音大崩壊


2022年8月7日


(この記事は、2022年7月11日に配信しました第351号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ちょっと驚くようなタイトルの本のお話です。

以前、上野学園という音楽大学が、2021年度から学生の募集を停止したというニュースが話題になりました。上野学園といえば、盲目のピアニスト、もはやそのような紹介も必要ない一流の人気ピアニストである辻井伸行さんが卒業された音楽大学です。その後、師匠でもある横山幸雄さんが教授になり、勢いがあると思っていましたので、「まさか!」と驚いたことを覚えています。

それからしばらくして、「音大崩壊」というインパクトの強いタイトルの本を知り、読んでみました。

「音大は何を間違えたのか?」という章では、音大の環境の素晴らしさや、音大生の定員割れの現象、そしてヤバい音大の見分け方などが書かれていました。

環境については、確かに都心にあったり、少し郊外でも駅から近く、敷地が広々としていたり大ホールを持っていたりと、一般の大学と比べますと、素晴らしい環境であることが多いように思います。また、一般大学が学生数を増やしているにも関わらず、音大は軒並み定員が減少しているという話は、私も以前から知っていましたので「やっぱりねえ」と思いながら読みました。

数十年前に私が音大生だった頃、ピアノ科は180人近く在籍していましたが、それからしばらくして、ピアノ科が50人になっているという話を聞きました。

本の中では、音大生は家が裕福であることが前提で、卒業後は数年ほど家事手伝いなどをして、結婚して家庭に入ることが一般的だったので、もともと企業就職が少なく、一般大学のように自立を促す方向で就職に力を入れて指導することがなかったと書かれていました。これには、確かに思い当たる節があります。

音大生だった当時、私も含めて一般のサラリーマン家庭の学生が多かったのですが、別荘を持っているとか、毎回違うスーツを着て通っているとか、夏休みは海外旅行へ行って、友人のお土産にシルクの服を買ってきたり、別荘に自分の馬を持っているとか、なかなか裕福そうな家庭の人がいたことは事実です。また、学校内でいわゆるリクルートスーツを着ている学生を見たことがほぼ無く、不思議に思っていました。私自身が就職活動を始めた頃も状況は同じで、相変わらず就職活動をしていそうな人を見ることは少なく、「卒業したらどうする?」と周りの知人や友人に聞きますと、「就職する」と答えた人はとても少なく、もう少し音楽の勉強をしたいという事で、大学院を目指していたり、留学を希望している人の方がはるかに多かった程です。

他の楽器などでは、オーケストラの団員募集もありましたが本当に少ないですし、声楽科は、二期会や藤原歌劇団などオペラの団体の募集がありましたが合格することが難しく、合格しても、その中で階級のようなものがあり、なかなか大変だなと感じていました。もっとも、ピアノ科はそのような演奏団体が無いので、そのような団体があるだけでも羨ましいよねと友人と話していましたが。

大学内で募集チラシなどはありましたが、音楽教室くらいしかなく、一般企業については募集の数自体がとても少なかったという印象です。以前から、音大を卒業したら音楽とは関係のない企業に就職したいと希望していた友人は、「どこの企業へ行っても、音大に行っているのに、なぜ音楽系ではない企業に就職したいの?と聞かれるから、困っちゃうんだよね」と少しげんなりした様子で話していました。

そのような事もあって、私自身が音大生であるにも関わらず、「自分にもし子供がいたら、音大には絶対行かせないよね。音大に入るまでに、レッスン代とかでお金がかかっているし、大学の授業料も高いし、就職も難しいから出世払いも見込めないしね」と冗談ではなく、かなり本気で話していたこともありました。

音大を卒業して、何をしているのかよくわからない人も多かったので、「就職率が実質5割以下のヤバい音大が多く存在する」という話には、「納得!」という感じです。

この本には、「ヤバい音大を見分ける3つのポイント」が書かれていますが、「夢をあきらめさせない教育方針」というカテゴリーは、「確かにそうだな」と思わずにはいられません。4年間先生から個人レッスンを受けますが、就職などについての話はなく、学年トップの成績だった先輩は、盛んに大学院進学を進められていましたし、他の楽器や声楽などの先生も同様で、進路などの話をしている様子はありませんでした。

大学院進学を希望している友人や先輩たちが多かったのですが、たとえ大学院をトップの成績で卒業しても、大学などで教えるポストは無いと言われていましたので、「大学院の卒業後はどうするのかな」と思ったものです。

留学した友人たちもいましたが、まずは現地の語学学校に入学し、その後音大を受験して通うというものです。本当は、そのまま現地で音楽の指導を希望していたそうですが、現地の人でも音楽系の就職は難しい状況で、先生から「日本へ帰って、就職先を探しなさい」と言われたという話も聞きました。

本の中では、音大の学長に「学生の演奏家になる夢を打ち砕くようなことを言わないでほしい」と言われたエピソードを紹介していて、「現実を見据える最後のチャンスなのに、社会人になってからでは手遅れで、無責任なのではないか。現実を見据えて、進路選択する指導が必要なのではないか」と書いてありました。

一般の企業への就職だけでなく、音楽関連のビジネスという道もあるのに、演奏の技術の教育ばかりで、音楽で自立して生活を送る方法のカリキュラムなども無いという指摘もあり、「確かにそうだったなあ」と頷いてしまいました。

音楽教室の講師などの仕事は募集していましたが、掲示板にチラシが張ってあるくらいで、相談窓口もあったのかどうか記憶にありません。自分で問い合わせて詳細を聞き、説明会へ行って試験を受けていましたので、私自身、就職については音大に相談したことは一回もありませんでした。

更に言うと、音楽教室でピアノ講師になるにしても、音大で演奏については個人レッスンを受けていましたが、指導法についての授業はなく、該当する学科もありませんでした。ピアノは弾けるけれど教えたこともなく、教え方も知らないという音大生が多かったのではないかと思います。

現在では、ピアノ指導の授業や学科がある音大もありますので、だいぶ進化していると思いますが、そもそも音大生が減っていて、だいぶ前から音楽教室の講師を希望する人も減っていると聞きますので、少子高齢化、人口減少などの影響も含め、日本の音楽業界全体がどうなっていくのか、先行きに不安を覚えます。

なんだか、お先真っ暗な感じですが、本の中には「音大生のスキルは日本を救う」「音大崩壊時代の5つの戦略」など音大復活に向けたいろいろな提案も書かれていて、未来への希望も感じました。また、習い事としてライバル関係にあるスポーツとの比較も書かれていて、興味深いお話がたくさんありました。

お教室の大人の生徒さんもさることながら、同業者の友人などにも、この本の内容について話してみたいと思いました。

スポンサード リンク



(この記事は、2022年6月27日に配信しました第350号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、梅雨の時期のピアノ教室の様子です。

今年は梅雨入りがいつものパターンでなかったり、時期も例年とずれていたり、そうかと思えば真夏日もたくさんあり、既に梅雨明けかとも思えるような天候ですね。

小学生の生徒さん方は、学校のプールの授業も始まり、ぐったりした様子でピアノ教室に来られる生徒さんも少なくありません。それでも、レッスンが始まれば、いつものように元気いっぱい楽しそうに弾くのですから、気持ちの切り替えと体力には脱帽という感じです。お子様の発表会も終わりましたので、気が楽になっていることもあるのかもしれません。

発表会後には、本番で弾いた曲の楽譜を持ってきてもらい、大きな花丸と発表会の日時を書き、「本番までよく頑張ったね」という言葉と共に、生徒さんそれぞれに、発表会でステキに弾けたところを必ずお伝えしています。普段のレッスンでは、仕上がったらその場で花丸を書きますが、発表会で弾く曲については、本番の演奏で終了になるため、その場で花丸を書くことができません。たかが丸1つと思われるかもしれませんが、本番弾いて終わったというけじめを付けるためにも、大切にしています。また、発表会の会場などで声を掛けてはいますが、改めて本番までの過程の努力を称えて、本番での演奏の素晴らしかったところをお伝えすることで、更に今後も自信を持ってピアノを弾いてもらえたら嬉しいなあとも思っています。

発表会本番が終わって、ほっとされている生徒さんがいる一方で、これからピアノを弾いてみようという生徒さん方もいらっしゃいます。少し前ですが、小学校低学年の男の子が入会されました。学校のピアニカの演奏でピアノに興味を持ったそうで、習ってみたいとの事です。学校の音楽の授業で、音名などは知っていましたが、ピアノは初めてなので、最初からいろいろと確認しながら教材を進めています。最初の頃は、連弾で伴奏に合わせて弾くような曲も多かったのですが、伴奏につられることもなく弾いていて、順調に進んでいると思います。

ご自宅にはまだピアノが無いようですが、近所にお祖父さんお祖母さんの家があり、頻繁に通って練習をしているそうで、だいぶ張り切って練習している様子が伺えます。レッスンにも、だんだんと慣れてきたようで、宿題に出していた曲の楽譜を広げると「ああ~、これね。結構弾ける。弾ける!」と自信満々に答えていて、最初はちょっと緊張したのか、少し惜しいところがありましたが、2回目は本来の調子で弾けて、あっという間に曲も仕上がり、「これも弾ける~」と宿題の曲の1、2曲先までも練習をしてきていました。

ソルフェージュに関しても、「これは、前にレッスンで少しお話はしているんだけれど、なんだったかな?ちょっと難しいから、覚えていたらこれは凄いよねー」と声を掛けますと、「凄い」という言葉に反応して、「えっ?そうなの?答えられたら凄いの?」と競争心に火を付けられたような表情でこちらを見ていました。私も、「〇くんって、こういうことに燃えるタイプなんだね~。そうそう、これは、ちらっとしか話をしていないし、絶対に今度までに覚えてねとは話していないし。だから、覚えていたら凄いのよね」とお話をして、ちょっと盛り上がった雰囲気でレッスンを進めることができました。

レッスンには、基本的にお母様が送り迎えをされていますが、生徒さんを連れて教室に来られ、レッスンの合間に妹さんを保育園に迎えに行って、レッスン終了後には3人で帰られています。お母様もフルタイムでお仕事をされながら、時間のやりくりをしてピアノ教室にお子様を通わせているので、凄いなあと思っています。

幼稚園入園前の生徒さんは、チャレンジレッスンという3回レッスンを受けに通われています。1回目のレッスンでは、「ここは、どこ?」とかなり警戒心を持っていて、なかなかレッスン室にも入りたがらない様子でした。小さい生徒さんの場合には、割とよくあることなので、ロビーでレッスンを始めて、「あっ、これを書くには、ちょっとここだと書きにくいね。ここに机があるから、使ってみましょうね」と、さりげなくレッスン室に誘導して、気が付けばレッスン室の中が当たり前という状況にしていきました。

まだ、ピアノ自体には、大きな興味がなさそうでしたが、偶然にもクレヨンが、ご自宅で普段使い慣れているクレヨンと同じ銘柄だったようで、そこからクレヨンを使用してソルフェージュを進めていきました。指番号についても、「これは、1番、これは2番…」と手をなぞりながらお話をしますと、「違う」と言うので、「あれっ?違うの?そうなのね。この指はなんだろうね」と聞いてみましたが、1回目のレッスンではそれ以上はお答えがない状況でした。しかし、2回目のレッスンでは、やはり私が指番号を話しますと、「違う!」と何回も言い始め、「じゃあ、これはなんという名前なんだろうね」と聞こうとした瞬間に、「だって、お母さんだもん」と、すかさずお答えをしてくれました。人差し指をお母さん指と、しっかりと認識していたのですね。レッスンにも少しずつ慣れてくれたようで、最初は抵抗感のあったレッスン室にも、自分から入ってきてくれていました。

音の名前のレッスンでは、一緒に音の絵を好きな色で塗り、シールを作って楽譜に貼り、完成させてみましたが、今回は色塗りよりも、音の絵のシールを貼っていくところに興味を持ったようで、とても小さな手で、器用にシールを剥がしてきれいに貼り付けていました。なかなか指先も器用なようです。楽譜に貼るところでも、正しい場所と、貼ってはいけない場所を混ぜてあるのですが、正しい場所を見つけて貼っている様子も伺えて、少しずつ成長している感じがします。

また、初回からピアノ連弾も行っていますが、1回目は様子をちょっと見ているくらいで終わっていましたが、2回目のレッスンでは自分からピアノを弾き始めることもあり、鍵盤を弾いてきれいな高音が出た瞬間に、ハッとした表情をしていました。次回で最後のレッスンとなりますが、このピアノの音との出会いをきっかけに、ますます音楽の世界が広がって楽しめるようになると良いなあと思っています。

大人の生徒さんも、先日入会されました。体験レッスンの時から、憧れの1曲があり、弾けるようになりたいという強い情熱をお持ちの方です。原曲もピアノ曲なのですが、両手共に16分音符をひたすら合わせて弾いていくような曲のため、なかなか初めての方にはハードルが高いかなと思っていました。そのような場合、アレンジの楽譜を用意しますが、なかなか適切なレベルのものが無かったり、簡単に弾く事のみを考慮したアレンジで、原曲とかけ離れすぎていることも珍しくありません。今回は、特に憧れの曲で、よくご存じの曲という事で、なるべく原曲の雰囲気を変えずに、でも弾きやすくするためにアレンジをしました。体験レッスンでは、「どのくらいの期間で、弾けるようになるのか」「そのために、どのくらい練習をすればよいか」など、なかなか踏み込んだご質問をされていて、熱心だなあと思ったものです。

ピアノは、技術の習得が予定通りに積み上がっていくとは限らず、例えば片手で弾く場合でも、利き手と反対の手になった瞬間、結構苦戦される方もいれば、両手で比較的すんなり出来てしまう方もいます。そのため、弾けるようになるおおよその目安はお話しましたが、かなり幅があることもお話しますと、「結構時間がかかるのですね」と若干曇った表情をされていて、帰り際に「入会についてはちょっと考えます」とお話されて帰っていきました。

それから数週間が経ち、残念ながらご縁が無かったのかと思っていましたが、突然ご連絡を頂き、入会されることになりました。楽器もご用意されたそうで、いよいよピアノをやってみようと決断されたようです。

練習曲で基本的な指のテクニックを練習しつつ、憧れの曲も、もちろん練習をしています。練習にも励んでいるようで、体験レッスンで弾き始めたところから、これまでレッスンしてきたところまで、かなりすらすらと弾ける状態になっていました。「凄いですね~。ここまでバッチリです!」とお話をしますと、ちょっと緊張ぎみの表情がほどけてきて、笑顔まで見られるようになりました。まだまだ曲の続きがありますし、両手になると少し大変になるかもしれませんが、焦らずにコツコツと弾いていただけたらなあと思っています。

生徒さん方が、それぞれご自分のペースでピアノが楽しめるように、より良いレッスンを展開していきたいと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、2022年6月13日に配信しました第349号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様の発表会のお話です。

6月に入り、梅雨の季節となりました。暑い日もあれば翌日はだいぶ涼しかったり、体調管理が少々難しい日々ですので、生徒さん方と「何を着てよいやら悩ましいですね」などと話しています。

毎年6、7月に開催しているお子様の発表会が、先日行われました。想定していたより1ヵ月程早い日程になりましたので、直前までバタバタしていました。

だいぶコロナは落ち着いてきましたが、まだ安心とまでは言えない状況なので、人数制限をして、集合写真や講師演奏は無しの短時間でコンパクトな発表会となりました。密を避けるために、集合時間をきっちりとは決めず、おおよその目安の時間をお伝えしましたので、早めにいらした方もいれば、あえてゆっくり目にいらした方もいました。生徒さんやご家族の方も、配慮していただいたようで、ありがたく思っています。

事前に、一緒に発表会を行う先生方と打ち合わせを行い、欠席者の確認、連弾の配置、アナウンスの担当や内容、生徒さんの名前の呼び方の確認、録音や休憩時間の確認などを行いました。

ホールに到着された生徒に、マスク着用の有無やおじぎの位置をお伝えし、最後の激励をして回りましたが、もう何度も発表会などに出演されていることもあり、緊張し過ぎて青ざめているような生徒さんはおらず、むしろ楽しみという様子さえ感じられました。

小さいご兄弟のいる生徒さんのお父様からは、下の子が演奏の妨げにならないようにというご配慮からか、「お兄ちゃんの演奏が始まる直前でホールに入り、終わったら直ぐホールを出ますので…」というお申し出があり、もちろん快くお返事をしました。いつもレッスンに一緒に来ていますし、時には拍手をすることもあるので、出演するお兄ちゃんにとっても心強いのではないかと思いました。

全員が揃ったところで、予定通り開演しました。最初に登場した生徒さんは、入会してまだ間もないそうで、先生との連弾で演奏しました。小学生ではありますが初めてという事もあり、舞台の登場やお辞儀などで少々戸惑っていましたが、一緒に連弾をする先生に促され、なんとか無事に進めていました。

小学2年生の生徒さんは、初めてベートーヴェンの曲を弾く事になりました。いつも元気のよい生徒さんですし、まだ低学年という事もあり、どちらかというとウキウキと楽しい軽快な曲を選ぶのかと思っていましたが、蓋を開けてみたら、緩やかなテンポの少し大人っぽい作品を選んだのでビックリしました。当初1楽章のみと思っていましたが、ご本人の希望もあり全楽章弾く事になりました。普段からコツを掴むことに長けている事や、古典派の作品という事もあって、フレーズの作り方などを見ていきながら練習を始めますと、あっという間に弾けるようになりました。当日は、特に緊張することもなかったのか、普段と何ら変わりなく堂々と弾いていて、「凄いなぁ」とすっかり感心してしまいました。

いつもニコニコしている小学3年生の生徒さんは、生徒さんの雰囲気にもピッタリな可愛らしい曲を選びました。少し速めのテンポ感の曲なのですが、後半あたりから音楽の速さに乗り過ぎてしまうのか、段々と早くなってしまうところが少し心配な点でした。しかし、本番まで残り数回というレッスンでは、段々とテンポに安定感が出てきて、「この曲は、もう大丈夫だね。もう1曲弾いてみない?」という事で、急遽1曲追加することになり、左手の伴奏、右手のメロディー、曲のアナリーゼなど、次々と練習をこなしていました。そして、気が付けば暗譜で一気に弾けるようになりました。発表会本番でも、急遽追加した曲も以前から練習していた曲と同じように、落ち着いた安定感のある演奏をしていて、びっくりしました。

小さい弟さんが応援に駆けつけてくれた生徒さんは、大好きなアニメの曲を演奏しました。いろいろと楽譜を探しましたが、どれも前奏がないアレンジになっていて、少々気落ちしていたのですが、私が原曲を聴いて、楽譜のアレンジの難易度に合わせた前奏を楽譜に書き、お渡ししたところ、とても気に入ってくれたようで、ますます張り切って練習をしていました。歌の曲なので、ご自宅の練習でも歌いながらご機嫌な様子でピアノを弾いていたそうです。本番では、さすがに歌いながらとはいきませんが、音楽の良い流れで弾いていました。弟さんも、きっとお兄ちゃんの晴れ姿にくぎ付けだったのではないかと思います。

生徒さんに曲をご紹介する時から、「きっとこの曲を選ぶだろうなあ」と思っていたら、案の定その曲を選んだという生徒さんは、本当に曲が気に入ったようで、練習を始めた当初からとても楽しそうに笑顔で弾いていました。レッスンでは、左右の手で交互に華やかに弾いていくところで、ついテンポが速くなってしまい、「あああ~」と言いながら弾いていましたが、本番ではいつもの速さできちんと弾けていました。いよいよ最後の大きな場面に入るところで、違う場面を弾きかけてしまい、かなり心配しましたが、あっと小さくつぶやいて、何事もなかったかのようにスッと続きのフレーズを弾き始めたので、ホッとしましたし、むしろ冷静な対応ぶりにすっかり感心しました。少し間違えやすいところなのですが、レッスンでは1回もそのような間違いをしていませんでした。時々、このように「練習では1回も間違えなかったのに~」というミスが起こることがあり、本番の怖さでもあるのですが、今後の糧にしていきたいものです。

全ての演奏が終わり、発表会が無事に終わってから、生徒さんに「今日まで本当によく頑張ったね~」とねぎらいの言葉をかけて回りました。普段とあまり変わらない様子の生徒さんもいれば、ある種の達成感を持っている生徒さん、ちょっと悔しい様子の生徒さんもいて、いろいろな感想があるようでしたが、生徒さん方のご家族の皆様は一様にほっとされているご様子でした。

思ったよりも準備期間が短かった今年の発表会ではありましたが、全力で本番に臨み力を出し切った生徒さん方に、心から拍手を送りたいと思います。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ