トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
無料楽譜でピアノレッスン:グリーグ作曲「ペールギュント」より「朝」

グリーグ作曲「ペールギュント」より「朝」

第11回目は、グリーグの「Morning Song」という曲です。 「ピアノのしらべ」で紹介しましたエドヴァルド・グリーグが作曲した組曲『ペールギュント』より「朝」です。

この曲の楽譜と、MIDI の音は以下にあります。(FREE PIANO MUSIC!サイト内)

この曲のポイント
この曲はゆったりとした音楽なので、ゆっくりめのテンポで弾きましょう。

演奏の順番ですが、1カッコ、2カッコがありますので、気をつけてください。
1小節目から弾き始め、2段目2小節目まで弾きます。ここで1カッコが終わり、リピート記号が書かれていますので、曲の1番始め(1小節目)に戻ります。 1段目の最後まで弾きましたら、次は2段目の3小節目に進みます。(2段目の1,2小節目の1カッコは先程弾きましたので、飛ばします)。 そして曲の終りまで弾きましょう。

次は、指番号です。右手の5小節目、15小節目、23小節目の指番号に気をつけましょう。


(図) 5,15,23小節目

自然に鍵盤に乗せてある指で弾いてしまいますと、次の小節で指が足りなくなってしまいます。

また、同じ右手の19小節目は、前の小節で同じソを弾いていますので、伸ばしながら、次の19小節目の指示である5の指で弾くことを、思い出しておきましょう。


(図) 18,19小節目

左手は、1小節目と4段目の1小節目のドとソを5番と2番の指で弾きます。


(図) 1小節目と4段目の1小節目

これまでは、5番と1番の指を使ってきたと思いますので、少し違和感があるかもしれませんが、この指で弾きますと、6小節目で音が変わるときに、手を動かすことなく、 その場で弾くことが出来ますので便利です。
ただし、どうも慣れそうにない場合は、2番ではなく1番の指に替えてもよいかと思います。

2段目の3小節目(2カッコの部分)のミとソのシャープでは、ソのシャープを1番で弾きます。


(図) 2段目3小節目

1の指は他の指に比べて、指が短いので少し弾きにくいかもしれません。

左手全体を鍵盤の根元の方へ少し入れて、3番の指を鍵盤に対してまっすぐ乗せて弾くと、弾きやすくなります。 このようにしますと、1番の指は、鍵盤に対して右斜めになると思います。

1番の指を鍵盤に対してまっすぐにしますと、手首がねじれた形になるので、不自然な体勢になり弾きにくくなりますので、注意して下さい。

スポンサード リンク


無料楽譜でピアノレッスンのトップページに戻る

無料楽譜でピアノレッスン

目次
1. 藁の中の七面鳥
2. 新世界より家路
3. ちょうちょ
4. 交響曲第5番「運命」
5. 聖者の行進
6. 線路は続くよ、どこまでも
7. 月の光に
8. トッカータとフーガ ニ短調
9. アビニョンの橋の上で
10. 主よ、人の望みの喜びよ
11. ペールギュントより朝
12. マイボニー
13. マクドナルドおじさん
14. ブラームスの子守唄
15. アヴェ・マリア
16. The Entertainer
17. 大きなのっぽの古時計
18. カノン
19. ワルツィング・マチルダ
20. 牧人 羊を
21. 四季より秋
22. アメイジング・グレイス
23. 闘牛士の歌
24. グリーンスリーブス
25. ダニー・ボーイ
26. カルメンよりハバネラ
27. ソナタ「月光」第1楽章
28. A Nation Once Again
29. 雨だれ
30. Rock Solid Blues

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.