トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
目次
バッハの家
ベートーヴェンの家
パリ・マドレーヌ教会
メンデルスゾーンの部屋
ザルツブルグの街並み
リストが暮らしたワイマール
プラハの夕暮れ
バッハのステンドグラス
パリ・オペラ座
音楽の都・ウィーン
ドレスデン・ゼンパーオペラ
芸術の都・パリの街並み

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

音楽ナビ

ピアノのレベルチェック
まずは実力チェックから!

ピアノ コンシェルジェ
ご不明な点 ご案内いたします

趣味の音楽
音楽を趣味として長く楽しむ!

ピアノのしらべ
テーマごとのピアノの曲

音楽関連グッズ
音楽に関連した物を集めました

おすすめ音楽CD
聴いてみたい音楽CD

その他

広告

サイトマップ


クラシック音楽・壁紙

クラシック音楽・壁紙2:ベートーヴェンの家

ウィーン、ベートーヴェンの家

オーストリアのウィーンにあるベートーヴェンが暮らした家(パスクァラティハウス)です。ベートーヴェンは、1804年から1815年(34歳から45歳)にかけて、ここで暮らしていました。 現在は、博物館となっており、ベートーヴェンの若い頃の肖像画や、手書きの楽譜、生前のマスクなどを見ることができます。

ベートーヴェンは、1770年にドイツのボンで生まれます。家は、代々音楽家の家系で、ベートーヴェンは4歳でピアノとヴァイオリンを父から習い始めました。 大変厳しい英才教育だったようです。そして、8歳の時には、ケルンで初めての演奏会を開き、音楽家としての道を歩み始めます。

しかし、24歳の頃から耳が聞こえなくなっていき、一時は自殺も考えます。57歳で生涯を終えますが、晩年の10年はほとんど耳が聞こえず、振動を歯から捉えて、 今で言う骨伝導の方法で音を理解し作曲活動を続けました。

この家は、ベートーヴェンが難聴と戦いながら作曲を続けた場所です。ピアノ曲として有名な「エリーゼのために」も、ここで作曲されました。
ベートーヴェンの家の詳細は、ヨーロッパ音楽紀行・ウィーン5をご覧ください。

壁紙のダウンロード:
壁紙:1024×768
壁紙:1280×1024
壁紙:1920×1080 (横:縦の比が 16:9 の画面サイズ)
壁紙:1920×1200 (横:縦の比が 16:10 の画面サイズ)

お使いのパソコンの画面サイズに合った壁紙をお選びください。
1366×768 や 1600×900 など 16:9 の画面サイズの場合は、1920×1080 の壁紙をご利用ください。 1280×800 や 1440×900、1680×1050 など 16:10 の画面サイズの場合は、1920×1200 の壁紙をご利用ください。

壁紙の設定方法:
Windows をお使いの場合には、上記から画面サイズにあった壁紙をクリックし、表示された画像の上でマウスを右クリック、「背景に設定」のメニューを選択してください。
Macintosh(Mac OS X) をお使いの場合には、上記から画面サイズにあった壁紙をファイルに保存し、「ピクチャ」フォルダなどに置きます。 その後「システム環境設定」から「デスクトップとスクリーンセーバ」を選択し、先程保存したファイルを選択します。

ご利用について:
この壁紙は、ご自身のパソコンの壁紙として利用する以外の用途(加工してホームページやブログに利用するなど)で使用することはできません。また、再配布も禁止とさせていただきます。

スポンサード リンク


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.