(この記事は、第246号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、最近のピアノレッスンの様子です。

春という季節は、ピアノ教室にとって1年の締めくくりの時期であると同時に、新年度の準備をする時期でもあります。

学校は、4月から新年度になりますが、音楽教室は5月からです(教室にもよりますが)。ゴールデンウィークがありますから、5月の2週目からという方が正しいかもしれません。

学生の生徒さんは、4月に進学/進級しますと、生活のスケジュールが変わり、それに伴ってレッスンの日時の変更を要望される方が出てきます。特に近年では、小学校4年生くらいから、中学受験に向けて塾通いを始める生徒さんが多いため、塾のスケジュールに合わせて、ピアノのレッスンも変更が必要になります。

パズルのように、このタイムスケジュールの組み替えを行っています。

また、新しい生徒さんもお迎えしました。個人レッスンのピアノ教室には、一年中いつでも入会することができるわけですが、やはり春は入会される方が多くなります。

今回お迎えしました新しい生徒さんについて書いておきます。

1人目は、小学生の生徒さんです。以前から個人のピアノ教室に通われていましたが、先生が体調を崩してしまい、今年一杯レッスンが出来ないとのことで、お婆様と一緒に体験レッスンに来られました。

しばらくピアノを弾いてなかったようで、最初は少し緊張した表情でしたが、弾き始めますと楽しそうな表情に変わっていきました。ブランクがありますと、ピアノを弾く時のタッチが浅くなる事がありますが、わりとしっかりとしたタッチで弾いていました。

体験レッスン後、すぐに入会の申し込みをされ、翌週にはレッスンが始まりました。

大人しい印象の生徒さんでしたが、レッスンが始まりますと、塾の事などいろいろとお話するようになり、緊張することもなくレッスンを受けられるようになりました。

2人目も、小学生の生徒さんです。同じ教室の他の先生のレッスンから移動されてきました。

日時が合わなくなったとの理由ですが、どうもそれだけではなく、先生とあまり合わなかったようです。

個人レッスンなので、先生との相性の問題が起きることがあります。特に、もっと上手になって欲しいと思う先生の情熱と、もっと楽しくピアノを習いたいと思う生徒さんの気持ちがすれ違ってしまうことは珍しくなく、私もこれまでに、何人もそのような生徒さんを受け入れてきました。

今回の生徒さんも、もう少し楽しくピアノのレッスンをしたかったようです。ベテランの先生の生徒さんだったので、少し戸惑いましたが、生徒さんが長くピアノを好きでいてくれればと思い、受け入れることにしました。

お話し好きですが集中力があり、弾けない所の部分練習では、「もう一回、もう一回」と言って、弾けるようになるまで黙々と練習を続けられる生徒さんです。

今年の発表会では、かなり難しい曲を弾く事になりましたが、持ち前の集中力で乗り切ってくれると信じています。

3人目は、大人の生徒さんです。仕事場が変わり、これまでの教室に通う事が出来なくなったとの事でいらっしゃることになりました。

ショパン好きで、マズルカやワルツなどを弾いてこられ、それらの曲でグレードにも挑戦され見事合格されたそうです。

体験レッスンでは、以前弾いていたマズルカを弾いていただき、細かい所を少し修正したので、レッスンではその続きをしながら、他の曲にもチャレンジすることになりました。

お子様の生徒さんは、夏に発表会があり、この時期は、発表会で弾く曲を決めて練習を始める時期でもあります。

特に今年は、1カ月以上も早い開催になりました。毎年、7月中旬から下旬に発表会を行ってきましたが、今年は6月初めの開催になります。

レッスンでは、「今年は、発表会がとても早い時期だから、発表会の曲のレッスン回数もこれしかないのよ。だから頑張ろうね」と声をかけています。

生徒さん方も頑張っていて、発表会の曲を決めた後の最初のレッスンで、全て譜読みを終わらせてきた生徒さんもいたほどです。小学校高学年くらいになりますと、かなり先を見通せるようになりますので、のんびりしていたら間に合わないと思い、練習に身が入るようです。

発表会本番まで、レッスンの回数が少ないので、私も1回1回のレッスンをより大切にして、短時間で上達できるように心がけています。

ゴールデンウィーク期間も、帰省や行楽などで楽しく過ごして頂きたいと思いつつ、ピアノの練習も欠かさずに行ってほしいと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第245号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、音楽的な演奏についてのお話です。

「ピアノの本」という小冊子に、とても興味深い連載を見つけました。「音楽的な演奏って何だ?」というタイトルで、音楽学者で京都大学教授であり文学博士の岡田暁生さんが書かれているものです。

「音楽的な演奏」とか「音楽的に弾く」といった言葉は、音楽業界では、普段からよく使われます。例えば、レッスンやコンサートでも、「○○さんは、とても音楽的に弾くわよね」とか「テクニックは良いんだけれど、もっと音楽的な表現があるといいわね」などと言い、私自身も恩師から、「もっと音楽的に弾いて」と指導されたことがありました。

しかし、「音楽的な演奏って何だ?」と聞かれて、答えられる方は少ないかもしれません。

岡田さんは、まず始めに「音楽的」と「上手かどうか」は必ずしもイコールではないと言っています。

確かに、ミスなく弾いて高いテクニックを持っていても、「上手いんだけどね・・・」で終わる事があり、逆に、ちょっとミスはあっても「音楽的だった」という感想になることもあります。

この「音楽的」とは、「演奏に歌があるかどうか」という事のようです。

私自身も高校生の頃、副科で声楽を習っていた時に、声楽の先生に「演奏で一番大切なのは、歌ですよ。ピアノの楽譜にも、歌うように(カンタービレ Cantabile)という楽語があるでしょ?」と指導されたことがあります。

ピアノを弾く時にフレーズを意識して弾きますが、次の新しいフレーズに入る直前に、少し間を取って弾きますと、フレーズの区切りが表現できます。それがないと、一本調子で平坦な音楽になってしまいます。

そのちょっとした間は、歌でいう息継ぎ(ブレス)に相当し、それをどのくらいにしていくのか、ほんの一瞬だけですぐ次のフレーズになだれ込むのが良いのか、たっぷりと取って次に弾く音にインパクトを与えるようにするのかは、前後のフレーズや曲想、強弱などによって変わってきます。

一律にブレスを取っていますと、それもまた機械的でおかしな演奏になってしまいますし、やりすぎますと、自分の演奏に酔ってしまっているような、癖の強い演奏になってしまいますから、加減が大変難しいのです。

ピアノは鍵盤楽器ですが、太鼓と同じ打楽器の分類に入ります。ハンマーがピアノの弦を叩いて音を出しますから、打楽器の仲間になるわけです。

バッハなどが活躍していたバロック期は、ピアノの第一号ができたばかりで、ほとんど知られていませんでした。その後のモーツァルトやベートーヴェンが活躍していた古典派でも、まだピアノは進化の途中で、ショパンなどのロマン派になって、ようやくピアノが現在のピアノとほぼ同じ完成形になりました。

その楽器を使って、ショパンなどは、いかにピアノを歌わせるか模索していたのだと思います。ショパンの作品を聴きますと、ピアノがとても太鼓と同じ分類の楽器とは思えない、柔らかさとしなやかさ、滑らかさを感じますね。

ショパンは、オペラが大好きで、夜な夜なコンサートに出かけていたそうですが、自分自身は一曲もオペラを書きませんでした。歌が好きなのに歌の曲を書かず、ピアノに歌わせていたのですね。

伝説のピアニストであるホロヴィッツは、お弟子さんにレッスンを行う時、時間の大半を歌手の録音を聴いて、節回しをどうやってピアノで表現するのか話していたそうです。

ピアノに歌わせる、ピアノが歌っているように演奏するという事は、やはりピアノを上手に演奏する大きなポイントのようですね。

打楽器であるピアノを歌わせるには、どのように弾いたらよいのか。単に、気持ちを込めるだけでは実現できません。この記事には、「音の伸びを聴く事が大切である」と書かれていました。

音を出すと、音が伸びて徐々に減衰していきますが、それをきちんと聴いていく事で、次の音の弾き方が変わってきます。前に弾いた音の伸びの延長に次の音を弾きますと、前の音ときれいに並べることができますから、フレーズが生まれてきます。特に、歌うフレーズの要となる長く伸ばす音符が大切なのだそうです。

ピアノを弾く時に、どうしても音を出すことに集中してしまいますが、実は音を出した後の音の伸びを聴く事が、はるかに重要ということですね。

お勧めの練習方法としては、定番ではありますが、片手練習があげられます。1パートだけで弾く事になりますから、音の伸びを意識しやすくなります。片手練習は、両手で弾く練習の前段階という感じがしますが、それだけではなく、音を聴く練習にも大変役立ちます。

音の伸びを意識して、演奏が音楽的になると嬉しいものですね。

スポンサード リンク



(この記事は、第244号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ピアニストやヴァイオリニストの日常のお話です。

先日、ピアニストやヴァイオリニストなど、クラシック音楽の演奏家の日常を密着取材した番組が放送されました。2つの番組だったのですが、1つはヴァイオリニストの千住真理子さん、もう一つはピアニストの熊本マリさんを取材したものです。

ヴァイオリニストの千住真理子さんの一日を見てみますと、いつでも小走りどころか、かなり本気で走っていました。番組スタッフと駅で待ち合わせをしていても、タクシー乗り場に一目散に走って移動していて、番組スタッフが慌てて引き止めたり、コンサート会場でも、出迎えていたスタッフの横を走り去り、会場内を迷ってあたふたとしている様子が映っていました。

常に意識している事は、「時短」だそうで、1秒でも長く練習するためなのだそうです。さすが、プロの演奏家は凄いですね。移動時間を短時間で済ませるだけではなく、食事についても、生卵を飲むような事もしているそうで、とても驚きました。短時間で栄養を摂るため、映画のロッキーからヒントを得たそうです。なかなかストイックな面もありますね。

コンサートの前には、ピーナッツバターにハチミツをたっぷりとかけて食べ、コンサートの合間には、ハチミツをそのまま口に流し込むような場面も放送されていました。ハチミツは、すぐにエネルギーになるそうで、その効果を利用しているようです。舞台では、華やかなドレスを着て、優雅に美しいヴァイオリンを奏でていますが、舞台の裏ではこのような状況だったとは、想像できませんでした。

コンサートでは、2時間は演奏するので、人によっては1回のコンサートで2キロ痩せるという話を聞いたことがあります。体力の消耗も思った以上に激しいので、限られた時間でいかに効率よくエネルギーを補給するかは、大切なことですね。小さい頃から、プロのヴァイオリニストとして活躍してきた経験から生み出された方法なのかもしれません。

演奏が終わっても、ドレスを着たままヴァイオリンを持って、猛ダッシュで走って、ファンが待つサイン会に駆けつけ、笑顔でサインをしたり、握手をしていました。

使用しているヴァイオリンは、世界的に有名なストラディヴァリウスという名器で、家族総出で金策に追われながらも、現金で購入されたものです。数億円ともいわれる大変貴重な楽器なので、楽器のために普段から色々な事をしているそうです。

例えば、普段からお兄様のおさがりのコートを羽織り、目立たないような服装をしたり、コンサートなどでホテルに宿泊する場合は、現金をわざと見えるところにおいて、もし窃盗犯が入っても、現金に目が行くようにして、楽器を守っているのだそうです。

もちろん、楽器のために高額な保険をかけていたり、自宅にも厳重なセキュリティー対策をしているそうです。マンションにお住まいですが、お部屋もベランダも無数の赤外線の監視システムが設置されているそうです。完全防音の練習室はシェルターのような作りになっていて、地震などで万が一マンションが崩壊しても、練習室だけは壊れないような作りになっているのだそうです。とにかく、ヴァイオリンを大切にされている様子が、とてもよく伝わってきました。

次は、ピアニストの熊本マリさんです。

熊本マリさんは、小さい頃スペインに住んでいて、スペイン王立マドリード音楽院や、アメリカのジュリアード音楽院、英国王立音楽院で学ばれました。日本では馴染みのなかったスペインの作曲家モンポウのピアノ曲全曲を録音して、一躍話題となりました。

NHK 教育テレビの「芸術劇場」の司会もされ、現在は、大阪芸大の教授としても活躍されています。

先程の千住真理子さんのコンサート前の食事とは異なり、熊本マリさんの場合は、お母様が作られたお弁当を食べるのが恒例なのだそうです。メニューは牛肉で、200gはペロッと食べるのだそうです。本番前は、お腹が空かない程度に軽く食事を済ませる方が多い中、しっかりとお肉を食べるというのは凄いですね。

千住真理子さんも、世界最高齢のピアニスト室井摩耶子さんも、普段から牛肉を食べるそうで、「パワーが付く」とみなさん揃って言われます。演奏家は体力も大切なので、アスリートの様な食生活も必要なのかもしれません。

熊本マリさんの日常は、飼っているインコを常にかわいがりながら、毎日6時間のピアノの練習は欠かさないそうです。大変貴重な数千万円もするピアノを所有しており、それぞれの鍵盤の奥には、たくさんの傷がついていました。ピアノでオクターブなどを弾く時に、2・3・4番の指が少し伸びた状態になりますが、それが、ピアノの奥に当たり削れてしまうらしいのです。指でピアノを掘っているとでも言うのでしょうか。普通はそんなに当たらないと思うのですが、手が大きく、激しく動かして弾いていますと当たるのかもしれません。

コンサートでは、ぐるっと一周動くような舞台上で演奏をして、色々な角度から演奏風景が鑑賞できるような事をしたり、俳優や宝塚のスター、落語家など色々なジャンルの方とのコラボレーションもされています。国民栄誉賞を受賞された将棋の羽生善治さんや、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞された山中伸弥さんなどとも交流があり、幅広い人脈をお持ちのようです。

演奏家の多くが、小さい頃から練習漬けの毎日を送り、天才少女や天才少年としてデビューしていますから、まるで別世界に住んでいる様に思えますが、実際に覗いてみますと、イメージ通りに演奏中心のストイックな生活を送っていると感じると同時に、意外な面も垣間見えて、やっぱり同じ人間なのだと、少し身近にも感じられました。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ