(この記事は、第213号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「エリーゼのために」がなぜ名曲なのかというお話です。

昨年春に出版され話題となっている、「音楽の大福帳 クラシックの真実は大作曲家の「直筆譜」にあり!」という本を読んでみました。

ヨーロッパへ旅行に行った時に、よく作曲家の生家や住んでいた住居、博物館などを訪れますが、その時に色々な展示物と共に、直筆譜や初版の楽譜を見ることがあります。

直筆譜は作曲家自らが書いた楽譜なので、手紙などと同じように「その人らしい」雰囲気が漂っているものです。バッハですと、いかにもカチッとした感じ、ショパンは、どこかのご令嬢が書いたような、柔らかくしなやかな感じがしています。

それぞれの作曲家の音楽とリンクする気がして、見ているだけでも興味深いものですが、その直筆譜には、演奏する上でも、鑑賞する上でも重要な情報がたくさん盛り込まれているものです。

この本は、元々「音楽の大福帳」というタイトルのブログで書かれていた記事を抜粋して本にまとめたものなので、それぞれの項目が読みやすい長さになっています。バッハの音楽についてインターネットで調べているうちに、こちらのブログにたどり着き、そして本の存在を知りました。作曲家が書いた本なので、作曲家から見たクラシック音楽の解釈や楽譜の読みとり方、名演奏の解説などが書かれています。

一生忘れない暗譜の方法や、松尾芭蕉の「奥の細道」の自筆とバッハの直筆譜の共通点、作曲家から見た浅田真央さんとキム・ヨナさんの演技の感想、どの出版社の何版を使うべきか?など、気になる項目が並んでいますが、その中で大人の生徒さんにもお子様の生徒さんにも、すぐに取り入れたくなるようなお話が掲載されていました。

それが、ベートーヴェンの名曲「エリーゼのために」についてです。

これまで多くの生徒さんのレッスンを担当してきましたが、昔から根強い人気を誇るのが「エリーゼのために」です。

発表会のプログラムでは、かなりの確率でこの曲を弾かれる方がいらっしゃるので、選ぶ際には、事前に「とにかく有名な曲なので、もしかしたら他の方も弾くかもしれません」とお話をしておかなければならない曲です。ピアノ名曲集にも、必ずといってよい程掲載されていますし、ピアノを始めたばかりの方に、将来弾いてみたい曲を聴くと、生徒さんも、また親御さんからもよくこの曲の名前が挙がります。200年以上前に書かれた曲が、遠く離れた日本で、現在でも人気があるとは本当にスゴイですね。

さて、この本の中では、最初に「エリーゼのために」の7小節目のメロディーの音について、書かれていました。

弾いたことがある方や楽譜がお手元にある方は、お分かりになると思いますが、ミドシラと書かれている楽譜もあれば、レドシラと書かれている楽譜もあります。たった1音の違いで・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、音楽全体に大きく影響する問題なのです。

正解は、レドシラの方で、「ミ」と書かれている方は誤りと言う事になります。

本の中では少し専門的な事が書かれているので、ここでは省略しますが、ミで弾いてしまうと、スッキリしすぎてしまい、わかりやすい音楽になってしまうというのです。レは、この部分では、一つ低いドの音にとても進みたくなるような性格を持っています。専門的には「解決する」という言葉を使うのですが、解決しますと、その場面が終わるので落ち着く訳です。

レドシラと弾いたときに、最後のラの音と一緒に、解決するためのドの音が出てくるはずなのですが、それが無いのです。解決しそうで解決しないという、なんとももどかしい感じのまま、ご存知のように何回も同じメロディーが出てきます。

本の中では、「何回も何回も、美人が横顔をのぞかせる事により、その美しく切ない気分が横溢(おういつ)する」と書かれていました。なるほどという感じがしますね。

また、2小節目からの右手のメロディーの各小節の最後の音が、ラ、シ、ドと3つ並んでいる事や、9小節目から始まる右手のメロディーの音(各小節の最初の伸ばす音)が、ミ、レ、ド、シと4つ下降して並んでいている事も、名曲たる大きなポイントであるそうです。

そして、「エリーゼのために」を作曲したベートーヴェンは、同じドイツ生まれの大先輩の作曲家であるバッハを尊敬して、彼の作品をよく勉強していました。

「エリーゼのために」は、現在でも大変よく弾かれるバッハの「平均律クラヴィーア曲集」第1巻の16番を勉強した成果を基に生まれた曲であるとも書かれていました。

ピアノの曲を練習している時には、間違えないようにとか、強弱をしっかりと付けてなど、いかに楽譜通りにミスをしないように弾くかという点に注力してしまいがちですが、楽譜を正しく読み取り、どのように曲が作られているのかという構造をよく勉強して(アナリーゼ)、その背景も知ることが、本当に曲を理解して演奏することに繋がっていくのだと改めて感じました。

色々な角度から学ぶことで、練習している曲の素晴らしさがますます理解できますから、弾いていてより楽しめるのではないでしょうか。

本の作者である作曲家の先生が行っている講座に参加する予定なので、後日その時のお話も出来ればと思います。

スポンサード リンク


謹賀新年 2017


2017年1月9日

明けまして、おめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。

今年2017年は、モンテベルディ生誕450年、テレマン没後250年、グラナドス生誕150年になります。

モンテベルディは、イタリアの音楽家で、世界最古のオペラ「オルフェオ」を作曲しました。なかなか普段聴く機会は少ないと思いますが、メモリアルイヤーなので期待したいところですね。

テレマンは、ドイツの音楽家で、バッハに代表されるバロック期の代表的な音楽家です。同時代のヘンデルと友人関係にあり、バッハとは、バッハの次男であるカール・フィリップ・エマヌエルの名付け親にもなった間柄です。当時としては大変な長寿で、86年の生涯でした。

グラナドスは、スペインを代表する作曲家の一人です。スペインの民族的な音楽と、シューマンやショパンの様なロマンティックな音楽の2つから影響を受けて音楽作りをしました。ピアノ曲「スペイン舞曲集」や「ゴイェスカス」が代表作として挙げられます。

3人の音楽家とも、モーツァルトやベートーヴェンほど広く知られているわけではありませんが、今年は触れるきっかけができるかもしれませんね。

スポンサード リンク



(この記事は、第212号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、2016年一年の振り返りのお話です。

2016年も、残すところ約2週間になりました。(メールマガジンは、12/19 発行)

月に2回レッスンの大人の生徒さんとは、「今年も、もうすぐ終わりますね~」とお話をしたり、既に今年のレッスンを終えて「良いお年を」とご挨拶した方も多くいらっしゃいます。

小さい生徒さん方は、あと少しレッスンがありますので、練習途中の曲をなんとか今年中に終えられるように頑張っています。

年末になりますと、今年一年がどんな年だったのか、振り返ってみたくなるものです。

一年間という時間は、終わりが見えてくると結構短いように思えますが、実際に振り返ってみますと、今年一年もいろいろな事がありました。

まず、年明けすぐに、生徒さんがピアノ・コンクールに挑戦して、地区大会に参加しました。昨年最後のレッスンに、「今年の年末年始は、ゆっくり出来ないわよ。とにかく練習をしてね」と話した事を思い出します。

私自身も、2月にコンクールの本番を控え、練習に精を出していました。その本番では、それなりに弾けたとはいえ、悔しい所もあり、あまりすっきりしない結果となりました。

ピアノ教室では、教室の運営陣とレッスン指導者の代表が参加する定例会議に、毎月参加することになりました。教室が大きな規模で展開していますと、レッスンを指導する人と運営する人と、役割が分かれてきます。お互いの立場を理解し、情報を共有して、より良い教室運営をするための会議に参加することで、教室全体の事も見える様になり、有意義な時間となりました。

コンクールの地区大会に参加した生徒さんは、無事に地区大会を通過して、翌月の本選に参加しました。なかなか良く弾けていて、無事に本選も通過し、全国大会への切符を掴み、3月には全国大会に参加しました。初めての全国大会という事で、かなり緊張したようですが、賞を頂くことも出来て、とても頑張ったと思います。

同じ時期に、ピアノのグレードに挑戦した生徒さんもいました。公開形式の試験ですが、割とアットホームな雰囲気で、生徒さんも多少緊張はしたようですが、余裕をもって合格することが出来ました。日曜日だったとはいえ、ご両親や小さい弟さんも足を運んでいて、お子様のピアノレッスンへの関心の高さを伺うことが出来ました。

この生徒さんは、現在、中学受験に向けて頑張っていて、来年の春にまたレッスンを再開したいと話していました。

3月、4月には、体験レッスンを多く行う事が出来て、新しい生徒さん方との出会いがありました。

昔は、お子様の習い事というと、真っ先にピアノが挙げられ、クラスのほとんどの女の子がピアノを習っていた時代もありましたが、近年では、お子様の習い事も多種多様となり、業界の競争も激化しています。ピアノの体験レッスンも少なくなってきている中で、今年はおかげさまで、多くの機会に恵まれました。

幼稚園児から、初めてピアノを習う大人の方、小さい頃ピアノを弾いていて再開された方、大学進学を機に上京した学生さんなど、さまざまなバックグラウンドの生徒さんのレッスンを始めることができました。

4月からは、私が中高生時代に習っていた先生の勉強会に参加する事になりました。勉強会は、グループレッスンの形式で、バッハの平均律クラヴィーア曲集を取り上げ、それぞれ担当する曲をアナリーゼ(楽曲の分析)し、発表するとともにピアノの演奏をして先生からアドバイスを頂くというものです。定期的に行われるので、メンバーの上達ぶりも見えて、良い刺激になっています。

メンバーは、かつての同じ門下生の方々で、久しぶりにお会いする方も多くいらっしゃいました。乳幼児のママも何人かいて、勉強会後のお茶会では、子供の育て方や、子育てとピアノの両立について話が盛り上がりました。

ちなみに、乳幼児のママが、いつピアノの練習をしているかというと、お子さんのお昼寝中と、お子さんが朝起きる前の早朝練習が多く、毎日お子さんを連れて実家に通い、両親に子供を預けてピアノの練習をしている方もいらっしゃいました。

5月には、このメンバーも含めた門下生のピアノ発表会があり、私も参加しました。普段は、先生として発表会に関わっていますので、生徒として参加することはとても懐かしく感じました。生徒さんの気持ちも、少し理解できる機会になったと思います。

春は、お子様のピアノ発表会の曲目を決めて練習を始める時期でもあります。今年は、すんなりと曲を決めた方が多かったので、練習もスムーズに始められましたが、一人手を怪我してしまった生徒さんがいて、曲決めが少し難航したこともありました。

発表会に向けたレッスンは、順調に進めることができ、間に合わないのではないかと心配することもなく、安心して夏の発表会を迎えることが出来ました。生徒さん方は、緊張はしていましたが、それなりに満足のいく演奏が出来ていたように思います。

夏には、ピアノのオーディションに挑戦した生徒さんもいました。発表会でも同じ曲を弾きましたが、生徒さん本人があまり満足していなかったことや、オーディションまで数週間ほど時間があったので、今一度曲を見直し、練習もし直しました。生徒さんも、かなり練習をしたようで、その甲斐あって、オーディションに合格しました。前回は不合格だったので、かなり嬉しかったようです。

私は、他の学年の審査を行いましたが、満場一致での合格者は本当に少なく、ほとんどが僅差なので、その中で合否を決めるのは、なかなか難しいものがありました。

9月には、オーディション合格者の公開レッスンと、大学生の生徒さんが参加した発表会がありました。

この大学生の生徒さんは、音大を目指すくらいのレッスンを積んでいて、コンクールにも何回も参加しています。とてもよく弾けるのですが、ご本人曰く「本番に本当に弱い」のだそうです。「そうは言っても、何回もコンクールに参加しているくらいだから・・・」と思っていたのですが、いざ本番を聴きますと、明らかに緊張している様子で、レッスンでは一度も間違えなかった所で、ちょこちょこミスしていて、もったいない演奏でした。

実力はあるのに出し切れていない生徒さんを、本番で力を発揮できるようにするためにはどうしたらよいのか? 今後の大きな課題が見つかりました。

11月には、生徒さんの保護者との面談を行いました。レッスンでの様子や、今後の目標なども直接お話をすることが出来て、保護者の方も安心されたようでした。

今年は、ピアノに関わる数多くの体験をすることが出来て、学ぶ事も多い一年でした。反省点は来年に繋げて、さらに生徒さんにとって有意義なレッスンが出来ますように頑張りたいと思います。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ