(この記事は、第219号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、楽譜選びのお話です。

ピアノを始めてしばらくしますと、モーツァルトやベートーヴェン、ショパンのような有名な作曲家の音楽を弾くようになってきます。

その時に、楽譜はどのように選んでいますか?

「ピアノ名曲集」のようなものを使われている方が多いかもしれません。色々な作曲家の有名な曲をまとめた楽譜で、たくさんの曲目が入っていて割とお手頃価格なので、1冊持っていると便利です。

スポーツやお仕事、勉強では、ユニフォームやパソコン、筆記用具など使う道具にこだわる方も多いと思いますが、ピアノを弾く時に必要な楽器や楽譜については、こだわる方が思いのほか少ない気がして、不思議に思っています。

楽譜については、「昔作られた音楽を楽譜にして印刷しているだけだから、内容が変わるわけがない。どれも一緒」と思われている節もあるのでしょうが、実はかなり出版社によって異なるのです。

お好きなクラシック音楽を、複数の異なる演奏者の演奏で聴き比べてみて下さい。

同じ音楽を演奏しているはずなのに、テンポやフレーズ、ニュアンスなど、同じ演奏は存在せず随分と違うと感じると思います。それを、演奏者の個性と捉えられる部分もありますが、実は使用している楽譜が異なるために、違う演奏になっている可能性も大いにあるのです。

例えば、バロック期のバッハの音楽には、強弱記号やスラーなどの記述は、ほとんどありません。ヘンレ版やウィーン原典版などを見ますと、殆ど音符のみの楽譜で、とてもシンプルです。

しかし、強弱記号が書かれていないから、好きな強さで弾くとか、最初から最後までずっと同じ強さのまま演奏するというわけではありません。当時の楽譜は、作曲した自分自身やその当時の演奏者が見るものなので、その時代に当たり前のように行っていた演奏習慣については、わざわざ書かれていないのです。

そのため、自分で当時の時代背景を理解しながら曲を分析し、作曲者が曲に込めた意図を導き出して、適切な強弱やフレーズで弾く事になります。

しかし、それは難しいので、各出版社や校訂者が、いろいろな資料を基に、「このように弾いたら良いのではないか」という意見を楽譜に記入していきました。ブゾーニが校訂した「ブゾーニ版」や、井口基成が校訂した「春秋社版」などの楽譜には、このような後から追加した指示が、かなり事細かに書かれています。

バロック期、古典派の時代を経て、ロマン派のショパンの音楽になりますと、本当にいろいろな出版社から楽譜が出されています。先程の「聴き比べ」も、ショパンの音楽で行ってみますと、とてもはっきりと違いがわかると思います。

これは、ショパンの音楽作品ならではの事情もあります。

ショパンが生前、自分で出版していた作品は、フランス、ドイツ、イギリスの3カ国で同時に出版されていました。そのため、3つの原稿が必要になります。オリジナルの楽譜である直筆譜を書き写したもの、試し刷りや校訂刷り、そして、それらの楽譜をショパンがチェックした際に、自ら書き換えたものもかなりありました。オリジナルの楽譜でも、それを読み取る時の誤りや印刷した時の誤りも混ざってきます。

どれもショパンの同じ作品なのですが、このような事情でいろいろと異なった楽譜が出版されていきました。

それに加えて、ショパンはレッスン中に、お弟子さんによって曲を書き加えたり書き換えたりしていきました。それらの資料を参考に作られている楽譜もあり、また後の時代の演奏者が、自らの研究や経験を踏まえたアドヴァイスを書き加えたものもあります。

ショパンの作品の中には、生前に出版されなかったものも多くあります。例えば、大変有名で人気のある「幻想即興曲」なども、これに当たります。

ショパン自身が出版を望まず、破棄してほしいと望んでいたのですが、ショパンの親友が遺族の了解を得てショパンの死後に出版されました。それらの作品は、出版したショパンの親友が書き加えり、書き替えたりした部分もあるようです。

有名な曲を弾く時には、お手軽な名曲集だけでなく、楽譜売り場に足を運んで、「ショパン」「べートーヴェン」など作曲家のカテゴリー別になっているコーナーを見てみて下さい。曲目ごとに色々な出版社の楽譜が並んでいます。それらの楽譜を見比べたり、楽譜を見ながら音楽を聴いたり、ご自分で弾いてみて、一番ご自分に合う楽譜を見つけてみましょう。

ピアノを楽しむ幅が、さらに広がるのではないでしょうか。

スポンサード リンク



(この記事は、第218号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、生徒さんの成長ぶりを垣間見たお話です。

先日、生徒さんがヤマハコンサートグレードというピアノの検定を受けました。

従来の音楽検定は、ピアノ演奏だけでなく、即興演奏や変奏、聴音などがあり、限られたレッスン時間の中で準備するのは、なかなか難しいものがありましたが、このコンサートグレードは、ピアノ演奏2曲のみで受験できるので好評です。一度受験された方の満足感も高いようで、リピート率が高いそうです。

今回受験したお子様の生徒さんは初参加ですが、それほど緊張した様子もなく、会場にいらっしゃいました。自宅で使用している足台の方がよいとのことで、わざわざ足台も持って来られました。

コンサートグレードの試験は、公開形式になっていて、試験というよりも発表会という感じです。会場は小さめのサロンですが、試験を受ける人だけでなく、ご家族連れで来られる方がほとんどなので、満席状態でした。

受験される生徒さんが全員集まったところで、最初に全体の流れの説明があり、その後一人ずつ順番に舞台に上がり、お辞儀の位置や椅子の高さ、足台の高さのチェックをすることができます。

そして、休憩を挟んで、いよいよグレード試験の開始になります。

これだけ親切丁寧に実施される試験やコンクールは、他に見たことがありません。特に小さい生徒さんや、初めて受験される方にとっては安心出来るのではないでしょうか。

満席状態の会場で、司会者から受験する生徒さんご自身のコメントも読み上げられ、まるでコンサートや発表会の様な感じです。発表会の時の様にドレス姿の生徒さん方もたくさんいて、華やかな感じもありました。ただ、舞台上に発表会の時のようなお花はないので、その部分は簡素な感じがしましたが。

今回初めて受験した生徒さんですが、舞台に上がった時から笑顔さえ見えるような様子で、落ち着いて演奏していました。グレード試験は、コンクールの様な「落とす」ためのものではないので、私自身もそこまでドキドキすることなく演奏を聴くことができました。

細かい所で、「あれっ、この部分を変化させて弾く事を忘れちゃっている」という、ちょっと惜しい箇所がありましたが、だいぶ思ったように弾けていたように思いました。

課題曲と自由曲の2曲を、決められた演奏時間内で弾き、それぞれの曲に対して、SS、S、A、B という評価と共に、ヤマハのアドバイザーの先生2人からコメントが頂けます。

全員の演奏が終わりますと、休憩を挟んでアドバイザーの先生方のお話や、出演者全員の記念撮影があり、そして帰りに講評が頂けます。

生徒さんは、もちろん問題なく無事に合格となり、それぞれの先生から SS の評価を頂く事が出来ました。

帰りがけに生徒さんとお話をしますと、やはりそれほど緊張しないで弾けたと言っていました。

私が感想を色々とお話しますと、惜しかった部分について、「あーーっ、忘れた・・・」という反応で、しまったという顔をされていました。

この生徒さんは、もっと小さい時、発表会の出番前に青ざめた顔で舞台袖に来ていて、緊張の為あまり力を出し切れていませんでした。そこで、親御さんと面談をした時に、そのようなお話と共に、もっと本番で弾く経験をたくさん積んでいくことの重要性を話し、発表会だけでなく、今回のコンサートグレードやコンクール、オーディションなどをご紹介してきました。

色々な会場で、色々な状況の中で演奏する難しさや充実感を感じて、経験を積んできたことが、こうして少しずつ実を結んでいるような気がして、私も嬉しくなりました。

大人になりますと、どうしても恥をかきたくないという気持ちに負けてしまい、躊躇したり、自分自身で色々な理由を付けて回避したり、守りに入ってしまう事もあります。小さいうちに本番での演奏をたくさん経験して、その成功体験を得ることは、ピアノだけでなく、社会人になってからも様々な場面で生きてくるのではないかと思います。

グレードの本番を終えて、息つく暇もなく、今度は夏の発表会の曲選びを行い、すでに練習に入りました。今度は、発表会での成長ぶりが見られることを楽しみにしています。

スポンサード リンク



(この記事は、第217号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、「難しいピアノ曲」についてのお話です。

少し前ですが、日曜日に放送されている「題名のない音楽会」を見ました。日曜の午前中に、気軽にクラシックを楽しめる番組で、大変な長寿番組ですね。

その日は、「難しいピアノ曲と作曲家」というテーマでしたが、「チョップスティック ハンガリー狂詩曲風」というピアノの連弾から始まりました。

左右それぞれの手の指1本づつ、計2本の指で弾く事から名前が付いた「チョップスティック(お箸)」という作品を、リストのハンガリー狂詩曲のような、超絶技巧の連弾の曲にアレンジしている作品です。

原曲を弾いたことがある方もおられると思いますが、とても軽快でかわいらしい雰囲気の楽しい音楽です。それを、ハンガリー狂詩曲風にアレンジしますと、どんどん音数も増えて、演奏の最中に高音部の方が、低音部に移動したり、とてもゴージャスな音楽になっていました。

そのあとは、ストラヴィンスキー作曲 G.アゴスティ編曲の「火の鳥」より「凶悪な踊り」を取り上げて、オーケストラの作品をピアノで弾く時に難しいところについて、アナウンサーとヴァイオリニストの後藤龍さん、ゲストのピアニスト2人とトークを繰り広げました。

簡単にまとめると、以下の3点が難しいところのようです。

・ ピアノ1台でオーケストラの音域を演奏するので、跳躍が激しく、瞬間的に高音を弾いて、直後に低音を弾くような手の動きになり、音を間違えないように弾くのが難しい。

・ 広い音域を弾くので、腰を浮かさなければならない。

・ 同じメロディーを、次々と違う楽器で弾いている所を弾き分ける必要がある。

その後、ピアニストが実際に演奏されましたが、司会の後藤龍さんが、「これは凄いなあ」という表情で、演奏に見入っていた姿が印象的でした。

演奏と共に、テレビ画面には、「弦楽器のピチカート(弦を指ではじく)をピアノで表現するのが難しいです」とか、「通常、ピアノの楽譜は2段の五線で書かれていますが、この場面では3段の楽譜で書かれています」など、随所に演奏者のコメントが流されていて、聴くポイントがわかりやすいと思いました。

「難しい曲」というと、ヴァイオリニストでもあったパガニーニが有名で、物凄いテクニックで「魅せる」ことをしていたわけですが、それをピアノの世界で行っていたのが、ピアノ界のスーパースターとも言われるリストです。

番組では、リストと同時代で、リストからも超絶技巧ぶりを恐れられていたアルカンという作曲家の「鉄道」という練習曲が演奏されました。演奏は、アルカンの作品のみを演奏するリサイタルを行い、ネットの世界で「ピアニート公爵」としても注目されているピアニストの森下さんです。

楽譜を見ると、音数も思ったほど多くなく、一見するとそんなに難しそうに見えないのですが、右手に延々と16分音符が続き、しかも物凄くテンポの速い曲で、テレビ画面には、演奏されている場所の楽譜が映されているのですが、本当にテンポが速いので、映されている楽譜も凄い速さで動いていき、目が追い付かなくなりそうな感じでした。

司会の後藤龍さんも、あまりの凄さに笑いが出ていましたが、ペダルの踏み替えも、スゴイ速さで行っており、演奏している森下さんも、弾き終わった後、「はあ~」とため息を付いていたのが印象的でした。やはり、ピアニストにとっても、演奏するのが大変なのですね。

番組の最後には、バラキレフ作曲の「イスラメイ(東洋的幻想曲)」が演奏されました。イスラメイは、コーカサス地方の民族舞曲の事なのだそうです。

19世紀の有名なピアニストであるハンス・フォン・ビューローが、「あらゆるピアノ曲の中で一番難しい」と話していたそうです。私が音楽大学に通っていた頃、卒業試験に、この作品を弾いていた人が何人もいました。

細かい音符がたくさん出てきて、当時は、「とにかく息つく暇もない難曲」という印象でしたが、今改めて聴いてみますと、それだけではなく、色々な表情のある面白い作品だなあと思いました。

難しいテクニックの作品は、どうしてもその難しさに目がいきがちですが、その先にある表情豊かな音楽を楽しむことを忘れずに鑑賞したいものですね。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ