(この記事は、2014年3月31日発行の第144号 メールマガジンに掲載されたものです)

以前、「たのしい音楽小話」のコーナーで、スズキ・メソードのコンサートをご紹介したことがあります。ブログでも、写真付きで掲載していますので、ご参照ください。(独自のヴァイオリン教育で有名な鈴木メソードのコンサート)

このスズキ・メソードの創始者である鈴木鎮一さんが書かれた本に、『愛に生きる – 才能は生まれつきではない』(講談社現代新書)があります。

愛に生きる 才能は生まれつきではない (講談社現代新書 86)

鈴木 鎮一
講談社

昭和41年(1966年)に出版されたものですが、現在でも読み継がれる名著で、お子様の才能について書かれています。

お子様の才能や素質については、ピアノ教育でもよく聞かれますし、ピアノ・コンシェルジェのコーナーでも、時々関連したご質問をいただきます。

「才能」は、ご本人だけでなく、親御さんやピアノを教える先生にとっても、漠然としていて捉えどころが難しい問題なのではないでしょうか。

そこで、何回かに分けて、この鈴木鎮一さんの『愛に生きる – 才能は生まれつきではない』の本を通して、「才能」について考えてみたいと思います。

コン・ヴィヴァーチェでは、「子供のためのピアノ教育」という解説書を販売していますが、この解説書の中では、『天才! 成功する人々の法則』(マルコム・グラッドウェル著、勝間和代訳、講談社) という本も紹介しています。

『天才!成功する人々の法則』(Outliers: The Story of Success) は、アメリカで 2008年に出版され、日本では 2009年に出版されていますが、様々なデータや実験、事例を元に、天才が作られる過程が書かれています。

そして、驚くことに、この本の結論は、1966年に出版された鈴木鎮一さんの『愛に生きる – 才能は生まれつきではない』に書かれている内容とほぼ同じです。

つまり、豊富なデータを検証してみても、鈴木鎮一さんの「才能」についての考えや認識は、かなり正しいと言えるのではないでしょうか。

しかし、鈴木鎮一さんは、明治生まれ(1898年)の方で、戦前、戦中、そして戦後を生きた方です。1998年1月に99歳で他界されました。

スズキ・メソードのベースとなる「母語教育法」は、この本が出版されるよりもかなり前の昭和6年(1931年)くらいから作られ、そして実践されてきました。

第2次世界大戦よりも前に、日本では天才をつくる「才能教育」が実践されてきたことは、多くの方にとって驚きではないでしょうか。

しかし、この「才能教育」は、何か特殊なものではありません。「母語教育法」の「母語」とは「母国語」のことです。

学校の成績が悪く、生まれつき頭がよくないと言われる子供でも、日本語を話すことはできているという事実をヒントにしています。

複雑な言語を自由に話せるようになるまでには、かなりの教育が必要となりますが、誰でもそれを習得する能力は持っているということです。

「算数ができないのは頭が悪いからではない。教育の方法がまちがっているのだ。才能がないのではなくて、育てられなかったのだ。」と書かれています。

教育者や親御さんにとっては、ドキッとする内容かもしれません。

お子様の才能とスズキ・メソードについて考える その2 に続きます)

スポンサード リンク



(この記事は、第143号のメールマガジンに掲載されたものです)

3月も半ばを過ぎて、日中はだいぶ暖かくなってきました。

今年は、東京でも大雪が降り、本当に寒い日々でしたので、この暖かさは ほっとしてありがたく感じますし、春が近づいてきている感じもします。

しかし、春は花粉症の季節でもあるので、少し憂鬱な気分にもなります。

昨年に比べて、花粉の量は半分と言われますが、それでも確実に花粉は飛んでいるようで、ここ数日は、明け方から鼻がズルズル、日中は目の痒みにも悩まされています。

生徒さんの中にも花粉症の方がいますが、昨年よりも症状が重いという生徒さんもいますので、体質によって感じ方は違うようです。

マスクをしてピアノのレッスンをすることもありますが、生徒さんもマスク姿で、「お互いに辛いですね~」と話しています。他の方が見たら、少し不思議な風景に写るかも知れません。

ピアノ教室にとって春は、新しい生徒さんを募集する季節でもあります。

そんな中、少し前ですが、1歳児を対象とした体験レッスンを見学してみました。

この日は大雪が降り、かなりの悪天候でしたので、グループレッスンですが2人参加という少人数でした。

ようやく立つ事が出来るようになって、あちこち歩き回るお子様のレッスンが、どのようなものなのか とても興味深く拝見しました。

体験レッスンなので、通常よりも若干短めですが、歌やリズム、鑑賞などがあり、なかなか盛りだくさんの内容でした。

色合いのきれいな絵本のような楽譜を見ながら、歌を歌ったり、お母さんのひざに座って音楽に合わせて体を動かしたり、毛糸やグロッケンなどの楽器を使っていました。

本当に小さいお子様なので、先生のお話や指示通りにはなかなか動かず、歩き回ってしまうこともありますが、それでも先生が笑顔で受け止めていらしたのが とても印象的でした。

1歳で音楽のレッスンというのは、あまり想像がつかないかもしれません。しかし、まだ楽器の演奏は難しくても、音楽を聴く姿勢や興味を育てていくのに、早すぎるということは無いようです。

先生がピアノを弾き始めますと、クラシックのピアノ曲で、しかも静かな感じの曲にも関わらず、お子様2人共が静かに聴いていたのには驚きました。

「環境が人を育てる」という言葉がありますが、音楽が常に身近に流れていて、家族で音楽に親しんでいる環境が、お子様のより良い刺激になり、音楽が好きになったり、音楽が趣味になり、そして音楽関係の職業に結びついていくのかもしれません。

特に、お子様をピアノ教室に通わせている場合、ピアノの上達や練習ぶりばかりに目が向きがちですが、一緒に音楽を鑑賞して楽しむ時間も取り入れますと、より良い音楽環境に繋がるように思います。

そんなことを感じたひと時でした。

お子様をピアノ教室に通わせる:何歳からピアノを始めるべきか

スポンサード リンク



(この記事は、第142号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ヤマハのお子様向けコンサートのお話です。

日本で音楽教室の知名度ナンバー1のヤマハは、全国にたくさんの教室があり、近年では海外にも教室を展開しています。

毎年春前には、よくテレビCMも流れていますので、ピアノや音楽をやっていない方でも名前はよくご存知でしょう。

以前は、お子様の習い事として認知されていたピアノですが、近年では、大人向けの音楽教室が開設されたり、よりハイレベルなレッスンを行い国際コンクールで優勝できるような若手ピアニストを育成するマスタークラスも開講されています。

先日、そんなヤマハのお子様向けのコンサートへ行ってみました。

全席自由席だったのですが、開場直後に行ってみますと、既に多くのお客さんがいらしていて、前方の席はかなり埋まっていました。

小さいお子様向けということもあり、より近くで見られる席が人気だったようです。

ロビーには、着ぐるみのキャラクターがいましたが、一緒に写真を撮るための行列ができていて、お母様が熱心にカメラやケータイで写真を撮っていました。

コンサートは2部構成になっていて、前半はエレクトーンとピアノのコンサートでした。

舞台のスクリーンには音符の絵が流れ、ミラーボールの光が会場中をグルグルと照らし、ディズニーメドレーの音楽と共に、華やかな演出がされていました。

お子様にもわかりやすい解説やトークを交えながら、ショパンの「子犬のワルツ」やモーツァルトの「トルコ行進曲」などクラシックのピアノの名曲を演奏したり、ヤマハのテレビCMで使われている歌のミニレッスンもありました。

単に歌を歌うだけでなく、フォルテとピアノをつけて、強弱も教えていました。

その他にも、エレクトーンの演奏や、ピアノとエレクトーンの演奏で「くるみ割り人形」が披露されました。

さまざまな楽器の音が出せるエレクトーンの魅力と、自分の指先でさまざまな音色を出せるピアノの魅力の両方が楽しめるコンサートでした。

30分の長さも、お子様にとってはちょうど良く、聴き易かったのではないかと思います。

後半は、「劇団飛行船」の人形劇で、「赤ずきんちゃん」が公演されました。

劇団飛行船は、お子様向けのミュージカルでは とても有名な劇団で、大きなマスクをかぶって行われます。

私もとても小さい頃に見に行ったことがあり、とても楽しかった事を覚えています。

その時は「オズの魔法使い」だったのですが、ブリキの人形の胸に扉がついていて、そこを開けると赤いハート型の心臓がドクドクと動き、取り出せるようになっていたことを鮮明に覚えています。

もう数十年も前のことですが、今でも本当につい先日見に行ったくらいの感覚です。

こうして、また同じ劇団の公演が見られるのは、嬉しいものです。

大きなマスクをかぶっていて、少しアニメっぽい顔立ちなので、お子様にもわかりやすいと思います。

体の動きも大きく、歌の部分でも歌詞がとても聞き取りやすく、わかりやすい内容というのも工夫されていると思います。

人を騙そうとしている悪いオオカミと、懲らしめようとする狩人との戦いのシーンでは、会場のお子様が次々と声援を送り、盛り上がっていました。

公演終了後には、会場のロビーに赤ずきんちゃんやオオカミなど出演したキャラクターがいたのですが、お子様に取り囲まれて大人気でした。

3月になり、春はコンサートがあちこちで開催されます。

小さい頃から、さまざまなコンサートで色々な楽器の音色を聴いたり、いろいろな形で音楽と触れ合うことは、その後の成長にきっとプラスになると思います。

少し探してみますと、未就学児でも参加できる公演はたくさんありますので、ご家族揃って楽しんでみるのも良いのではないかと思います。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ