トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ド♭や ミ♯ シ♯ ファ♭は、どこを弾けばいいのでしょうか?

  • ショパンの幻想即興曲(結構難しい曲)などの譜面に出てくる ド♭や ミ♯ シ♯ ファ♭は、どこを弾けばいいのでしょうか?
    まだそんなに難しい曲は弾けないんですけど、一応参考に…

シャープやフラットについてのご質問は、よくいただきますね。

今回いただきましたご質問については、ピアノの黒鍵の使い方で説明しています。

再度ご説明しますと、黒鍵がない「ドのフラット」、「ミのシャープ」、「ファのフラット」、「シのシャープ」は隣の白い鍵盤を弾きます。
例えば、「シのシャープ」は、隣の「ド」の白鍵を弾くことになります。ショパンの幻想即興曲など、曲による違いはありません。

歌やヴァイオリンなど、演奏する人自身が音の高さを決めていく(高さを調整できる)楽器では、例えば「レのシャープ」と「ミのフラット」では微妙に区別して異なる音を出します。「シのシャープ」と「ド」も同様に区別をします。ピアノも、進化の過程で歌やヴァイオリンと同じように、1つの音に1つの鍵盤というように、厳密に作られた事もありましたが、あまりに複雑すぎて広まることがありませんでした。そのため、現在のピアノは、弾きやすいように、簡略化されているのです。

このページの内容に関連するページ:
まとめ: 黒鍵、シャープ(#)、フラット(♭)、ナチュラル、調号、臨時記号、長調、短調
ピアノの黒鍵の使い方
シャープ、フラットの臨時記号、調号の見方
シャープやフラットの臨時記号の読み方は?
和音についているシャープの弾き方は?

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.