トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
無料楽譜でピアノレッスン:「アビニョンの橋の上で」(Sur le Pont d'Avignon)

「アビニョンの橋の上で」

第9回目は、「Sur le Pont d'Avignon」という曲です。日本では、「アビニョンの橋の上で」という曲名で有名なフランス民謡です。

アビニョンはフランス南部、プロヴァンス地方のローヌ川に面した古都の地名で、ローヌ川に架けられた石造のサン・ベネゼ橋は、アヴィニョンの橋としてよく知られています。
神のお告げを聞いた羊飼いの若者ベネゼにより着工され、12世紀末に全長900mの橋が完成した際には、人々がこの歌を歌い、踊って喜びあったと伝えられています。 しかし、17世紀末の増水で半壊し、現在もそのままの状態で残されています。 アヴィニョン歴史地区は、ユネスコの世界文化遺産にも登録されていますので、興味のある方は、インターネットなどで調べてみてはいかがでしょうか。
地球の歩き方 旅スケ(外部サイト)

この曲の楽譜と、MIDI の音は以下にあります。(FREE PIANO MUSIC!サイト内)

この曲のポイント
まず、3段目の2小節目の右上に「D.C. al Fine」と書かれています。


(図) 3段目の2小節目

これは通常D.C.と書かれることが多いのですが、ダ・カーポのことです。 曲の始めに戻って弾きましょう。そして、2段目の2小節目の右上にFineと書かれているところで、この曲はおしまいです。演奏順に気をつけてください。


(図) 2段目の2小節目

1段目2小節目の左手、最後に弾く音(4拍目裏のソ)はメロディーの音です。 この音は右手よりも左手の方が近くにあるので、左手で弾くように書かれています。


(図) 1段目2小節目の左手

手が変わったことがわからないように、音の強さやタイミングに注意しましょう。 また、3段目2小節目の左手の音も、すべてメロディーの音になります。


(図) 3段目2小節目の左手

この曲では、1段目の1小節目や2段目の1小節目で、全ての音符にスタッカートが付いています。


(図) 1段目の1小節目

スタッカートでは、音を切って演奏することになります。 教科書的には、「音の実際の長さの半分で切る」と説明があるかもしれませんが、ある程度調整して構いません。 この切り方によって、音楽の軽快感などが変わってきます。ご自身の音による表現についても、考えながら弾いてみましょう。

また、3段目は Slowly と指示がありますので、3段目だけゆっくり弾くことになります。 そして、3段目1小節目には、フェルマータも登場します。フェルマータは、以前にも出てきましたが、「音を十分に伸ばす」という意味です。その音符の2倍近く伸ばすのが目安です。


(図) 3段目

前の8分音符を、Slowly の指示に従ってゆっくりと弾き、次の4分音符にフェルマータがついていますので、非常に長く感じられて途中で音を切ってしまいがちですので、注意しましょう。

スポンサード リンク


無料楽譜でピアノレッスンのトップページに戻る

無料楽譜でピアノレッスン

目次
1. 藁の中の七面鳥
2. 新世界より家路
3. ちょうちょ
4. 交響曲第5番「運命」
5. 聖者の行進
6. 線路は続くよ、どこまでも
7. 月の光に
8. トッカータとフーガ ニ短調
9. アビニョンの橋の上で
10. 主よ、人の望みの喜びよ
11. ペールギュントより朝
12. マイボニー
13. マクドナルドおじさん
14. ブラームスの子守唄
15. アヴェ・マリア
16. The Entertainer
17. 大きなのっぽの古時計
18. カノン
19. ワルツィング・マチルダ
20. 牧人 羊を
21. 四季より秋
22. アメイジング・グレイス
23. 闘牛士の歌
24. グリーンスリーブス
25. ダニー・ボーイ
26. カルメンよりハバネラ
27. ソナタ「月光」第1楽章
28. A Nation Once Again
29. 雨だれ
30. Rock Solid Blues

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.