トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

4歳の息子にピアノを教えていますが、なかなか音符が読めません

  • はじめまして。4歳の息子にピアノを教えております。
    なかなか音符が読めずに耳で聴いて弾いている状態です。
    アドバイスして頂けるとうれしいです。

小さいお子様ですと、耳で覚えて弾くことはよくあります。

耳が成長していく時期ですし、音楽は耳で聴いて楽しんだり、演奏しながら聴くことで、自分の思っている音楽が演奏出来ているかどうかをチェックしていきますので、 どんどん耳を使って鍛えていけるといいですね。

楽譜を読む練習については、新しい曲を弾く時に、まずは何の音なのかを読んでいく練習をするとよいでしょう。
また、弾く時にも音の名前(ド・レ・ミ・・・)を歌いながら弾くことで、さらに実際の音と楽譜に書かれている音が一致してくるかと思います。 ピアノを弾く練習以外にも、「音符カード」を使って音読みの練習をしたり、ワークを使って音符を書く練習などをすることも効果的です。


くおんのおんぷカード

このページの内容に関連するページ:
ピアノの楽譜の読み方は、どういう風に教えるの?
鍵盤で覚えてしまっているので譜面になると読めないんです
子供にわかりやすく、かつやる気を持たせるには、どう指導すべき?
自分の子供にピアノを教える場合、気をつける点
子供のためのお薦めのピアノ教材
子供のためのピアノ教育 (お子様のピアノ教育は親御さん次第) [教材]

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.