トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

中1の発表会。暗譜はそれほど重要ではない?

  • 中1の子供の発表会が、来月あります。
    曲は、「悲愴 第1楽章」ですが、先生も
    暗譜を無理強いされず、子供にいたっては、
    最初からしようという気さえありませんでした。
    発表会等では、暗譜はそれほど重要ではない
    のでしょうか?

ピアノをソロでお客様の前で弾く際には、通常 暗譜で弾くものです。

他の音楽教室や他の先生の発表会を見ても、全員楽譜を見て弾いているような発表会は見たことがありません。

また、他の生徒さんがみんな暗譜で弾いている中、1人だけ楽譜を見て弾いていますと、「間に合わなかったのかな?」と思われてしまうでしょう。

ただ、ピアノの先生のお考えによっては、そこまで求めないこともあるのかもしれません。

例えば、大人の方の発表会などでは、なかなか暗譜が難しいこともあり、楽譜を見て弾くこともあります。

または、最初の発表会なので、心配であれは今回だけは OK という先生もいるかもしれません。

ただ、楽譜を見て弾くことになったとしても、暗譜で弾けるくらい練習をして、その曲を弾きこむことは、いずれにしても重要になります。

このページの内容に関連するページ:
お子様のピアノ発表会まとめ
暗譜の練習をする時の大きなポイント (ブログ)
お子様のピアノ発表会に向けた練習風景 (ブログ)
お子様のピアノ発表会:ラストスパート (ブログ)
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.