(この記事は、第226号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、日本最高峰の芸術教育で有名な、東京藝術大学(芸大)のお話です。

芸大は、近年、様々な新しい取り組みを行っています。そのいくつかをご紹介したいと思います。

1つ目は、「早期教育プロジェクト」です。

中学受験などで音楽教育を辞めてしまう子供も多いわけですが、もっと夢を持って音楽や芸術に突き進んでもらいたいという事で始められたプロジェクトです。

主に、小中学生を対象に、芸大の先生と学生が全国各地に赴いて、公開レッスンを行うもので、1人約40分のレッスンを無料で受けられます。

芸大の先生などから、直接レッスンを受けることは、芸大に入らない限り難しいものですし、特に東京以外に住んでいる方にとっては、遠方から通う事になりますから益々難しくなります。

公開レッスンは全国各地で開催されていますし、ピアノ以外の楽器のレッスンも行われているのも嬉しいですね。

公開レッスンの前には、芸大のランチタイムコンサートが行われるので、芸大生の演奏を聴く事が出来ます。学生にとっても学校以外での演奏の機会が与えられますので、良いプロジェクトではないでしょうか。

2017年現在、全国で565名の子供たちが参加しているそうです。

2つ目は、「音楽配信」です。

国内外の音楽市場に向けた芸大生のキャリア支援及び機会の創出を目指したもので、9組の学生代表の演奏を収録したアルバム「東京藝大音楽学部 推薦学生によるクラシックから純邦楽まで! 現在(いま)聴くべき究極(9曲)!」を配信しています。iTunes クラシックチャートで、第1位にもなったそうです。

3つ目は、「クラウドファンディング」です。

大学が提供する様々な芸術作品に、一般から資金を募るプロジェクトです。新しいパトロン制度とも言えそうですね。社会が芸術家をサポートできる文化の醸成を目指してスタートしました。

芸大に遺されたレコード2万枚の危機を救うプロジェクトでは、支援する金額によって、御礼状やHP、レコード保存箱への芳名だけでなく、芸大図書館の見学ツアーや普段入れない書庫の見学、蓄音機でのレコード鑑賞、支援者限定蓄音機コンサートへの招待や、「あなただけの蓄音機コンサート」の開催、澤和樹学長による特別限定コンサートと懇談会へのご招待もあったそうです。

若い音楽家たちを支援したい方にとっても、惹きつけられる魅力的なプロジェクトと言えそうです。また、音楽だけでなく、アートや生け花など、色々なジャンルのプロジェクトも立ち上がっていますので、興味があるものを応援するのもいいですね。

4つ目は、「東京藝大ジュニア・アカデミー」です。

芸大には付属の高校がありますが、今年から中学生を対象とした教育も行うそうです。と言っても付属の中学を新設するのではなく、「早期教育プロジェクト」を発展させた形で、芸大の先生などによるレッスンが受けられるプロジェクトです。

授業のスケジュールは、実技のレッスンがあり、お昼休憩後ソルフェージュの授業、休憩後またソルフェージュの授業、実技レッスンと、一日みっちりと音楽の勉強が出来るようになっています。

芸大の先生が主に授業を担当されるそうですが、海外から招いた先生のレッスンや室内楽のレッスンなども行われる予定だそうです。

芸大の構内には奏楽堂というホールがあり、海外の大学やオーケストラから教授や演奏家を招いてレッスンや演奏会を開いていますが、この奏楽堂での発表会も含まれているようです。

全国から優秀な人々が集まる学校なので、敷居が高いイメージを持っていましたが、実際には結構開放的になってきているようです。芸大がより身近になり、世界で活躍できる人材が多く育っていくといいですね。

スポンサード リンク



(この記事は、第225号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、発表会に向けた生徒さんの様子についてです。

お子様の発表会まで、2カ月を切りました。生徒さん方に切羽詰まった感じはまだありませんが、着々と練習を積んでいるようです。

普段からコツコツと練習をするタイプの生徒さんは、今回思ったよりも曲の上達がゆっくりで、少し不思議に思っていました。

発表会で弾く曲は、8分音符の伴奏から急に3連符の伴奏に変わったり、3連符の伴奏に合わせて右手は8分音符の連続のメロディーが出てきたり、急に曲想が変わったりと変化に富んだ曲なので、なかなか難しい曲ではあります。

しかし、それを差し引いても、進度が気になったので、生徒さんに自宅での練習について聞いてみました。

すると、既に練習の大半を、全体を通した練習に費やしていると言うのです。

直ぐに練習内容を見直して、全体を通す練習をかなり減らし、その分を部分練習に充てる事を理解してもらいました。また、曲の構成を見て、各部分をどのように弾いていくのかも、もう一度見直しました。

もともと、真面目に練習する生徒さんなので、すぐに成果が表れてきました。以前よりも、着実にテクニックが磨かれ、曲想の変化もよく捉えられた丁寧な演奏に変化してきたのです。

難しいテクニックの所は、まだ完成しているわけではないので、今後も同じ練習を続ける必要がありますが、発表会には間に合いそうです。

発表会に限ったことではありませんが、曲がだんだん弾けるようになってくると、練習が楽しくなって気持ちも乗ってきてしまい、つい全体を通す練習ばかりになってしまったり、曲をイメージ通りのテンポで弾いてみたくなるものです。

そのような練習は、気分良くピアノが弾けるので、とても楽しいものですし、もちろん否定するつもりはありません。ストレス解消のためにも良いでしょう。

しかし、曲を練習して行くそれぞれの過程で気を付ける事や優先すべき点を理解しながら進めないと、進度だけでなく、曲の仕上がりにも影響が出てきます。

頭では分かっていても、実践するのは難しいものですが、少しずつ意識しながら効率よく練習を進めていきたいものです。

今年、初めて発表会に参加する小学1年生の生徒さんは、だいたい暗譜で弾けるようになってきました。レッスンでは、少しずつ舞台上での動きについても説明しながら練習をしています。

この生徒さんは、以前も書きましたが、保育園を卒業して小学生になり、生活がガラッと変わったことで、少し精神的に不安定になり、小学校生活も習い事も、後ろ向きな感じになってしまっています。

無理せずに今の生活ペースに慣れて、また以前の様な元気いっぱいの姿に戻る事を祈りつつ、発表会も楽しく参加できればと思っています。

大人の生徒さんの発表会は、秋にありますが、今の時期に、参加の意思確認と曲目を決めます。今年は、既に曲を決めて練習を始めている生徒さんが何人もいます。

なかなかの大曲に挑んでいる生徒さんは、「難しい」「難しい」と連呼しながら、それでも頑張って練習をされています。段々と、曲の拍子やリズムが整ってきました。

先日入会されたばかりの大学生の生徒さんも、秋の発表会に参加することになりました。

曲選びでは、ショパンの2つのワルツで迷っているとの事で、それぞれの曲について、特長や難易度についてお話をしました。そして、最終的に難しい方の曲にチャレンジすることになりました。

なかなか長い曲で、しかもテンポが速く、大変だとは思いますが、それでもやってみたいという積極的な姿勢は素晴らしいと思います。

70代の生徒さんも、まだ決まったわけではありませんが、発表会に初参加する方向に気持ちが傾いています。

「こんな おばあちゃんが、発表会に出るなんてねえ~」とお話されていましたが、「でも、そういうのに出ると上達しますしね」ともお話をされていましたので、次回のレッスンでは、前向きな決断をされるのではないかと思っています。

生徒さんそれぞれが、ご自分のペースで、ピアノと向き合っている様子が感じられますが、それぞれの方に適切なレッスンが出来るように、私も頑張りたいと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第224号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ピアノの新しい可能性についてのお話です。

先日、「題名のない音楽会」というテレビ番組で、「反田恭平ピアノリサイタル」を放映していたので見てみました。

以前、このコーナーで反田さんについて、お話したことがありますが、「情熱大陸」というテレビ番組で取り上げられて以来、あっという間に大人気ピアニストの仲間入りをされました。よく、タレントさんが、テレビ CM などをきっかけに一気にブレイクしていく様子と似ていますね。ファンクラブもあり、チケットもなかなか入手が大変なようです。

さて、「反田恭平ピアノリサイタル」では、3曲演奏されました。

一番最初に演奏されたシューマン=リストの「献呈」は、反田さんがブレイクするきっかけとなった演奏です。

ちなみに、作曲者の「シューマン=リスト」という表記は、なかなか見慣れないので、なんだろうと首を傾げた方も多いと思います。これは、シューマンが原曲を作り、リストがアレンジしたというものです。

この曲は、元々シューマンが「献呈」という声楽の曲を作り、後にリストがピアノ用にアレンジしました。この2つの曲を聴き比べるのも、面白いと思います。

リストの曲は、とても華やかなテクニックのものが多いため、音楽的な内容よりも、テクニック重視と捉えられてしまう事があります。しかし、反田さんの演奏は、とても繊細で内容の深い音楽表現をされていて、もちろんリストらしいキラキラした華麗なテクニックも表現されていますが、これまでよりもずっと、この作品の素晴らしさを感じさせてくれる演奏でした。

その次には、ラヴェルの「夜のガスパール」より「スカルボ」を、打楽器奏者の池上英樹さんと共演されました。

演奏前に、ピアノの音色の新しい可能性を探るという事で、「内部奏法」のお話をされました。内部奏法とは、ピアノの弦の上に物を置いたり細工をして、ピアノの音色を変化させることなのだそうです。

今回は、消しゴムを低音部の弦の間に挟み、ステンレスのマドラーを中音域のピアノの弦の上に横に並べ、プラスティックの定規とビス(ねじの様なもの)も入れていました。

通常、ピアノの中に何かを入れるのはご法度ですし、触る事さえ弦が錆びるので避けるのが当たり前と思っていたので、大変驚きました。

現代音楽では、よく使われる手法なのだそうですが、これを使用して近代の作曲家ラヴェルの音楽を演奏するというのです。

ちなみに、消しゴムを挟みますと、音が響かなくなり、定規を置いたところでは、ジジジジという感じの音になり、マドラーを並べたところでは、金属的な音になり、まるでチェンバロのような音にも聞こえます。

この内部奏法を使用して、反田さんの頭の中にある「夜のガスパール」を表現するという事で、とても興味深く聴いてみました。ちなみに、「スカルボ」と言う曲ですが、スカルボという名の小悪魔が、現れては消えて、人々を怖がらせるという様子を描いた音楽です。

打楽器との共演だけでも、とても新鮮ですが、内部奏法を使用したピアノと合わさる事で、より変化に富んだ幅広い表現になっていて、とても面白い演奏でした。最後の方では、反田さんが演奏しながら、ピアノの中に向かって、カラフルなスーパーボールを投げ入れていたのも驚きでした。

打楽器も、物凄く大きな太鼓や銅鑼など、色々な楽器を使用していて、シンバルを床に落とすなど、見た目にも面白いので、小さいお子様や普段あまり音楽を聴く機会がない方でも、これはとても楽しく聴けるような気がしました。

3曲目のササスの「マトルズ・ダンス」も、同じく打楽器奏者の池上さんとの共演ですが、ピアノの打楽器としての可能性を探るというものでした。

司会の方が、「まるでレスリングの試合の様な共演です」と話されていて、どういうことなのかと思っていましたが、聴いてみるとなるほどと思いました。とてもリズムの面白い音楽ですが、常にピアノと打楽器が絡み合っていて、両者が共に一歩も引かず、ある種戦っているかのような感じさえしました。また、ピアノは鍵盤楽器の仲間ですが、音階を伴った打楽器の一種でもあるという事を、改めて感じました。

クラシック音楽のピアノ演奏から、ピアノソロ用の曲をいつもと違う奏法を用いて打楽器と共演、そして最後は、ピアノの違う一面を楽しめるという3種類のとても魅力的なコンサートでした。

クラシック音楽のコンサートも素敵ですが、このような遊び心のある見ても楽しいコンサートも、気軽に足を運べそうでいいですね。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ