(この記事は、第155号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、公開レッスンの舞台裏のお話です。

毎年、オーディションに合格した生徒さんの公開レッスンが行われます。前回は、その公開レッスンについてお話をしましたが、今回はその裏舞台です。

公開レッスンは、生徒さんにピアノの指導をするという点では、普段のレッスンと変わりませんが、公開の場でレッスンを行うという環境以外に異なる点が多々あります。

まずは、レッスンを行う前の準備です。

公開レッスンの前には、普段レッスンを行っている先生と連絡を取り合い、普段のレッスンの様子などを伺います。

基本的に、公開レッスンの内容や進行は、そのレッスンを行う先生にお任せですし、レッスンを行う先生も、あまり先入観を持たずにレッスンを行なうべきですが、事前に打ち合わせをしておきますと、色々と心構えも出来るので、当日スムーズにレッスンを行うことができます。

例えば、普段のレッスンでも心がけている事ですが、人それぞれ性格が異なりますので、指導するにしても、理解しやすい形というものがあるのです。

自由にのびのびと弾きたいタイプの生徒さんに、あれこれ細かく注意すると、テンションがどんどん下がってしまいます。逆に、細かい指示があった方がわかりやすいタイプの生徒さんに、「全体的に、のびのびと弾きましょう」と伝えても、何を直したらよいのか困ってしまいます。

その場限りの公開レッスンでは、限られた時間内に、少しでも今の演奏をより良いものにしなければなりません。

そのため、なるべく早い段階で生徒さんと打ち解けて、伝えたい事が生徒さんにしっかりと伝わるように、言い回しなどの工夫も必要になるのです。

また、オーディション時の演奏を聴いて、レッスンでフォーカスするポイントなどについても、ある程度決めていきます。

生徒さんがまだ低年齢で、合格者のお披露目コンサートまで、あまり時間が無い場合には、これまでと大幅に弾き方を変えるような事を指示してしまうと、迷って弾けなくなってしまう可能性があります。

ダメ出しばかりでは、自信を無くしてしまうわけですが、逆に褒めるだけでは、せっかくの公開レッスンの意味が感じられなくなってしまいます。どこまで踏み込んでレッスンを行うべきか、そのバランスについては、いつも以上に気を使うところです。

実際の公開レッスンの場では、生徒さんの顔つきを見て、また雰囲気などを感じて、臨機応変に対応していきます。

そして、公開レッスンが終わりますと、普段レッスンを行っている先生と、「反省会」と称して話し合いの場を設けています。

自分が普段レッスンしている生徒さんが、他の先生のレッスンを受けてどのように変化したのか、また、他の先生のレッスンを直に見る機会はあまり無いので、レッスンの進め方や内容、指導法などについても話していきます。

ベテランの先生方とは、近年のピアノレッスンを取り巻く変化についても意見交換を行いました。電子ピアノの普及とその弊害や、習い事の多様化の影響についても話題に上がりました。

時代にあったピアノレッスンを行わなければならない一方で、その難しさに直面して悩んでいる先生も多く、自分だけではないとお互いに再認識する場でもありました。

スポンサード リンク


インターネットで見つけたクラシック音楽関連の動画をご紹介する「今月の動画」。
今回は、運動会の定番BGMとして有名な、クシコス・ポストです。

発表会などでもよく弾かれますが、このアレンジを弾いたら、かなりインパクトがありそうですね。

スポンサード リンク



(この記事は、第154号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、公開レッスンのお話です。

オーディションで選ばれた生徒さんの公開レッスンが行われました。

普段私がレッスンを担当している生徒さんが、他の先生のレッスンを受け、逆に、私は、他のクラスの生徒さん数名を公開の場でレッスンします。

まずは、私の生徒さんが、公開レッスンを受けました。

前日まで塾のテスト勉強に忙しく、なかなかピアノの練習が出来なかったそうですが、頑張ってレッスンに参加していました。

レッスンの冒頭で、一曲通しで演奏してもらい、その後、個々の部分をレッスンするという展開で進んでいました。

生徒さん自身が、あまり練習出来なかったと言う通り、細かい音がくっついて音の粒が揃っていなかったり、ミスが目立つ演奏になっていました。

発表会では、わりと仕上がっていたのですが、やはり練習が減りますと、曲の完成度はどんどん落ちてくるという怖さを改めて感じました。

それでも、公開レッスンを担当された先生は、「よく弾けましたね」と褒めつつも、細かい所の部分練習のお話をされていました。

当然指摘が出るだろうと思った部分の話が出る一方で、あまり注目していなかった部分の指摘もありました。

意外な部分でのアドバイスを受けて、生徒さんが弾きますと、さらに音楽に表情が付いて、きれいに変化していきました。

私が公開レッスンをした生徒さんは、小学生と高校生でした。

さすがにオーディションで合格した生徒さん方なので、曲を弾きこなしている感じがしました。

初対面なので、生徒さんは多少緊張していたようです。

小学生の生徒さんは、普段の感じではなかったので、生徒さんのペースに合わせるというよりも、こちらのテンポに生徒さんを乗せるイメージで、レッスンを進めました。

高校生の生徒さんは、それほど緊張していないようで、質問をしても、自分の感想や意見を普段のようにお話されているようでした。

部分練習では、自分の演奏に苦笑もしていて、「私が何も言わなくても、わかっているみたいね」と言うやりとりも出ました。

生徒さんの演奏を、他の先生がどのように聴いているのか、演奏のどの部分に注目しているのか等、普段のレッスンではわかりにくい部分が見えてきて、とても勉強になりました。

今回参加された生徒さん方は、後日、オーディション合格者のお披露目コンサートが控えています。

今回の公開レッスンを参考に、さらに進化した、素晴らしい演奏が本番で聴けることを願っています。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ