(この記事は、第229号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、幼稚園児のスカイプを使ったピアノレッスンのお話です。

友人から、「海外転勤することになった」という話を聞いたのは、確か一昨年だったと思います。ご主人様が、かねてから海外勤務を希望していたそうで、ようやくその希望が叶ったことになります。

「良かったね」と思いつつ、小さいお子さんを連れての海外転勤は、想像以上に大変なのではと少々心配をしていました。しかし、お子さんと楽しく現地の言葉を勉強している事を聞き、少し安堵したことを覚えています。

少し経って、ちょうど現地での生活が落ち着いてきた頃だと思います。その友人から、「スカイプで、子供のピアノレッスンが出来ないでしょうか?」という話がありました。お子さんは音楽が好きらしく、自分の気持ちを音にして、おもちゃのピアノを弾いていたり、音楽が流れると、静かにじっと耳を傾けているそうです。

お子さんは、幼稚園に入る前で、しかも直接レッスンをするのではなくスカイプでという難問に、さすがに即答できませんでした。

「音楽を好きになってくれたらよい」というお考えで、月1回のゆったりとしたペースでのレッスンを希望されていますが、お持ちの楽器が、おもちゃのピアノという前代未聞のケースで、スカイプですと、直接手を使って指の形や姿勢などを直すことも難しく、問題は多々ありました。

しかし、慣れない現地でピアノの先生を探すのも大変でしょうし、考えた上でお引き受けすることにしました。

小さい子供は覚えるのが早い反面、忘れるのも早いので、月1回のレッスンでは、その場の楽しさだけで終わってしまう可能性がある事などはお伝えし、その上で教材を用意して頂いて、春からレッスンが始まりました。

久しぶりにスカイプを通して会うお子さんは、だいぶ大きくなっていました。

レッスンでは友人(お母さん)が横に座り、お子さんに楽譜上の場所を教えてあげたり、出来たところに丸を書いたりして、私が本来レッスンで行う事を代理でしていただきました。お子さんも、ちょっと照れていたのか、最初はハニカミながらという様子でしたが、指の番号を学ぶ所では積極的に答えを言ったり、音を弾く所も一生懸命行っていました。最初のレッスンでも30分間、よく集中していたと思います。

そして、レッスンの最後には宿題を出して終わります。

このようなレッスンを何回か重ねました。自宅でしかもお母さんが常に同席という環境も影響してか、時にはレッスン中に大きなあくびをしたり、「お腹空いた~」と言ったりしますが、だいぶレッスンに慣れてくれました。

不機嫌になってしまったことがあり、どうしたのかと思ったら、レッスンの最後の演奏で間違えてしまい、本人にとって不本意だったとの事でした。しかし、上手くできなくて悔しいという気持ちは、今後の上達にとても大切なものです。

月1回のレッスンで学んだことを忘れないように、「レッスンで弾いている曲、覚えているかな?」と、反復練習をするようにアドバイスもしました。

私自身も、スカイプでもなんとか出来そうだという手ごたえを少しずつ感じてきました。そして、それと同時に、どうしても伝えなければならない事がありました。

お子さんを音楽の道に進ませるわけではなく、音楽が好きになってくれたらよいという方針や、初めての海外生活の事を考えても、おもちゃのピアノを使ったレッスンは、デメリットが大きすぎるという問題でした。

真ん中のド(一点ハ)を弾いても、「ちゃり~ん」というおもちゃの音が鳴り、鍵盤の幅や長さも本物のピアノとは似ても似つきません。当然ながら鍵盤の重さも全く異なります。弾く時の姿勢も整いませんし、そもそも鍵盤数が圧倒的に少ないのです。

耳が成長している時期なので、出来れば本来の音が出せる楽器があると良い事や、今の楽器(おもちゃのピアノ)に慣れてしまうと、あとで楽器を替えた時に、お子さんが苦労することになる事、実際、自宅で電子ピアノで練習している生徒さんも、レッスンや発表会でグランドピアノを弾く時に苦労している方が少なくない事をお伝えし、ご主人様にも、その旨をお話しされてもみてはいかがでしょうかと提案しました。

すると、早速お返事を頂き、私のお話に納得して頂けたようで、また美しいピアノの音を聴きたいという事も話されていました。

現地で調律師さんを探すのは大変なので、生のピアノのタッチに近い電子ピアノを探してみますとのことでした。私からも、何点か電子ピアノを紹介しました。

異国の地でも、少しずつピアノを弾く環境が整ってきて、私も嬉しく感じました。

今月から幼稚園に通うそうで、お子さんも新しい生活のペースに慣れるのに大変かもしれませんが、よりよい環境で、益々楽しくピアノのレッスンが出来ると良いなあと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第228号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ヴァイオリンのお話です。

習いたいとか弾いてみたい楽器の中で、ヴァイオリンは、ピアノの次に挙げられるほど人気があります。

1人で弾くソロだけでなく、オーケストラの花形楽器でもあり、オーケストラをまとめるコンサートマスターもヴァイオリン奏者が務めます。

私も含めてピアノを弾く人から見ると、自分の楽器を持ち運ぶことができ、色々な場所で自由に練習したり、本番の演奏も自分の楽器で出来るところは常々羨ましいと思ってしまいます。

先日、ヴァイオリンの歴史を、ヴァイオリニストとヴァイオリン修理職人、研究者が探っていく「ヴァイオリン500年の物語」というテレビ番組を見ました。

ピアノはイタリアで生まれ、ショパンが活躍していた1800年代前半に現在の形とほぼ同じになったと言われていますから、今から200年くらい前に完成したことになりますが、ヴァイオリンはもっと古く、今から500年ほど前に、ほぼ完成されています。ピアノよりも長い歴史があるのですね。

ヴァイオリンの話になりますと、「ストラディヴァリウス」という名前がよく挙げられます。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ストラディヴァリウスは、1644年生まれのイタリアの楽器職人「アントニオ・ストラディヴァリウス」の事で、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロなど弦楽器を製作しました。そして、彼が製作した楽器は世界最高の名器として、大変貴重な存在になっています。家を売ってストラディヴァリウスを手に入れたヴァイオリニストがいるほどです。

これだけ技術が発達した現在でも、ストラディヴァリウスの楽器には多くの謎があり、これを超える楽器を作る事が出来ないと言われています。

今回のテレビ番組では、このストラディヴァリウスの楽器の謎にも迫っていますが、カナダ出身のヴァイオリニスト ジェームズ・エーネスが演奏するヴィヴァルディの「四季」やパガニーニの「24の奇想曲(カプリース)」など、ヴァイオリンの数々の名曲をたっぷり聴く事も出来ました。リサイタル1回分のボリュームがあった気がします。

ストラディヴァリウスの楽器は、音色の美しさが他のヴァイオリンとは比べものにならないほど際立っていて、日本を代表するヴァイオリニストの徳永二男さんもインタビューの中で「色で音色を例えるなら、ゴールド」と話されていました。

では、実際に何が違うのかという事を科学的に分析し研究している方がいます。その研究に、先ほどのヴァイオリニスト ジェームズ・エーネスさんも協力していました。

ヴァイオリンは、中が空洞になっていて、上の板(弦が貼ってある方の板)と下の板、それを繋ぐ横板、魂柱(楽器の中に付いています)、低音を出す弦の下(上板の内側)に響きを支える板から出来ています。

一般的に、高い音は上板から、低い音は下板から響いていくのだそうですが、ストラディヴァリウスの楽器は、1キロヘルツ辺りの周波数の音が横にも響き、「音の揺らぎ」という現象も起きているのだそうです。これが、あの豊かな音色の秘密だったのですね。

ヴァイオリン修理職人の久保田さんは、近年自身でもヴァイオリン製作をしていて、科学的にストラディヴァリウスの音色にかなり近い楽器を生み出すことに成功しているそうです。

ピアノも長年使用していますと、弦が切れたり、中のフェルトなどが消耗するので修理が必要になりますが、ヴァイオリンは長年使用しますと、楽器が割れてきたり、表面に塗ってあるニスがはがれてきたりします。割れた所に小さな木の板を貼って補強したり、ニスを上から塗って直したりするそうですが、そうすることで元々の楽器の良さが損なわれてしまう事があります。

久保田さんは、古いバイオリンの修理を数多く手がけており、楽器の板の厚みやニスを工夫して、オリジナルの良さを取り戻すことをされてきました。その経験を元に、ストラディヴァリウスに近い音色のヴァイオリンを製作されたのですね。

自分自身だけでは、作り出せる楽器の数が限られてしまうので、できるだけ情報を公開して、良い楽器を世の中にたくさん出していきたいと話されていました。

ストラディヴァリウスは、現存する楽器の数が限られていますし、大変高価ですから一流の演奏家しか手にすることができません。しかし、同等の音色を気軽に楽しめる機会が増えれば、ヴァイオリンを弾く方にとっても演奏を聴く方にとっても朗報ですね。

日本のクラシック音楽界が、益々盛り上がる事にも繋がりそうですし、小さいお子様が、そのような音色が出せる楽器でヴァイオリンを習い始めたら、どのように成長していくのか考えるだけでもワクワクしてきます。

今後のヴァイオリン界も、目が離せませんね。

スポンサード リンク



(この記事は、第227号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様の発表会とオーディションのお話です。

先日、毎年夏に開催しているお子様の発表会が行われました。今回は、初めて使用する会場で、2人のピアノの先生と合同で行いました。

朝から日差しも強く暑い日でしたが、少し早目に会場に入りますと、既に生徒さんが何人もいらっしゃっていました。

打ち合わせでは、アナウンスの原稿に演奏する生徒さんの名前の読み仮名を書いたり、足台の有無、補助ペダル使用の有無や持ち込みの有無、タイムスケジュールの確認などを行いました。

その後、初めて参加する生徒さんに、舞台上での動きのリハーサルを行い、定刻通りに始まりました。

私のクラスにも、今回初めて参加する生徒さんがいます。

その生徒さんは、以前から発表会に出たくないと言ってみたり、自宅練習やレッスンも消極的な姿勢になっており、本番に来てくれるのか心配していました。

しかし、開場時刻前にご家族で到着されていて、新しい黒い革靴に、おしゃれなシャツと半ズボンの装いをしていました。やはり、少々緊張気味の硬い表情でしたが、特別嫌そうな雰囲気でもなく、少しほっとしました。

お母様と舞台まで来ていただき、出番前の待機場所(舞台袖)やお辞儀をする位置の確認などを行いました。

今回は、会場の作りが少し特殊で、通常のように演奏後に舞台袖へ戻りますと、その後ご家族が座っている客席に戻るには、かなり遠回りをしなければならず、小さい生徒さんには、少々難しい事もあり、演奏後は、舞台隅にある階段を下りて、ダイレクトに客席に戻る流れにしました。

生徒さんが安心して演奏できるように、演奏前の舞台袖にお母様が付き添って頂く予定でしたが、それでは演奏後に合流できなくなってしまいます。

「お母様には、一番前の席に座って頂いて、弾き終わったら、階段を下りてお母様の所に行っていいからね? いいかな?」

当初の予定と異なってしまうので大丈夫かなと思いましたが、静かに、こくんと頷いてくれました。

全員出席のもと、定刻通りに発表会が始まりました。

一番最初は、先程の生徒さんの演奏です。

今回初めての参加とは思えない落ち着きぶりで、堂々と舞台に上がり、演奏も上出来で、とても安心しました。

別の生徒さんで、本番前のレッスンで暗譜が少々不安だった生徒さんは、舞台袖に来るなり、「間違えそうな気がする」と、しきりに話していました。

これまで何回も発表会に参加していて、慣れているはずが、思わぬ弱気な発言に少し驚きましたが、「そういうことを言うと、本当にそうなっちゃうから言っちゃだめよ」と話しますと、「でも、5回は間違えそうな気がするんだもん」と話していました。

暗譜以外は、かなり良い感じに仕上がっていましたので、「そうは言っても大丈夫なのでは?!」と思っていました。

しかし、出番が来て演奏が始まりますと、最初の1段目で早くもミスが始まり、その後も、あれっ?あれっ?という場所で小さなミスが重なってしまいました。残念ながら、出番前のご本人の予言が、当たってしまった結果になりました。

また別の生徒さんで、今年もオーディションに参加する生徒さんは、ご自宅で使用している補助ペダルを持参していらっしゃいました。持ち込んで下さったお母様に、生徒さんの様子を伺いますと、あまり上手くいっていないとのお話で、少し心配になりました。生徒さんは、いつもの本番のように、少々不安そうな様子で舞台袖に来ました。

「いつも通りに弾いたら大丈夫よ。コンクールの本番の時よりは、いいでしょ?」と聞くと、少しハッとしたような表情になり、若干表情が緩んだように見えました。

演奏が始まりますと、お母様がお話していたような不安さはなく、堂々とした演奏で、かなり力を発揮できたように思いました。

今回、最後の演奏を飾るトリを務めた生徒さんは、以前コンクールの全国大会で演奏した曲を披露しました。

バスケットボール部の練習漬けの日々は卒業しましたが、今度は受験のために、日々塾に追われていて、ピアノのレッスンの後にロビーで夕食を食べて、そのまま夜遅くまで塾の授業をこなしています。

受験生なので、練習時間もままならないと思いますが、しっかりとまとまった演奏を披露できました。

発表会は見学自由なので、生徒さんの小さいご兄弟がいらっしゃることも多いのですが、演奏中は驚くぐらいに静かな会場でした。演奏した生徒さん方も、きっと集中して力を発揮できたと思います。

発表会後暫くして、オーディションが行われて、私も審査員を務めました。これまで何回も務めていて、小学生の部を担当することが多かったのですが、今回は大学生の審査を担当しました。

オーディションの曲目は自由なので、ベートーヴェンやリスト、ドビュッシー、ラフマニノフなど、いろいろな時代の作品を聴く事が出来ました。

コンクールやオーディションは、点数をどのように出して合否を決めるのかケースによって異なり、同じコンクールでも地区大会と全国大会で異なる場合もあります。

例えば、各審査員が出した点数の平均点を計算し、○○点以上は合格としたり、審査員が出した点数のうち、最高点と最低点を削って、その他の点数で平均点を出して合否や順位を付けることもあります。

今回のオーディションは、審査員1人につき複数の投票権が与えられ、素晴らしい演奏をした参加者に1票ずつ投票し、その合計投票数が高い方から合格とする方式です。(どんなに素晴らしくても、1人の審査員が同じ参加者に複数投票することは禁止)

これまでは、最高得点の満点と、ほとんど票が入らない最下位はすぐに決まるものの、大多数は僅差となり、2次投票をしたり意見交換をするなど、なかなか審査に時間がかかっていました。

しかし今回は、いざ開票してみますと、綺麗に順位がついていて、審査員全員が驚くぐらいにすっきりと合否が決定しました。

私のクラスの生徒さんも別の日に審査があり、今回も見事に合格することが出来ました。

審査では、審査員全員が講評を書くのですが、その講評を読む限りでは、テンポの揺れを多少指摘されましたが、曲の各場面の変化がしっかりと出来ていたことや、曲に合わせた演奏が出来ていたこと、完成度の高さを評価して頂けました。

これから、合格者の披露コンサートまで少し時間がありますので、さらにバージョンアップした演奏を目指して、生徒さん自身が、「かなり思ったような演奏が出来た」と手ごたえを感じ、今後の自信に繋げられればと思っています。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ