面してしまいますが、これが若気の至りなのでしょうか。

それから1か月くらい経ち、なんと中村紘子さんから、直筆のお葉書が届いたのです。

学校から帰りますと、母が少し興奮した様子で「中村紘子さんから、手紙が来ているわよ」と言いました。私もまさか、お返事が頂けるとは思っていませんでしたので、本当にびっくりしました。

モスクワの建物(ロシア国立図書館)が写された絵葉書に、このように書かれていました。そのまま、全文を書きます。

お便りをとても嬉しく拝見しました。
お返事が遅れてごめんなさい、
あなたのお便りを読んで、あなたの音楽に対する感覚の鋭さ、確かさにすっかり感心しました。
ピアノを学ぶとき、指先のことより何より実は一番大切なことは、聴く耳と心を鍛えることなのです。
あなたのピアノをいつの日にかコンサートでうかがうのをたのしみにしています。

中村紘子

このお葉書を頂いてから、何十年も経ちますが、未だに恩師から「あなた、もっとちゃんと音を聴きなさい」と注意されているので、まだまだだなあと反省せずにはいられません。

ご冥福をお祈りしつつ、「聴く耳と心を鍛える」というアドバイスを、これからも心に留めて、ピアノと向き合っていきたいと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、第202号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様のピアノ発表会のお話です。

例年、お子様の発表会は夏休み期間に行っていましたが、今年は少し早く、先日開催しました。

当日は、あいにくの悪天候でした。これまで多くの発表会や演奏会を体験してきましたが、傘を差し、レインコートを着て、レインブーツを履いて会場に向かうのは、これまで記憶にありません。

それでも、多くのお客様が会場にいらしていて、かなり座席が埋まっている状況でした。

今年出演する生徒さんは、チャレンジする曲よりも、弾きこなせる曲を選ばれた方が多く、発表会に間に合わないという状況は無かったので、本番まで「たくさん練習してね」とハッパをかけることもなく、順調に準備を重ねてきました。

後は、無事に本番を迎えるのみと思っていたのですが、そういう時にもアクシデントは起こるもので、最後のレッスンに体調不良で欠席された生徒さんがいました。

演奏の方は、それほど心配はしていなかったのですが、発表会が2日後なのに食事が全くとれない状況とのことで、はたして参加できるのか、とても心配していました。

次の日に連絡しても、やはり体調が戻っていないとの事でした。

発表会に向けて、生徒さんは頑張って練習をしてきましたし、ご家族の皆様も、晴れの舞台をドキドキしながら、それでも楽しみにしていると思います。

過去には、高熱にも関わらず、舞台ではそのような素振りを一切見せずに演奏して、本番後に舞台袖で、座っていられず寝込んでしまった生徒さんがいました。お子様といっても、本番への思いはとても強いものがあります。

無理はさせたくないし、でも本番でこれまでの成果を披露してほしいし。

私以上に、生徒さん、生徒さんのご家族は、複雑な思いをされていたに違いありません。

他のクラスの発表会で飛び入り参加できる日がないかも、探し始めていました。

そして、発表会当日です。

朝、連絡してみますと、「少し食べられるようになったので、発表会に参加します」とのお返事を頂きました。生徒さんの発表会本番への気持ちの強さを改めて感じました。

会場でお会いすると、すっきりとはしていませんが、笑顔が見られ、少し安心しました。

そして、数日間、全く練習が出来なかったとのことですが、なんとか無事に演奏を終えることが出来ました。

他の生徒さんも、けっこう良い感じで弾けていて、練習の成果を発揮できたと思います。

今回は珍しく、比較的ゆっくりと客席で聴く事が出来ましたが、他の先生の生徒さんも含めて、色々と気付くことがありました。

まずは、衣装です。もちろん自由なので、お好きなものを着て良いと思いますが、発表会の衣装として相応しいかは、ある程度意識した方が良いようです。

例えば、アシンメトリーやフィッシュテール、ロングテールスカートなど、色々な呼び方をされる前部分よりも後ろが長いドレスは、椅子に座る時にドレスの裾の扱いが難しくなります。

また、ドレスに合わせる靴も、5cmはありそうな細いヒールの靴を履いている生徒さんや、厚底のサンダルを履いている生徒さんがいました。

大丈夫かなあと見ていましたが、やはり、かかとが不安定になり足がグラグラと揺れ、ペダリングがスムーズにいかずに音が濁ってしまっていました。

長くピアノを弾いている私でも、底が薄いもので、ヒールの低い靴でないと、ペダリングは相当難しく、音が濁らずに演奏することは至難の業となります。

また、小さい生徒さんで、発表会に慣れていない生徒さんの場合、お辞儀の練習は必須だと思いました。体はお辞儀をしていても、顔を下に向けていないと、顔が前に突き出ている体勢になり不自然に見えます。

きっと、ご家族の事が気になって、じっと見ているのだろうと、少しほほえましくも思いますが、舞台上での立ち振る舞いとしては、きれいではないので、きちんとしたお辞儀は指導する必要があると改めて感じました。

他にも、演奏を聴く事の指導も必要と思いました。

出番が終わって、疲れてしまうのでしょうが、他の方の演奏を聴く事は、今後の演奏の勉強にもなります。自分よりも少し年上のお兄さん、お姉さんの演奏は、一番身近な目標になるものです。

また、お客様としてコンサートを聴くという、演奏会でのマナーのよい体験にも繋がります。

来年の発表会では、今回の反省も踏まえて、より良い発表の場と学びの場にしていきたいと思いました。

スポンサード リンク



(この記事は、第201号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、夏の発表会に向けた連弾の練習風景です。

いよいよ、お子様の発表会まで2週間を切りました。レッスンも次回が最後のレッスンとなります。

生徒さん方も、熱心に練習をされているようで、1週間で驚くほど上達されています。

今回の発表会では、初の連弾に挑む生徒さんがいます。

連弾は、1台のピアノを2人で演奏します。

ピアノを弾くという意味では、1人で弾く時と、それほど変わらないように思えますが、実際にやってみますと、かなり違います。

たとえば、座る位置も、1人で弾く場合は、椅子を鍵盤の真ん中に置いて座りますが、連弾の場合、当然ながら椅子は2つ置きますので、座った時に、目の前にある鍵盤の位置が変わります。目の前の光景が変わるので、慣れないとかなりの違和感を感じます。

楽譜の見え方も当然異なり、高い音の方に座った場合(高音部を弾くプリモと言います)には左寄りに、低い音の方に座った場合(低音部を弾くセカンドと言います)には、右寄りに楽譜が見えることになります。

少し進んでいる生徒さんですと、ペダルを使用するため右足は常にペダルにかけている状態になりますが、これも連弾になりますと違ってきます。

高い音の方に座るプリモの方は、ペダルを使用しませんので、常に両足を床に付けていますが、低音部を弾くセカンドの方は、右足を、右斜め前に伸ばして、ペダルを踏む状態になります。普段よりも、かなり踏みにくい体勢になりますね。

もちろん、演奏も1人で弾く時とは、かなり変わってきます。

その中でも、「合わせる事」と「音楽全体のバランス」を整える事は、大きな難問となります。

「合わせる事」とは、演奏の出だしやフレーズの終わり方などの間の取り方、だんだんゆっくりにするところなどの速度が挙げられます。

ちょっとした間や速度を変化させる場合、弾く方それぞれに間の取り方やスピード感がありますから、気を付けて合わせないとバラバラになります。

目に見えるものではないので、お互いに「この位」という感覚を掴んで、あとは練習で慣れていくことになります。

出だしについては、どちらかが拍子をとったり、「せーの」というちょっとした合図を送って、弾き始めることになります。

「音楽全体のバランス」は、もっと難しい問題かもしれません。

自分で弾いた音以外に、相手の弾いた音もよく聴いていないとバランスがとれません。

2人で弾いた音の中で、メロディーが最もよく聴こえる様にして、伴奏はやや控えめに、けれどもベースは少し出した方が安定感が出るなど、音量のバランスは、演奏中ずっと気を付けることになります。

しかも、高音部のプリモが常にメロディーとも限りませんので、ますます難しくなります。

そして、譜めくりの問題もあります。

数ページという長さの曲を弾く場合、楽譜をコピーして繋げて、譜面台に広げて見ながら弾く事が多いかと思いますが、連弾の場合は同じようにできません。

見開き状態で、高い音域を弾くプリモの方は、常に楽譜の右ページだけを見て弾き、低音部を弾くセカンドの方は、常に左ページの楽譜を見ながら弾く事になります。

ページをめくっても、ずっと同じ状況になりますので、1人で弾く時のように、楽譜をコピーして広げてしまうと、どこを見て弾くのか分かりにくくなってしまいます。

そのため、連弾の場合、弾きながらページをめくるか、他の方に譜めくりをお願いすることになります。

今回の場合、その譜めくりを、生徒さんの妹さんにやってもらうことになりました。

もちろん、連弾の譜めくりは初めてなので、レッスンの時に練習するために来てもらいました。

まずは、少しゆっくりと弾いて、楽譜のどこを弾いているのか追いかけられるようにします。そして、譜めくりをしてもらいましたが、やはり遅れてしまい、うまくめくれません。

自分がピアノを弾いている時のことを思い出してもらい、弾いている場所よりも少し先の楽譜を見ている事を理解してもらいました。そして具体的に、この小節を弾く時に立って譜めくりの準備をして、最後の小節を弾く時に、めくり始める様にしました。

何回か部分練習を兼ねて、譜めくりをしてもらいますと、慣れたようで、自信をもってやれるようになりました。

単に2人でピアノを弾くように見えますが、細かく見てみますと、1人で弾く時とは相当違っています。

大変な事ばかり挙げてしまいましたが、もちろん1人で弾く時とは異なる楽しみもあります。

共同作業での音楽作りで、演奏の迫力も出てきますし、呼吸がぴったりと合った時の喜びや達成感は何とも言えません。

機会があればチャレンジしていただければと思いますし、連弾の演奏を聴くきっかけになればと思います。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ