(この記事は、第285号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、大人の生徒さんの発表会のお話です。

大人の方の発表会については、以前、子供の頃もレッスンに通われていたなどレッスン歴が長い方を対象とした発表会について、お話しました。以下の記事です。

レッスン歴が長い方を対象とした大人のピアノ発表会

今回は、主に大人になってからピアノを始められた方を対象とした発表会のお話です。

大人の生徒さんの場合、発表会は任意参加で、参加しないという選択肢もありますが、参加者は年々増え続けています。退職されてからピアノを始めた方も多いわけですが、何歳になっても積極的に学ぼうとする姿勢には、本当に頭が下がります。

今回の発表会は、ピアノとヴァイオリンの先生との合同発表会でした。

会場は、初めて使用するサロンで、今年になってリニューアルされたようです。以前は、だいぶ古く雑多な感じで、全体的に少し暗い印象でしたが、きれいに内装が施されて、明るく華やかな雰囲気に変わっていて驚きました。舞台上の大きな黒いグランドピアノと、秋らしい黄色やオレンジの花々が、より美しく見えました。

先生方は、開場前に集まり、司会者の紹介や欠席連絡の確認、発表会全体のタイムスケジュールの確認、各出演者の譜面台使用の有無など、打ち合わせを行いました。

通常、発表会は、事前のリハーサルがなく、いきなり本番になるわけですが、今回は、すぐ近くにレッスン室があったので、直前の練習が少しできるようになっていました。出演された生徒さんにとっては、ラッキーだったのではないかと思います。

開場しますと、出演される生徒さんが、続々と入ってきました。

お子様の発表会ですと、ご両親や祖父母の方もいらっしゃるので、かなりの人数となり、あっという間に満席になるのですが、大人の生徒さんは、あまり周りに声をかけないようで、ご家族だけだったり、場合によっては、ご自分一人だけで参加される方も珍しくありません。それでも今回は、7割くらいの座席は埋まったように見えました。

プログラムの前半は、ピアノの生徒さん、後半はヴァイオリンの生徒さんの発表になっていました。

1番最初に演奏された生徒さんは、初めて発表会に参加されたそうで、先生との連弾でした。かなり緊張した様子で、音符の長さが短くなってしまったり、まだ序盤部分の演奏だったのに、コーダ部分に進んでしまいそうになったり、聴いていて、かなりハラハラドキドキしましたが、伴奏部分を弾いていた先生が巧みに合わせて、修正されていたので、何とか最後まで弾ききっていました。

緊張しすぎて、もしかしたら頭が真っ白になってしまったのかもしれませんが、乗り越えて最後まで弾いたという事は、今後大きな自信になるのではないかと思います。

私の生徒さんでも、今年入会された生徒さんが、初めてこの大人の発表会に参加されました。ただ、この生徒さんは小さい頃にピアノを習ったことがあり、なおかつ、小さい頃にピアノ発表会で弾いた曲を弾きます。当時は、大人っぽい曲に感じてあまり好きではなく、本番でも上手に弾けなかったそうで、リベンジを果たすことになりました。

レッスンの時は、おおよそ弾けていましたが、細かい部分での弾き方やニュアンスのつけ方、ペダルの踏み方について修正してきました。お仕事をされていて、なかなか思うような練習時間が取れなかった時期もありましたが、ようやく本番を迎えることができました。

本番では、やはり緊張されたようで、冒頭部分で左手を間違えてしまい、ちょっと調子が狂ってしまいました。レッスンでは、1回も間違えたことがない部分でしたので、動揺されたようですが、その後はかなりスムーズに弾くことができて、安心しました。ところどころ、惜しい部分はありましたが、それは今後の課題として繋げていきたいと思います。

もう20年くらいピアノ教室に通われているベテランの生徒さんも、出演しました。この方は、ほぼ毎年参加されています。

今年は、誰もが知っている古典の作品を演奏するので、プレッシャーはあったかもしれませんが、何回も本番を経験していますので、緊張しても最小限度のミスで済ませ、あまり気にせずにどんどん先を弾くことができていて、さすがだなあと思いました。

この生徒さんは、実は、先程のリベンジを果たした生徒さんを、ピアノ教室に紹介してくださった方で、同じ会社に勤務されています。

発表会の話になったときに、「発表会は、自分が楽しめばいいんだよ。自分は、発表会で弾くために、ピアノをやっていると言っても過言ではない」という話をされたそうです。レッスンでも、発表会で弾くことの楽しさを盛んに話されていて、凄いなあと改めて思いました。

自分のことを思い返しても、発表会などで弾く時には、「緊張する」とか、「どうしよう」とか、「開き直るしかない」などと、どちらかというとネガティブなことを思ってしまうので、生徒さんの前向きな姿勢に、見習わなくてはという気がしました。

ヴァイオリンの生徒さんも、多少の緊張はしていたようですが、無事に演奏を終えていました。

ピアノの生徒さんも、ヴァイオリンの生徒さんも、他の楽器の演奏を聴く機会は、あまり多くないと思いますし、ご自分と同じような年代や、もっと上の年代の方々が、他の楽器でもレッスンを受けて楽しまれているという事を知る、良い機会になったのではないかと思います。

発表会が無事に終演し、参加された生徒さん方に声を掛けますと、やはり開口一番に「緊張したー」という感想が多かったです。間違えたとか、失敗したという事をお話されつつも、大舞台を終えた安堵感でいっぱいの晴れやかな表情をされている方が多かったように思いました。

夏前から始まった生徒さん方の発表会が、この日をもってすべて終了しました。

大きなイベントを終えて私も一安心ですが、まだまだ年末までレッスンが予定されていますので、最後まで気を引き締めて行いたいと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、第284号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、クラシック音楽を題材にした映画のお話です。

日ごとに寒さが増してきました。本格的な秋の到来を感じる今日この頃です。

今年の秋は、先日お話した「蜜蜂と遠雷」という映画の他に、「パリに見いだされたピアニスト」という映画も上映されています。こちらの映画も見てきました。

「パリに見いだされたピアニスト」は、仲間と共に強盗を繰り返すマシューという少年が、国際コンクールで演奏するまでの心の成長や葛藤、周りの人々や家族との交流を描いたものです。

いわゆる不良少年で、何度も補導されているわけですが、そんなマシューの意外な一面が、ピアノを弾くことが好きな事でした。

日本でも、街中に自由に弾けるピアノを置くイベントが開かれていましたが、マシューが、パリ北駅に置かれているフリーピアノを見かけ、バッハの平均律を演奏するシーンから映画は始まります。これがまた、ちょっと弾けるというレベルではなく、とても上手なのです。

駅にいる人々は、全く気にかけていない様子ですが、その中に一人だけ、演奏に心を奪われ、釘付けになっている男性がいました。パリ音楽院のディレクターをしているピエールです。

ピエールは、マシューの才能を見抜き、なんとかパリ音楽院でレッスンを受けさせるべく、懸命に勧誘するのですが、当の本人は全く乗り気ではなく、立ち去ってしまいます。

マシューは、自分の演奏を凄いと言ってくれるピエールのことなどお構いなしに、また仲間と強盗をするために邸宅に忍び込むのですが、その家に置かれているグランドピアノに惹かれ、気持ちよく演奏する妄想に没頭してしまい、補導されてしまいます。

最終的に逮捕は免れますが、その代わりに社会奉仕活動をすることになり、ピエールの働きかけにより、パリ音楽院で掃除をすることになります。

マシューの才能に惹かれているピエールは、音楽院の中で「女伯爵」と呼ばれているエリザベスのレッスンを毎日受けるように指示し、レッスンを受けないと、社会奉仕活動の掃除の契約を破棄するというのです。半分脅しのような感じですが、それだけ本気で彼の才能を伸ばそうとするのです。

マシューは気が乗らないまま、エリザベスのレッスンを受けるのですが、音階練習など基礎的な練習をやらされて、うんざりしてしまい、1回目のレッスンが終わると直ぐにピエールのもとへ行き、さんざん文句を言うのです。

エリザベスも、マシューの才能こそ評価はしますが、それ以外については他の先生と同様に認めません。それでも、ピエールの情熱に押されて、レッスンは継続することになります。

レッスンに気が乗らないマシューと、反抗的なマシューにうんざりしているエリザベスでしたが、2人を結びつけるピエールの努力もあり、段々とレッスンは進んでいきます。

ピエールは、マシューのさらなる向上を求めて、国際コンクールに唯一の学校代表として、マシューを半ば強引に自分の進退と引き換えに登録してしまいます。反対する学長とは、険悪な中になりますが、ピエールの情熱がとてもよく伝わってきます。

マシューは、「無理だ、出たくない」と言い張るのですが、恋人の応援もあり、エリザベスと共にコンクールを目指してレッスンに明け暮れるのです。

エリザベスが、マシューのレッスンに情熱を注ぐ中、マシューもエリザベスに尊敬の念を持ちようになり、お互いに信頼関係が生まれていきます。エリザベスは、昔自分が参加したコンクールの映像を見せて、感情を込めて弾かなかったために優勝を逃したことを話し、同じ過ちを犯さないようにと諭したり、演奏するうえで、いかに楽譜を正しく読んで、深く理解することが大切なのかを教えます。

ピエールは、白血病で亡くした息子の部屋を無償で貸し、学校では、ホールの舞台でレッスンができるように環境を整えます。

コンクールが近づくにつれて曲も仕上がり、マシューは心身ともに充実し、エリザベスとピエールは手ごたえを感じていきます。

しかし、終盤、唯一の学校代表のはずなのに、ライバルの学生もコンクールの課題曲を練習していることを知り、ピエールとの関係にひびが入り、恋人との関係もこじれ、マシューをよく思わないピエールの妻にさんざん嫌みを言われて部屋から飛び出し、昔の仲間の元へ戻りますが、元のさやには戻れず、次から次へと負の連鎖が始まります。

コンクールがもうすぐという状況で、レッスンを無断欠席する日々が続き、そして、コンクール当日には、一緒に暮らしていた弟が、事故で大けがをして生死をさまよいます。しかし、「弟のために、コンクールに出て」と母親に言われ、ピアノへの情熱を思い出し、コンクール会場へと急ぐのでした。不良仲間も、マシューを応援すべく、開場まで車を走らせて協力します。

コンクール開場では、ピエールとエリザベスが、マシューの到着を信じて待ち続けていました。

学長がマシューの代わりにコンクールに出そうとしていたライバルの学生が、会場入りしないマシューの代わりに舞台に上がった時、マシューが会場に到着し、なんとか演奏をできることになります。

ピエールとエリザベスが見守る中、そして、その傍らには、幼い頃ピアノを教えてくれていたジャック先生の気配も感じながら、これまでのいろいろな思いを胸に、マシューは演奏を始めます。

そして、演奏が終わると、エリザベスやピエール、恋人、マシューをよく思っていなかった学長やライバルの学生、会場の他の聴衆も、惜しみない拍手を送り会場中が感動に包まれるのでした。

荒削りの天才を発掘したときの驚きと喜びを忘れず、なんとか才能を開花させようと情熱を傾けるピエール、才能があるのにやる気も努力もしないマシューにうんざりしつつも、熱心にレッスンを行い、徐々にマシューと心を通わせていくエリザベス、周りからの叱咤激励に少しずつ心境を変化させ、自分を快く思わない人々に傷つけられながらも立ち直っていくマシューなど、いろいろな人間ドラマを描いた映画でした。

自分は、ここまで情熱を傾けてレッスンをしているだろうか、ここまで情熱を傾けて深くピアノと向き合っているだろうかと、自分を振り返る良い機会にもなりました。

スポンサード リンク



(この記事は、第283号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、私が受けているレッスンとピアノ・リサイタルのお話です。

普段は、ピアノ教室で生徒さんのレッスンを見させていただいていますが、定期的に学生時代の恩師のもとに、レッスンを受けに足を運んでいます。

学生の時は、弾きたい曲を弾くというよりも、定期試験の課題曲のような、弾かなければならない曲をこなしていく感じでしたが、社会人になりますと、コンクールに参加する際の課題曲を弾く以外は、自由に曲を選んで弾くことが圧倒的に多くなります。

学生時代と違って、自分で先生に連絡をして、日時を決めさせていただき、レッスン代をお支払いしてレッスンをお願いしていますから、自ずと積極性も増すものです。

また、年齢が上がるにつれて、自分に対して厳しい意見を言ってくれる人がいなくなりますから、レッスンで先生にいろいろとご指摘いただくことのありがたさも感じます。とは言っても、「あなたねえ…」と半ばあきれ気味に言われてしまう事がありますと、ありがたさというよりも、「しまった」と思いますが。

先日もレッスンに伺いましたが、その日は、新しい曲を初めてみていただきました。

自分では、後半はともかく、まずまず良い感触を持っていたのですが、いざレッスンが始まりますと、思ったようには弾けず、音読みが間違ってる箇所もあり、「今のは、絶対に音が違うと思うわよ」とか「あなた、この部分大丈夫なの?」と最後には心配までされてしまいました。

こうなりますと、冷や汗をかきつつ「すみません」と言うのが精一杯な感じですが、それでも最後まで、熱心に指番号や弾き方のアドバイスなどいろいろと教えていただきました。

学生時代と違う点は他にもあり、先生との距離感が変化しました。学生の時は、師匠と弟子の関係なので、レッスン以外のプライべートな話などはあまりしませんでしたが、今はレッスンの前後に、いろいろとお話しすることもあります。

先月レッスンに伺った際、次に弾く曲の話になり、2曲弾きたい曲があり迷っていたので相談しました。

先生は開口一番に、「こっちの方がいいわね。もう一つの方は、結構弾きにくいから」とおっしゃっていました。その時、ちょうどその迷っていた2曲両方を弾くリサイタルがあることを教えていただき、なんとチケットを先生からいただくことになりました。

リサイタルを行うピアニストは、先生の幼馴染で、小さい頃は同じ先生に習っていたのだそうです。まさか、先生から良い席のチケットをいただけるとは思わず、大変驚きました。

そして、先日そのリサイタルへ行ってきました。

この日は、天皇陛下の即位礼正殿の儀が行われる祝日で、リサイタルが行われるホールが、都内の大きなホテルのすぐ近くだったこともあり、警察官があちらこちらにいて、物々しい雰囲気でした。

ホール内は、木目の落ち着いた雰囲気ですが、天井には大きなシャンデリアがたくさん並んでいて、ゴージャスさもありました。天井がとても高いので、音もよく響きます。

座席は、舞台の中央に向かって囲むように並べられていて、ホールの端の席の人が、横を向くように座らないと舞台が見えにくくなる問題も避けられそうです。

リサイタルは、ショパンの作品を3つ並べたプログラムでしたが、ピアノのソロの合間に、チェロとピアノの曲を挟んでいるという、ちょっと珍しいプログラムになっていました。

このピアニストのリサイタルは初めてでしたし、練習を始めた曲と、迷っていた曲の両方を聴くことができました。チェロとピアノの曲も初めて聴く曲でしたので、とても楽しくまた勉強になるひと時でした。

後日、レッスンに伺った際に、このリサイタルの話になりました。「どの曲も30分はかかる大曲で、大抵のピアニストが、どちらかを選ぶことが多いなか、一度に両方弾くのは凄いですね」と話をしたところ、「だからね、私も(大変だから)やめた方がいいんじゃなの?って言ったのよ」などとお話されていました。

このリサイタルの前日にも、東北で異なるプログラムのリサイタルを行っていたそうで、台風の影響で移動に物凄く時間がかかり、リハーサルができなかった話なども聞きました。

幼馴染だからこそのお話で、大変興味深く、リサイタルだけでなく、その背後のお話も楽しませていただきました。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ