(この記事は、2020年5月11日に配信しました第297号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回も、コロナウイルスの影響についてのお話です。

ピアノ教室は、ゴールデンウィーク明けに再開予定と、生徒さんお一人お一人に連絡をして、補講の予定なども相談していたわけですが、世の中の大方の見方通り、この期間では収束に至らず、5月末までの休講が決まりました。

2月下旬に休講して3月中旬に再開するも、わずか1日でまた休講、3月下旬に再開して、4月の非常事態宣言の発令と共にまた休講、そして現在も休講継続中という事になります。

レッスンの再開前には、生徒さんそれぞれのレッスン回数や補講の回数を確認する作業をしていますが、結局それを何回も行っている事になります。そして、メールや電話で連絡を取っていますが、全ての生徒さんが元気そうで、少しほっとします。

ピアノ講師の仲間内では、最初は、コロナが収束してレッスンが再開できるのを待つという姿勢でしたが、徐々にオンラインレッスンの情報が集まり始めました。

もう長くレッスンができていないので、なんとかレッスンを行う方法はないかという思いや、生徒さんが、自宅練習でいろいろと困っているのではないかという思いも共通して持っていると思います。

また、レッスンが行えないという事は、当然ですがお月謝も頂くことができません。2月に休講が決定した段階で、1人暮らしをしている講師は、実家に一時的に戻ったという話も聞きました。

このような状況の中で、Zoom や Skype、LINE のビデオ通話などで、レッスンをする講師が少しずつ出てきました。

私も、生徒さん方にオンラインレッスンや、メール・電話などでのお悩み相談などを受け付ける旨をご連絡して、早速オンラインレッスンを行う事にしました。

オンラインレッスンを始める前に、カメラアングル(カメラを置く位置と角度)を確認しました。生徒さんに説明するときのカメラアングルと、見本としてピアノを弾くときのカメラアングル、それぞれの確認が必要になります。

最初のオンラインレッスンは、幼稚園生と小学生の姉妹です。

ビデオ通話が繋がると、姉妹とお母様が、お元気な様子で画面に映っていました。メールでは何回も連絡しているので、お元気な事はわかっていましたが、お顔が見えて声が聞ける事は、本当に嬉しいものです。

最初は、幼稚園生の生徒さんのレッスンを行いました。練習曲と題名の付いた曲、発表会で弾きたい曲の3曲を弾いてもらいました。

お母様からは、「子供のモチベーションが下がっているので、是非オンラインレッスンをしてほしい」と、事前にお話を伺っていました。演奏を聴きますと、確かに習得のペースは休講前より下がっていますが、それでも確実に進んでいることがわかりました。

途中から弾いてもらう時には、「〇段目の〇小節目から弾いてね」と伝えるのですが、さすがに幼稚園生1人では難しく、お母様がすぐにお子様の楽譜を指して教えて下さいました。

また、左手のフレーズの最後に弾くドの音が上手に弾くことができず、弾くたびにレになったり、シになったりしていましたが、「右手は、音を伸ばした後、お休みになるだけだから、左手の鍵盤をよく見て弾いてみてね」と話しますと、お母様がすぐに「ここの鍵盤を弾くのよ」とフォローしてくださいました。

私が見本で弾くときには、両手か、片手だけか、また弾くときの音域によってもカメラアングルが変わることになります。生徒さんに見えていることを確認してから弾く事になりますので、普段のレッスンのように、間髪入れずに弾くことができないのは多少不便です。

曲の難しいところは、片手ずつ私が見本を弾いて、それを真似して弾いてもらう練習を行いました。

「ここ、難しいんだよね」と、譜読みを積極的にしたがらないような様子でしたが、こうして片手で弾けるようになったことで、自信が持てたようです。「今度のレッスンの時には、両手で全部弾けそうよね」とお話しますと、元気よく「うんっ!」と答えてくれるようになりました。

小学生のお姉さんは、普段のレッスンの時から(お母様は付き添わず)1人で受けています。

弾き終わると、すぐに立ち上がってスマホの画面に近づき、ドアップで笑顔を見せてくれました。

練習曲が完成して「仕上がったね、おめでとう。赤鉛筆とかで丸を書いてね~」と話しますと、楽しそうにぐるぐると大きな花丸を書いていました。普段のレッスンでは、当然私が書いていますから、何か少し特別な感じで嬉しかったのかもしれません。

発表会で弾く予定の「エリーゼのために」は、長くて結構難しい曲なのですが、少しずつ慣れてきたようでした。

オンラインレッスン初日は、ミ#レミ#レ…と何回か反復する部分で、数が多かったり少なかったり(この曲を練習する方に、とても多く見られる事です)していましたが、2回目のレッスンでは、楽譜通りに正確に弾けるようになっていました。

大きなフレーズが終わって、新しいフレーズに変わるところでは、間が空き過ぎてしまっていたので、その部分の練習をして、いよいよ後半の大きな場面転換の部分のレッスンを行いました。

妹さんと同じく、譜読みがあまりはかどっていない様子でしたが、左手の連打の指番号や弾き方の練習などをして、少しずつこの部分の抵抗感を減らしていきました。

時間もあっという間に経ち、充実したレッスンができたように思います。

オンラインレッスンは、普段のように、鍵盤や楽譜を直接指し示す事が出来ませんが、生徒さんが普段以上にアドバイスをよく聞いて、気を付けながら弾いてくれていたように思います。

2回目のオンラインレッスンでは、かなり慣れてきており、お子様の適応力の高さに驚かされました。

来週は、大人の生徒さんのオンラインレッスンもスタートします。

ピアノレッスンの新たな可能性を改めて感じることができ、充実した時間を過ごせたように思います。

スポンサード リンク



(この記事は、2020年4月27日に配信しました第296号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回も、コロナウイルス関連のお話です。

今年のゴールデンウィークは、待ちに待った嬉しい期間とはならないようです。相変わらず猛威を振るうコロナウイルスの影響で、いろいろな施設が閉鎖され、公園も遊具が使用できなくなり、自宅にこもっている方も多いかもしれません。

少し前ですが、日本経済新聞の電子版に、目を引く記事がありました。

クラシック音楽などの公演を手掛けている、NPO 法人日本伝統文化交流協会が、声楽家やピアニスト、指揮者などの音楽家やダンサー、舞台スタッフなど 1000人以上にアンケート調査を行ったところ、6割以上の人が、3月だけで10万円以上の収入減になる見込みと回答したそうです。

3月の生活費について、貯金を切り崩し不足分を補うと答えた方が 65%、貯金の切り崩しだけでなく、借金をする予定の方も 16%いたそうです。

コンサートなどの公演中止や延期がこのまま続いた場合、3月までは生活を維持できると答えた人と、4月までは維持できると答えた人は、合わせて約6割になります。現在、もう4月下旬ですから、既に生活を維持できなくなっている音楽家が少なくないという事になります。

また、俳優の西田敏行さんが理事長を務める日本俳優連合が、4月中旬に俳優や声優 1020人にアンケートを実施したところによると、4月の収入について、無収入が27.6%、50% 以下が 34.4% だったそうです。回答者の4分の1が無収入で、まだわからないという人も 20.9% おり、無収入の方が更に増える可能性があります。

4月に入ってからの仕事依頼は、全く無い人が7割近くで、俳優によっては、スケジュールを抑えた段階でギャラが発生するそうですから、予定通りに撮影ができるかわからない状況では、依頼しにくいことも影響しているのでしょう。

いずれにしても、芸術関係の仕事をしている人々の厳しい状況が伝わってきます。

一方では、この状況を打破しようと、オンラインでレッスンを始めている方や、無観客ライブやストリーミング配信を行っている方々もいます。つい先日も、レディ・ガガが、バーチャル慈善コンサート「One World: Together At Home」を開催して大きな話題になりました。

8時間にも及ぶ大規模なコンサートで、普段なかなか見ることができない一流の演奏家が自宅で演奏しているなんて、大変貴重で贅沢なコンサートだと思います。最後には、レディ・ガガとセリーヌ・ディオン、ピアニストのラン・ランなど、異色コラボの演奏もありました。

日本では、星野源さんが、SNSで「おうちで踊ろう」という音楽に、様々なジャンルの方々が、リモートでコラボしていることが話題になりました。

他にも、新日本フィルハーモニー管弦楽団のメンバー 62人が、テレワークで「パプリカ」を演奏し、50万回以上再生されたそうです。

世界最大手のライブ配信アプリ「17 Live (イチナナライブ)」では、若手クラシック音楽家たちによるコンサートが配信されました。17 Live は、配信者と視聴者の双方が無料で利用でき、視聴者が演奏家に応援のポイントを贈ると、演奏家はその半分(1ポイントで 0.5円)の収入になるそうです。YouTube の広告収入とは異なる、新しいビジネスの誕生で、今後注目を集めそうです。

また、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターが、期間限定でヴァイオリンのお悩み相談を始めたり、いろいろな方々がそれぞれ工夫してコロナと闘っています。

コロナの終息を願いつつ、今できることを行動に移す事が大切なのかもしれません。

スポンサード リンク



(この記事は、2020年4月13日に配信しました第295号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回も、新型コロナウイルスの影響についてのお話です。

前回、ようやくレッスンが再開されたお話をしましたが、2週間でまた変化がありました。

相変わらずテレビなどで、「今日の感染者数は〇〇〇人」と報道されており、日に日に人数が増えて不安に思っている方も多いと思います。

そして、4月7日、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に、緊急事態宣言が発出されました。

その前から、発出されるのではないかと噂されていて、生徒さんからは、「レッスンはどうなるのか?」というお問い合わせもありました。この時は、まだ何も決まっておらず発表もされていなかったので、「何か決まりましたら、すぐにご連絡いたします」としかお答えできない状況でした。

他のピアノ講師の間でも、不安の声が上がっていました。2月下旬からの休講、そして、3月中旬からの2回目の休講でレッスン回数はかなり減っており、年間決められたレッスン回数をこなそうとしても、補講の日程調整が難しくなってきます。

補講をお休みされた生徒さんに、再補講を行うかどうかについても意見は分かれ、6月、7月に予定されているお子様の発表会についても結論が出ていません。生徒さんから、「発表会はどうなるんでしょうか?」と質問をいただきますが、「今のところは予定通りに開催できるように、準備しているところです」とお答えし、レッスンでも発表会で弾く曲を練習しました。

緊急事態宣言が発出されることがほぼ確定したタイミングで、レッスンをゴールデンウィーク終了日まで休講する事が決まりました。

レッスンが再開されていた時期でしたから、レッスンの合間に、これからレッスンを行う生徒さんと、終了して帰宅される生徒さんに慌てて声をかけて伝えました。生徒さんの殆どは、「そうですよね」「そうだと思いました」という反応でした。

他の曜日の生徒さんにもご連絡しましたが、やはり多くの方が、思った通りという反応です。ただ、中には、開口一番「え~、そうなの~? 残念だわ~」と、本当に残念に思ってくださる方もいました。

ご高齢の生徒さんは、他の習い事なども休講になり、ピアノだけが唯一の息抜きとなっていたようで、感染を心配すると同時に、「ピアノがなくなっちゃうと、私、本当に何もなくなっちゃうのよ…」と切実に話されていて、お電話で話を聞くぐらいしかできず、なんとも歯がゆい気持ちになりました。

私が師事している先生の門下生仲間では、zoom というパソコンやスマートフォンのアプリを使用してオンラインでレッスンを行っている人もいると聞きました。

通常のレッスンどころか、補講もできない状況では、ウイルスの影響を受けないオンラインでのレッスンはメリットがあるように思えますが、レッスン室の施設費込みの月謝体系をどうするのか、生徒さん方が、オンラインレッスンが受けられる環境を用意できるのかなど課題も多くあります。特に、ピアノのレッスンの場合、講師側の映像だけでなく、生徒さんがピアノを弾いている映像も見る必要がありますので、部屋の一部が映ることを敬遠される生徒さんもでてくるでしょうし、セキュリティーの心配もする必要があります。

ただ、無理と決めつけてしまっては、先に進みません。現に、対面授業が難しくなった学習塾は、オンライン授業に切り替えてきていますし、この社会情勢にどのくらいのスピード感をもって対応できるかで、今後の教室の明暗が分かれる可能性もあります。

コロナウイルスの影響は、ゴールデンウィークどころか、何年も続くという見解もありますし、終息しても、以前と同じ社会には戻らないとも言われます。今後、ピアノ教室やレッスンの在り方も、変わってくるのかもしれません。

それと同時に、このような時は、自宅でゆっくり音楽と向き合い、音楽の素晴らしさを感じる機会にもなり得ます。

ピンチをチャンスに変えて、より良い教室、より良いピアノレッスンに脱皮できるよう、いろいろと情報を収集して提案していきたいと思っています。

スポンサード リンク


次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ