トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
「子供のためのピアノ教育」
解説書:「子供のためのピアノ教育」の目次は、以下の通りです。
解説書は、次のページでご購入いただけます。


目次

はじめに
第1章 目的:ピアノを習うことのメリット
 1.1 頭がいい子とピアノの関係
 1.2 人間になくてはならない音楽
 1.3 音楽による情操教育って何?
 1.4 お子様の人生にとって大切な事
   人生に重要となる習慣
   成功体験がもたらす効果
   ピアノ教育が与える影響
 1.5 大舞台を経験する
 1.6 ピアノを習っている子に共通する特徴
 1.7 大人になったときのメリット

第2章 目標:どのくらい弾けるようになるのか
 2.1 ピアノは何才から始めるべきか
 2.2 ピアノの演奏レベルについて
   バイエル
   ブルグミュラー25の練習曲
   ソナチネアルバム
   ソナタアルバム
 2.3 どのくらいのレベルまで弾けるようになるものか (演奏例付)
   幼稚園・保育園生
   小学1年生
   小学2年生
   小学3年生
   小学4年生
   小学5年生
   小学6年生
   中学1年生
   中学2年生
   中学3年生
   高校生
 2.4 楽譜は読めるようになるのか
 2.5 子供に絶対音感をつけさせる
   絶対音感があることによるメリット

第3章 選択:音楽教室選びとピアノ講師
 3.1 音楽教室の種類とカリキュラム
 3.2 グループレッスンの特徴
 3.3 個人レッスンの特徴
 3.4 ピアノ講師を選ぶ際の注意点
 3.5 音楽教室・ピアノ教室選びのまとめ

第4章 継続:意味のあるピアノ教育とするために
 4.1 お子様のピアノの才能とは?
 4.2 ご両親の支援とその注意点
   子供のやる気を起こさせるには
   お子様の家での練習
   親御さんがお子様にピアノを教える場合の注意点
   ご両親とピアノ講師との関係
   練習をどこまで強制するべきか
   受験と塾とピアノをどう考えるか
   ピアノの進度だけでなく音楽が芸術であることを理解する
   親御さんも音楽を好きになり音楽を楽しむ
 4.3 どんなピアノで練習をするべきか
   電子ピアノで出来ること出来ないこと(○×表)
 4.4 どこまで続けさせたらよいのか
 4.5 実例:お子様の進度と親御さんの決断
 4.6 お子様の教育方法についてのヒント
 4.7 ピアノが趣味となるまでに

第5章 音楽を職業とするには
 5.1 音楽関連の仕事と超学歴社会のクラシック音楽界
   ピアニスト
   ピアノの先生・学校の音楽の先生
   その他の音楽関連の仕事
 5.2 音大を目指す場合 (音大の入試と進め方)
 5.3 音大生の就職先は?

あとがき
曲の再生方法について
コン・ヴィヴァーチェからのお知らせ


ページ1 2 3 4 5

スポンサード リンク

子供のためのピアノ教育

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

おすすめ商品
自宅でできる
はじめてのピアノ レッスン
自宅でできる はじめてのピアノ レッスン
初心者の方でも、3〜6ケ月で「エーデルワイス」が弾けるようになります。 「ピアノ初心者のための最初の第一歩」のページと合わせてご覧ください。
趣味のピアノ・楽譜教本
趣味のピアノ・楽譜教本
ピアノ初級者の方でも、独学でピアノの練習ができる楽譜です。 「ピアノの楽譜が読めますか?」のページと合わせてご覧ください。
後悔しないピアノ選び
後悔しないピアノ選び
ピアノは、どれでも同じと思っていませんか?ピアノを購入される前に、お読みください。
子供のためのピアノ教育
子供のためのピアノ教育
お子様のピアノ教育は、親御さん次第。意味のあるピアノ教育にするためのコツ。

スポンサード リンク

サイトマップ

Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.