(この記事は、第165号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、小学生の生徒さんのコンクールに向けたレッスンのお話です。

2015年のレッスンも、すっかり普段通りの雰囲気になり落ち着いてきましたが、個人的には少し緊張感を持っています。それは、小学生の生徒さんが、コンクールを受けることになっているからです。

この生徒さんは、以前にもコンクールに参加した事があり、そのときは初参加ながらとても良い成績を挙げる事が出来ました。

あれから数年が経ち、今回またチャレンジをします。

コンクールやオーディションは、発表会と異なり、演奏が評価され点数や合否が決まります。頑張りが素晴らしい成果につながることもあれば、残念な結果となることもあります。

例えば、予選敗退という可能性もあるわけですが、「頑張ったのに報われない」ことは、大人でも相当ショックなことで、お子様なら尚の事でしょう。そのため、慎重な対応が必要になります。

前回は、とても良い結果になりましたが、今回は出場する部門が変わりますし、これまでの成績は当然ながら全く関係ありません。

そして、出場するからには、前回以上の成績を収めてもらいたいので、気を引き締めて準備するようにアドバイスしています。

生徒さんも、刻一刻と本番が近づいてきた実感があるようで、ずいぶんと練習に熱が入るようになってきました。

音楽に勢いと安定感が出てきて、グッとまとまってきた感じがしています。

この調子で、ますます磨きをかけつつ、本番1回だけの演奏で、どれだけ完成度を高く演奏できるかが勝負になります。

現在のレッスンでは、何回か弾いていると、段々と調子が出てきている感じです。

自宅で練習に使っているピアノとレッスン室のピアノでは、タッチなどが異なりますから、最初は戸惑っても段々慣れてくると調子が出てくるわけです。

これは、通常のレッスンでは当たり前のことですが、1度しか演奏できないコンクールでは通用しません。

どんな楽器でも、どんな状況でも、素晴らしい演奏をする必要があるのです。

そのためレッスンでも、1回目の演奏の完成度を上げていく事が大切になります。

先日、このようなお話をしたところ、

「タッチが気になっちゃって。本番前も緊張とかしちゃって不安になるんだけど、本番になると大丈夫なの!」と言うのです。

確かに、この生徒さんは、本番という緊張する場面で、楽しく演奏できるタイプなのです。

これまでの本番を思い返してみると、調子がいま一つなときもありましたが、それよりもはるかにステキな演奏をしている事の方が多いのです。

本番で、毎週レッスンで聴いている私が「うわ~っ」と驚くほど、大きく成長した演奏をした事もありました。

「本番に強いタイプ」とでも言うのでしょうか。

ピアノだけでなく、人の一生のなかで、1度しかないチャンスに、多少環境や状況が変わっても自分の実力を出し切る必要がある機会は、何度となく訪れるものです。

しかし、そんな本番に、自分は大丈夫と思える自信は、自分で納得できる程の練習量とこれまでの経験からくるのかもしれません。

コンクールというシビアな世界に挑戦するにあたり、とても心強く思いました。

本番まであと数週間ですが、全力投球で頑張ってくれる事と期待しながら、私も全力でレッスンをしようと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第164号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、現在公開されている音楽を題材にした映画についてです。

先日、「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」という映画を鑑賞してきました。この映画のホームページはこちらです。

アルゲリッチは、アルゼンチン出身で、わずか4歳でモーツァルトのソナタやショパンの子犬のワルツを人前で弾きこなし、16歳で世界屈指の2つの音楽コンクールで相次ぎ優勝して話題になりました。

その後、ショパンコンクールでも優勝したという伝説のピアニストです。

現在でも、世界の巨匠として大活躍中で、日本でも「別府アルゲリッチ音楽祭」の総監督を務めています。

「人気と実力を兼ね備え圧倒的な存在感」とは、アルゲリッチの事を示す言葉のようにも思えます。

そんなアルゲリッチは、美しい美貌からは想像できないような、圧倒的なスケールとパワフルな演奏が魅力で、とてもファンが多いのですが、舞台上だけではない日常の姿が見られる映画でした。

ずっと世界のトップで活躍しながら、結婚や離婚、3人のお嬢さんを出産、そして癌の手術など、波乱万丈の生活を送ってきたことが、末娘のお嬢さんの視点でリアルに撮影されています。

舞台の上では、迫力あるオーラを振りまいて本当に素晴らしい演奏をされますが、出番前の舞台袖では、ナーバスになっている姿があったり、老いとの戦い、それによって演奏が変わってしまうことへの恐怖なども、アルゲリッチ自身が語っていました。

どんなに上手なピアニストでも、人前で演奏する事はとても大変な事で、それは私たちと同じなのだということを教えてくれました。

また、日常生活では、日本での移動中に新幹線の中で駅弁を食べて満足そうな表情を浮かべていたり、オーケストラとの練習中に荷物から持参したバナナを取り出して、嬉しそうにほおばるお茶目な一面や、寝起きの姿まで映されていました。

お孫さんのために、ピアノでメロディーを弾きながら歌を歌っている姿は、良い意味でごくごく普通の「おばあちゃま」という感じがして、とても親近感を持ちました。

お母さんとの確執や、昔はピアノが嫌いだった事、精神的にぼろぼろになって辛かった時期があった事、お子さんを奪われてしまった事など、あまり人には言いたくないような内容まで、包み隠さず話していた姿も驚きでした。

このような事実を知ると、天才とか巨匠と呼ばれる人でも色々な問題を抱えて、苦悩しながら、それでも音楽と向きあい、人を感動させるような演奏をしているのだと感慨深くなりました。

今回鑑賞した映画以外にも、伝説のヴァイオリニスト「パガニーニ」を取り上げた映画も以前公開されましたし、今月下旬には、指揮者をテーマにした「マエストロ」も公開されます。

音楽は演奏だけではなく、その背景を知ることで、より親近感を持ったり興味を持つことができると思います。

色々な側面から音楽を楽しめたら素敵ですね。

スポンサード リンク


コン・ヴィヴァーチェのサイトでは、市販の本や教材、音楽CDなども数多く紹介していますが、2014年、人気ランキング(教材、記事)に続き、ご紹介した商品のうち、実際に多くの方が購入されたものを Amazon のデータよりご紹介します。

本・楽譜のランキング:

ぴあのどりーむ 1 はじめてピアノをならうこのために

田丸 信明
学習研究社 音楽出版事業部
ピアノピースー024 きらきら星変奏曲/モーツァルト (MUSIC FOR PIANO)

全音楽譜出版社
しってるきょくでどんどんひける ピアノひけるよ!ジュニア(1)

橋本 晃一
ドレミ楽譜出版社
ピアノピースー002 エリーゼのために/ベートーベン (MUSIC FOR PIANO)

全音楽譜出版社
バーナムピアノテクニック(1)

エドナ メイ バーナム
全音楽譜出版社
ピアノピースー278 主よ,人の望みの喜びよ/バッハ

全音楽譜出版社
バーナムピアノテクニック(ミニブック)

エドナ メイ バーナム
全音楽譜出版社
バーナムピアノテクニック(導入書)

エドナ メイ バーナム
全音楽譜出版社
ぴあのどりーむワークブック 1 はじめてピアノをならうこのために

田丸 信明
学習研究社 音楽出版事業部
ピアノピースー455 アリア(G線上のアリア)

全音楽譜出版社
みんなのオルガンピアノの本(1)

財団法人ヤマハ音楽振興会
ヤマハミュージックメディア

本・楽譜では、お子様向けの教材と「無料楽譜のコーナー」でも人気のある曲の楽譜が上位を占めました。

音楽CDのランキング:

ブルグミュラー:25の練習曲、バッハ:ピアノ小品集

ユニバーサル ミュージック クラシック
ピアノ発表会名曲集ベスト

ポリドール
モーツァルト:ピアノソナタ第8番&第11番&第14番&15番

ユニバーサル ミュージック クラシック
別れの曲~ショパン名曲集

ユニバーサルクラシック
ショパン:ワルツ集

ワーナーミュージック・ジャパン

音楽CDは、一部のものに人気が集中するのではなく、かなり広範囲に購入されました。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ