(この記事は、第189号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回は、お子様のコンクールに向けた練習のお話です。

お子様がピアノを習っていますと、定期的に発表会があります。発表会は、音楽教室によって、年に1回の場合もあれば、数年に1回の場合もあります。

広い会場で、聴衆を前にピアノの演奏をしますので、いつも以上に練習して準備しなければなりませんし、普段と違う環境で、いかに自分の力を発揮できるかという自分との戦いも克服しなければなりません。

発表会は、大きな経験となり、成長するための貴重な体験にもなりますが、発表会以外でも人前で弾く経験をすることが出来ます。

その1つが、コンクールです。

現在、レッスンにいらしている一人のお子様の生徒さんが、コンクールに向けた練習をしています。本番まで1か月を切り、刻々と本番が近付いています。

コンクールを受けるときは、生徒さんからお話が出てくるよりも、こちらから「コンクールにチャレンジしてみませんか」とお話することの方が多い気がします。今回チャレンジする生徒さんもそうでした。

コンクールは、演奏に合否や順位が付きますので、そう気軽に参加するものではないと思っています。

他の方と比較されるわけですし、自分が良いと思っても評価が異なる事もあります。(もちろん、その逆もありますが)

普段以上のプレッシャーもかかるので、メンタル的に耐えて克服することもなかなか大変ですし、練習もたくさんするので、特にお子様の場合、ご家族のサポートが重要になってきます。

そして、厳しい事に、その努力が報われるとは限らないのです。

そのような事を踏まえて、覚悟を決めてチャレンジすることが大切です。

この生徒さんは、レッスンの回数も、1回あたりのレッスン時間も増やして頑張っている様子でした。

しかし、最近、そこまで目立った成長がないので、少し疑問に思い、話をしながらその要因を探ってみました。

すると、単純に練習時間が少ないのです。そして、驚いたことに、学校が休みの週末は、更に練習時間が減っている事もわかりました。

しかし、それ以上に改善が必要と思ったことは、生徒さんが話している時の様子で、普段と変わりなく、かわいらしい笑顔で話していて、危機感がなく、事の重大さに気付いていないことでした。

そこで、他者との比較はあまり好ましくないのですが、「コンクールに出る人は、上手な人が多くて、みんな、ものすごく練習してとっても頑張っているのよ」と、少しメンタル的にプレッシャーをかけてみました。

また、練習を始める時間や長さなどを具体的に決めて、紙に書いてくることを宿題にしました。

元々、コツコツと物事を進めるタイプなので、その後は計画通りきちんと実行しているようで、お正月明けのレッスンでは、「休みの間どうしてた?」と聞くと、「練習しました!」と元気よく話していました。

以前は、演奏について聞いてみても、「わからない」という答えがとても多かったのですが、「できた」「できなかった」という答えが即答できるまでになり、自分の演奏を客観的に聴いて、判別して、自分の言葉で発言できるようになってきました。

曲想などについても、これまでは「???」という表情をしていましたが、イメージを膨らませて、具体的に言えるようになってました。

これは大きな成長で、嬉しい驚きでした。

この生徒さんの次の時間にレッスンしている大人の生徒さんも、ドア越しから聴こえてくる音を聴いて、「劇的にうまくなってるよね~」と話されていました。

本番までの時間を有意義に、さらにパワーアップして、自信を持って本番に臨めるように、残りのレッスンを行っていきたいと思っています。

スポンサード リンク



(この記事は、第187号のメールマガジンに掲載されたものです)

今回の「たのしい音楽小話」は、ベヒシュタインのピアノとフォルテピアノの弾き比べのお話です。

先月、赤坂でピアノの弾き比べができるイベントに行ってみました。

世の中では、というよりも日本では、よく「3大○○」という言い方をしますが、ピアノの世界にも「世界3大ピアノ」と言うものがあります。

この世界3大ピアノとは、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、そしてベヒシュタインの3メーカーのピアノの事を言います。

スタインウェイ社のピアノは、ピアノを弾いている方にはお馴染みだったり、弾いたことがある方も多いと思います。ピアノを弾かない方でも、名前を聴いたことがある、また見たことがある方も多いのではないでしょうか。ホールなどに置かれているピアノは、ヤマハまたはスタインウェイという事がとても多く、ピアノリサイタルへ行きますと、大抵使用されているピアノはスタインウェイです。

ベーゼンドルファーは、音楽の都ウィーンで生まれたピアノで、2008年にヤマハの傘下に入りました。ピアノ教室の生徒さん方にお聞きしますと、「スタインウェイより、ベーゼンドルファーの音が好き」とおっしゃる方も多いです。ピアノは木でできている事が、とてもよくわかる、温かみのある音が特徴です。

ベヒシュタインは、スタインウェイと同じくドイツで生まれたピアノで、とにかく透明感のある音色が特徴です。

昔、調律師さんが「家で練習するには、ベヒシュタインのピアノが一番良い」とお話されていました。スタインウェイのように響きが多いと、なんだか自分の演奏が上手に聴こえるものですが、ベヒシュタインのピアノは、タッチの良しあしが、とても分かりやすいピアノなので、音に対して敏感な耳になる気がします。

しかし、残念な事に、ベヒシュタインのピアノは、思ったよりも弾く機会が少ないものです。今回のイベントは、このベヒシュタインのピアノと、フォルテピアノが弾き比べられるという珍しいイベントでした。

フォルテピアノは、大雑把に話しますと、モーツァルトやベートーヴェン辺りの時代によく使われた鍵盤楽器で、この楽器が進化して現在のピアノが作られました。

現在では、フォルテピアノは、プロの古楽器演奏家でもない限り、なかなか弾く機会がないと思います。フォルテピアノは、古い時代に作られたものがそのまま使用されていることもありますが、今回のフォルテピアノは、1790年頃のフォルテピアノのレプリカで、1970年に作られたものでした。

フォルテピアノは、鍵盤が短く、幅も少し狭く、そしてなにより鍵盤が軽いのが特徴です。

鍵盤のサイズ(長さと幅)については、特に黒鍵部分(フォルテピアノでは鍵盤の色が逆転していますが)がとても狭く感じ、手の大きな男性の方は、ちょっと弾きにくさを感じるかもしれません。

また、鍵盤が軽いので、次々と音が出しやすく、トリルなど速く指を動かさないといけない部分が、とても速く弾けます。なんだか自分の指がよく動くようになった気がして、ちょっと気分が良いものですが、強い音で弾く部分では、フォルテピアノが壊れてしまいそうな気もします。

普段のピアノで、低音部分の和音を弾くと、音が響き過ぎて聴き取りにくかったり、音の厚みが出過ぎてしまう経験がある方も多いと思います。しかし、フォルテピアノで弾きますと、音の重なった厚みはありつつも、どこかすっきりとしているのです。ベートーヴェンのソナタなど、和音の連続した部分が、現在のピアノとはまるで違った印象になり、ベートーヴェンもこのような響きをイメージしながら作曲したのかと、感慨深くなります。

モーツァルトを弾いてみても、普段以上に軽やかでキラキラした音楽になり、モーツァルトの魅力がより伝わってくるようでした。

その隣に置いてあるベヒシュタインは、もちろん現在のピアノですが、一番小さい型のグランドピアノでした。

ピアノ教室などでよくある小型のグランドピアノと比べても、その小ささがわかる感じですが、サロンの部屋の広さを考えると、ぴったりのサイズでした。

まだ、出来立てのピアノで、このサロンに届いてからも、1週間しか経っていないとのことでした。

作られてまだ日が浅いピアノは、本来の音色が引き出されていないので、今回のピアノもベヒシュタインらしい透明感のある煌めくような音は出ていませんでした。この後年月をかけて、ピアノを弾き込んでいくと、どんどん音色が良くなり変化していきます。これが、ピアノを持つ大きな喜びの一つと言えるでしょう。そんなスタートラインに立っているピアノを弾けたのも、久しぶりです。今後、このピアノがどんな音を奏でるようになるのか、楽しみに感じました。

弾いているうちに、どんどん楽しくなってしまい、気が付けばあっという間に時間になってしまいました。

現在のピアノの魅力も改めて感じることが出来たイベントでした。

スポンサード リンク


コン・ヴィヴァーチェのサイトでは、市販の本や教材、音楽CDなども数多く紹介していますが、2015年、人気ランキング(教材、記事)に続き、ご紹介した商品のうち、実際に多くの方が購入されたものを Amazon のデータよりご紹介します。

本・楽譜のランキング:

ぴあのどりーむ 1 はじめてピアノをならうこのために

田丸 信明
学研パブリッシング 音楽出版事業部
ぴあのどりーむワークブック 1 はじめてピアノをならうこのために

田丸 信明
学研パブリッシング 音楽出版事業部
ピアノピースー024 きらきら星変奏曲/モーツァルト (MUSIC FOR PIANO)

全音楽譜出版社
バーナムピアノテクニック(ミニブック)

エドナ メイ バーナム
全音楽譜出版社
しってるきょくでどんどんひける ピアノひけるよ!ジュニア(1)

橋本 晃一
ドレミ楽譜出版社
初級ピアノテキスト ぴあのどりーむ [幼児版] はじめてピアノをならう幼児のために

田丸 信明
学研パブリッシング 音楽出版事業部
バーナムピアノテクニック(1)

エドナ メイ バーナム
全音楽譜出版社
初級ピアノテキスト ぴあのどりーむ [幼児版] ワークブック はじめてピアノをならう幼児のために

田丸 信明
学研パブリッシング 音楽出版事業部
ドビュッシーピアノ曲集(2)

アシル・クロード・ドビュッシー
音楽之友社
ぴあのどりーむ 2

田丸 信明
学研パブリッシング 音楽出版事業部
はじめてのギロック (zen‐on piano library)

ギロック 安田 裕子
全音楽譜出版社

やはり、お子様向けの教材が多いようです。先生がまとめて購入されることで多く見えるのかもしれません。特に、「ぴあのどりーむ」は、かなりの人気です。

また、楽譜では、ヤマハの「ぷりんと楽譜 」も紹介していますが、以下の楽譜が人気でした。

バッハ メヌエット ト長調
ショパン ノクターン Op.9-2
ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
ベートーヴェン エリーゼのために
ドビュッシー 月の光
バッハ 主よ、人の望みの喜びよ
バッハ G線上のアリア
ムソルグスキー 「展覧会の絵」より「プロムナード」

音楽CDのランキング:

音楽CDは、一部のものに人気が集中するのではなく、かなり広範囲に購入されました。

ブルグミュラー:25の練習曲、バッハ:ピアノ小品集

ユニバーサル ミュージック クラシック
エリーゼのために~子供のためのピアノ名曲集

日本コロムビア
モーツァルト:ピアノソナタ第8番&第11番&第14番&15番

ユニバーサル ミュージック クラシック
バッハ:アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帖より

BMG JAPAN
ショパン:夜想曲全集

ポリドール
CD うたとピアノの絵本 音感を身につける幼児のうたあそび (OCD1530)

音楽之友社
ピアノ発表会名曲集ベスト

ポリドール
スポンサード リンク


« 前のページ次のページ »

最近の投稿

カテゴリー

ブログ内検索

メールマガジン

音楽ナビ

con Vivace について

アーカイブ

ブログ・ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ