(この記事は、第176号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様のピアノ発表会の練習風景です。

7月に入り、毎年夏の恒例になっている発表会が間近に迫ってきました。

先月あたりから、レッスンのたびに壁にかかっているカレンダーを欠かさずチェックし、本番まで(レッスンが)あと何回と頭の中でカウントダウンしています。

今年は、かなり難しい曲にチャレンジしている生徒さんが何人もいるため、自宅での練習がはかどっているのか、とても気になっています。

お子様の場合、練習しているうちに、意識しなくても、ある程度曲を覚えてしまう事が多々ありますので、大人ほど暗譜で苦労する人は少ないように感じます。

ただ、気が付いたら暗譜が出来ていたというのは、肝心の本番でわからなくなる恐れもあるので、頭でも曲を理解して、意識して覚えていくことも必要なのです。

かなり難しい曲を練習する場合、なんとなく弾けてはいても、細かく楽譜を見てみると例えばスタッカートが1つ足りないとか、スラーの部分が短くなっている等、きちんとは弾けていないことがあるものです。

また、いつもどこかで間違えてしまい、成功したことが殆どないということも起こります。

つい、「よく楽譜を見て弾いてね」と言ってしまいがちですが、これでは注意をしているつもりでも、それほど伝わっていないことが多い気がしています。

そのため、今年は特に意識して、とにかく完璧に出来るまで、何回もしつこく部分練習をすることを徹底しています。

頭では分かっていても、いざ実行することは、思っている以上に難しいことですし、それ以前に頭でしっかりと把握できていない状態では、美しい音楽を生み出せないと思っています。

レッスン中に、急に楽譜を閉じて、「このフレーズに出てくる○の音は、何番の指で弾くのかな?」「○の音の強さは、何だったかしら?」というような質問もしてみます。

しっかりと覚えていないと答えられないような質問ですし、鍵盤の蓋も閉めてしまうので、鍵盤で指を動かして答えを導き出すこともできません。頼りにできるのは、自分の頭の中だけです。

この状態で即答できていますと、しっかりと暗譜はできていますので、あとは自信を付けるだけでよいですし、答えに時間がかかったり、答えが間違っている場合には、しっかり理解できるように、一緒に楽譜を見て答えをチェックしていきます。

また、「いつも、このフレーズがきれいに弾けていない」という場合には、とにかくレッスン中に1回成功するまでは、ずっと部分練習をしていきます。

1つの音もミスすることなく弾くという、テクニックの練習は、かなり根気がいる練習です。

生徒さんの様子を見ていても、しばらくは熱心に練習し、そしてだんだんと飽き始め、1か所だけのミスが 2か所になり、3か所になりと、ぐずぐずの状態になることもあります。

顔にも、飽き飽きした表情が浮かびますし、ため息をつきながら、まさに嫌々ながら練習しているようなことにもなります。

場合によっては、少し休憩しながら、それでも完璧に1回弾けるまでは、一切の妥協もせず、こちらも、忍の一文字で見守っています。

そうしますと、だんだんと練習している生徒さんの集中力が高まり、どんどん良い状態になってきて、「あ~、惜しかったっ!」というところまで進んできます。

そこからまた少し時間がかかり、そして、ようやく1回完璧に弾けて、「出来た~!やったね!」となるわけです。

生徒さんもとても嬉しそうですし、喜んでいる生徒さんを見るのも、また嬉しいものです。

練習の始めには、「ここの指に気を付けて」等と伝えますが、あとは、生徒さん本人に任せて、こちらはひたすら見守るのみというのが、実は大きなポイントだと思っています。

こうして黙々と練習をして、とても苦労して、100%自分の力だけで弾けるようになりますと、その後の定着率もとても良い気がしますし、なにより「私はやれば出来る」という大きな自信にも繋がるのではないか思います。

「今日は少ししかピアノが弾けない」というお忙しい時こそ、この練習をしてみるのもよいかと思います。

スポンサード リンク



(この記事は、第175号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、今回は、大人の生徒さんのピアノレッスン復帰のお話です。

ゴールデンウィークのある日、ピアノ教室の事務所から電話がありました。

「先生、○○さんって覚えていらっしゃいますか?」

「えっ?」

だいぶ前に休会された生徒さんのお名前でしたので、とてもビックリしました。

「ええ。あ~、懐かしいですね。年賀状のやり取りはしているのですが… あの方は今頃、どうなさっているのかしら。」

「連絡がありましてね、来月から復帰されたいそうです。」

「ええ~っ!!」

思いもかけない内容の電話に、本当にビックリしました。

その後、メール連絡でレッスンの日時を決め、当日を迎えました。

この生徒さんは、一番最後の時間帯のレッスンなので、夜にいらっしゃるのですが、朝からなんとなくそわそわと落ち着かない気分になっていました。

そしてレッスンの時間が来ました。4年ぶりに生徒さんと再会です。

「いや~、あ~、先生もお変わりなく…」と、ほとんど変わらない風貌と満面の笑顔で再会を喜び合いました。

この生徒さんは、私がピアノ教室でレッスンを始めた時からの生徒さんで、これまでも、勤めておられる会社で部署が変わった時など多忙のため休会されたことがありましたが、その時も、数年後に復帰されていました。

今回は勤務地も変わり、とにかく激務ということで休会されましたので、復帰は難しいのかなと思っていました。

そのため、「まさか!」というくらい驚きの再会になりました。

「自分は田舎育ちだから、今の勤務場所が都会でおしゃれな街でしょ。もう、クラクラしちゃって。慣れないもんだね。」とおっしゃっていました。

「まだ忙しいことには変わらないんだけどね。だから、ずっとピアノの蓋も開けていなかったんだけど…。

でも、ようやく、ピアノをまたやってみようという気持ちの余裕が、ほんの少しだけど持てるようになって。そう思えるようになったのが、自分でも嬉しくてね。

いや~、でも、こうしてピアノの前にまた座れるとは。やっぱりいいねえ。ずっとやりたかったんだよね。」

お話をされている顔も、ピアノがまた弾けるという嬉しさでいっぱいの和やかな表情でした。

「本当にピアノがお好きなのだなあ」と思い、再会の喜びとともに、どんなに離れていてもピアノが好きというお気持ちに、とても感動しました。

そして、休会されていた4年間のお話に花が咲き、気が付けば、この日は、あっという間に時間が経ってしまいました。

後日レッスンが始まり、まずは、以前弾かれていた好きな曲を、もう一度弾けるようになりたいとの事で、楽譜をお持ちになりましたが、その楽譜を見て、またビックリしました。

それは、以前練習していたとき、苦労して弾いていた曲だったのです。

和音がとても多い作品で、例えば、3から5番の指にメロディーの音は動き、しかしその時、1番の指は伸ばしたままというような、一緒に弾く音の長さが異なるので、譜読みも大変ですし、正確に弾くことが、なかなか難しい曲なのです。

もちろん、その時は、最終的に弾けるようになったのですが、まさかそのような曲を、また選ぶとは思わなかったので驚きました。

今は、少しづつ思い出しながら、練習をしているところです。

長年ピアノのレッスンをしていて、嬉しく思う瞬間でした。

スポンサード リンク



(この記事は、第174号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ショパンコンクールについてです。

今年2015年は、5年ごとに行われるショパンコンクールの年です。

ショパンコンクールは、世界最高峰のピアノコンクールで、これまでに内田光子さんや横山幸雄さんなど、日本人ピアニストの入賞者も数多く出ています。

ピアノ部門だけの開催で、しかもショパンの作品に特化したコンクールですが、ピアノと言えばショパンをすぐに思い浮かべる方も多いでしょうし、いつかはショパンの作品を弾いてみたいと憧れをお持ちの方も多いと思います。

また、ピアノを弾いたことがない方でも、太田胃酸のテレビCMの音楽(※1)はお馴染みですし、子犬のワルツや英雄ポロネーズ、幻想即興曲などの音楽はよく知られていると思います。知名度もバツグンの音楽家ですね。

ピアノの生徒さんでも、ショパンがお好きな方は多いわけですが、なぜこれほどまでにショパンが好きな日本人が多いのでしょうか。

満開になった途端に、はらはらと、あっという間に散ってしまう桜のはかなさを美とする日本人の感性が、病と闘いながら、繊細で哀愁漂う美しい音楽を次々と生み出したショパンの生涯と、どこか通じるものがあるのかもしれません。

秋に行われるショパンコンクールで、どのようなショパンの音楽と出会えるのか、また、未来の大巨匠が現れるのか、史上初の日本人ピアニストの優勝者が出るのか、今からとても楽しみですね。

今年の秋以降は、このショパンコンクールの話題一色になりそうです。

2010年の時のショパンコンクールの模様は、以下のブログに書いています。

世界最高峰のショパンコンクール・日本人の成績は?
ショパンコンクールは、ちょっと特殊なピアノコンクール
ショパンコンクール・第3次予選から本選へ
ショパンコンクールに参加したピアニストとそのエピソード
2010年ショパンコンクールをネットで楽しむ
ショパンコンクール・チャイコフスキーコンクール歴代優勝者の音楽CD

(※1) 太田胃酸のテレビCMの音楽は、ピアノのしらべ:ショパン作曲 24の前奏曲作品28より第7番のページで聴くことができます。

スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ