トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ヨーロッパ音楽紀行

ヨーロッパ音楽紀行・パリ4

アンヴァリッドのドーム教会

シャン・ド・マルス公園の次は、アンヴァリッドへと向かいます。アンヴァリッドは、ルイ14世が傷病兵を看護する施設として建てたものですが、 附属する黄金に輝くドーム教会にはナポレオンの柩が置かれており、ナポレオンの墓所として知られています。

門を入ってすぐ横には庭園があります。花がきれいに咲いていました。

アンヴァリッドの庭園

アンヴァリッドの庭園

これが、ナポレオンの柩が置かれているドーム教会の内部です。内部の装飾は、建物の外側以上に豪華です。

アンヴァリッドの内部

このドームの地下にナポレオンの大きな斑岩製の柩が置かれています。ナポレオンの遺体は、更にマホガニーや、鉛、黒檀などで作られた5重の柩に入って、この中に納められています。 見学している観光客と比べると、いかに大きなサイズであるかがわかると思います。

アンヴァリッド ナポレオンの柩

柩の回りには、ナポレオンの諸遠征の勝利にちなんだ彫刻があります。

アンヴァリッド ナポレオンの柩

この後、アンヴァリッドを出て、近くのサント・クロチルド教会の横を通りました。セザール・フランクは、この教会で首席オルガニストを務めていました。 セザール・フランクは、ドビュッシーと比べるとあまり知られていないかもしれませんが、管弦楽曲や、ピアノ曲、室内楽などの作曲をしており、パリ音楽院の教授にもなっています。

サント・クロチルド教会

サント・クロチルド教会

残念ながら、この日は結婚式があったようで、教会の中を見ることはできませんでした。

サント・クロチルド教会

アンヴァリッドを北上して、アレクサンドル3世橋で、セーヌ川を渡ります。
この橋はフランス共和国とロシア皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、アレクサンドル3世の息子でありアレクサンドル3世の後を継いでロシア皇帝となるニコライ2世により1900年のパリ万国博覧会に合わせて建設、 フランスに寄贈されたものです。セーヌ川にかかる最も美しい橋と言われ、パリ・セーヌ河岸の世界遺産の1つです。

アレクサンドル3世橋

橋の向こうには、ガラス張りのグラン・パレが見えます。グラン・パレも、1900年のパリ万国博覧会に合わせて建設されたもので、万国博覧会のメイン会場となりました。

夏場は日が長いパリですが、20時を過ぎますと、さすがに日が傾いてきます。アレクサンドル3世橋も、夕日に染まり始めました。

アレクサンドル3世橋の装飾

アレクサンドル3世橋から見るエッフェル塔もシルエットがきれいです。

アレクサンドル3世橋から見るエッフェル塔と夕日

この後、コンコルド広場へと戻りました。
現在は、「協調」や「調和」を意味するコンコルドの名称となっていますが、フランス革命時は革命広場と呼ばれ、ルイ16世やマリー・アントワネットなどの処刑が、この広場で行われました。

夕方のコンコルド広場

ちょうど夕方のラッシュなのか、広場にはたくさんの車が走っていました。

コンコルド広場、夕方のラッシュ

この広場の中央には、エジプトから贈られたオベリスクが立っています。夕日を浴びて、ヒエログリフが綺麗に浮き上がっていました。

コンコルド広場のオベリスク

このオベリスクは、古代エジプトの首都が置かれたテーベ(現在のルクソール)にあるルクソール神殿のもので、ルクソール神殿の右側のオベリスクがフランスに贈られました。 左側のオベリスクは、今でもルクソール神殿に建っています。(ルクソール神殿の写真を載せておきます)

エジプト ルクソール神殿のオベリスク

コンコルド広場から、近くのヴァンドーム広場へと向かいました。ヴァンドーム広場の中央には柱があり、その上にはナポレオンの像があります。

ヴァンドーム広場

この広場に面して、高級ホテルのリッツがあります。シャネルのファッションブランドを興したココ・シャネルが常客として住み、ダイアナ元英国皇太子妃が最後の食事をしたホテルとしても有名です。

ヴァンドーム広場 ホテル・リッツ

ダイアナ妃を乗せたメルセデス・ベンツは、このホテルを出た後、セーヌ河畔のトンネルで事故を起こし彼女は帰らぬ人となりました。

ヴァンドーム広場 ホテル・リッツ

このヴァンドーム広場には、他にもカルティエやブルガリ、ディオールなどの高級店が軒を並べますが、その中に、老舗の宝石店ショーメ(Chaumet)があります。

ヴァンドーム広場 カルティエ

この現在ショーメの店舗となっている建物でショパンは息を引き取っています。ここが、ショパンの終焉の地となります。39歳の若さでした。

ヴァンドーム広場 宝石店ショーメ(Chaumet)

建物には、それを示すプレートが飾られていました。

宝石店ショーメ(Chaumet)とショパン最後の家のプレート

ショパン最後の家のプレート

スポンサード リンク



ページ1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17


目次
ヨーロッパ音楽紀行
ロシア・サンクトペテルブルグ
フランス・パリ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルグ
チェコ・プラハ
ドイツ・ドレスデン
ドイツ・ライプツィヒ
ドイツ・ワイマール
ドイツ・アイゼナハ
ドイツ・ベルリン
ラ・フォル・ジュルネ
2013・パリ 至福の時(ブログ)
2012・サクル・リュス
2011・タイタンたち
2010・ショパンの宇宙
2009・バッハとヨーロッパ
2008・シューベルトとウィーン
その他

ヨーロッパ・ツアー
音楽関連ツアー全般
オペラ鑑賞ツアー
作曲家別・その他

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

音楽ナビ

ピアノのレベルチェック
まずは実力チェックから!

ピアノ コンシェルジェ
ご不明な点 ご案内いたします

趣味の音楽
音楽を趣味として長く楽しむ!

ピアノのしらべ
テーマごとのピアノの曲

音楽関連グッズ
音楽に関連した物を集めました

おすすめ音楽CD
聴いてみたい音楽CD

その他

広告

広告

スポンサード リンク

- 広告 -







ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.