トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
無料楽譜でピアノレッスン:「ブラームスの子守唄」(Brahms' Lullaby)

「ブラームスの子守唄」

第14回目は、「Brahms' Lullaby」という曲です。日本では、「ブラームスの子守唄」として有名です。よくオルゴールなどでも耳にする曲です。

この曲の楽譜と、MIDI の音は以下にあります。(FREE PIANO MUSIC!サイト内)

この曲のポイント
この曲は、両手ともト音記号で書かれています。そのため、手のポジションに気を付けてください。


(図) 1小節目

特に、左手の位置は要注意です。真ん中のドの音に、左手の5の指をのせた位置になります。 このときの姿勢にも注意してください。全体的に高い音を使用する曲だからといって、椅子を右に動かしたいしないでください。

また、この曲は、アウフタクトの曲です。弾き始めに注意しましょう。 アウフタクトは、第12回目の「マイボニー」でも出てきました。 この曲の場合、4分の3拍子の曲で、一番始めの小節に1拍分しか書かれていません。足りない2拍を先に数えて、3拍目のカウントと同時に弾き始めましょう。

フレーズの境目も、小節の区切りではありません。以下の部分が、フレーズの境目になります。


(図) フレーズの境目

・ 2段目の1小節目の2拍目と3拍目の間
・ 2段目の5小節目の2拍目と3拍目の間
・ 3段目の4小節目の2拍目と3拍目の間
・ 4段目の3小節目の2拍目と3拍目の間

フレーズは、歌で例えますと、呼吸(ブレス)をするところになります。

ほんの少し右の手首を持ち上げますと、自然に指が鍵盤から離れて、微妙に音が切れます。 こうすることで、音楽的な塊がはっきりして、メロディーラインが美しく聴こえてきます。 やりすぎますとフレーズの最後の音が短くなりすぎて、わざとらしい演奏になってしまいますので、加減して行うようにして下さい。

3段目、3小節目および4小節目の右手の最初の音では、ドとファ、およびドとミの音を同時に弾き始めますが、それぞれの音の長さが異なります。


(図) 3段目3,4小節目

1の指で弾くドの音は伸ばしながら、もう1つの指は別の音を弾いていきます。 もう1つの音まで一緒に伸ばしてしまいがちですので、この部分の部分練習を十分行うようにしましょう。

4段目の4小節目から5小節目の右手部分に書かれている記号は、オクターブ記号です。


(図) 4段目4,5小節目

記号の書かれている部分のみ、1オクターブ高くして演奏します。左手は楽譜通りの高さのままですので、十分に気を付けてください。 また、左手の最後の音は、少し飛びます。指番号が書かれていませんが、1の指よりも、2か3の指で弾いた方が弾きやすいかと思います。

スポンサード リンク


無料楽譜でピアノレッスンのトップページに戻る

無料楽譜でピアノレッスン

目次
1. 藁の中の七面鳥
2. 新世界より家路
3. ちょうちょ
4. 交響曲第5番「運命」
5. 聖者の行進
6. 線路は続くよ、どこまでも
7. 月の光に
8. トッカータとフーガ ニ短調
9. アビニョンの橋の上で
10. 主よ、人の望みの喜びよ
11. ペールギュントより朝
12. マイボニー
13. マクドナルドおじさん
14. ブラームスの子守唄
15. アヴェ・マリア
16. The Entertainer
17. 大きなのっぽの古時計
18. カノン
19. ワルツィング・マチルダ
20. 牧人 羊を
21. 四季より秋
22. アメイジング・グレイス
23. 闘牛士の歌
24. グリーンスリーブス
25. ダニー・ボーイ
26. カルメンよりハバネラ
27. ソナタ「月光」第1楽章
28. A Nation Once Again
29. 雨だれ
30. Rock Solid Blues

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.