トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

指が短く、オクターブの音がやっとです

  • 指が短く、オクターブの音がやっとです
  • 50代後半の女性です。中学生の頃までピアノを弾いていましたが、最近又独学で弾き始めました。4の指が弱くて、早い曲になると音が流れてしまい、1つ1つの音のつぶが揃いません。又、指が短く、オクターブの音がやっとで、「乙女の祈り」などは悲惨なものです。指が伸びるわけではないのですが、何か良い方法はないものでしょうか。このようなサイトがある事を今日知って、とても心強いです。宜しくお願いします。
    (4の指については、4の指が弱くて、1つ1つの音のつぶが揃いませんをご覧ください)

ピアノを見させていただいている生徒さんの中でも、中高年の女性の方々で、手が小さい、指が短いという悩みを持たれている方が多くおられます。
指を伸ばすことは、残念ながら難しいのですが、いくつか対処法はあります。

まずは、ストレッチです。お風呂に入っている時など手が暖まっている時に、ゆっくり手を広げたり縮めたりしましょう。指と指との間が少しづつ広がりやすくなりますので、オクターブで弾く時に、少し楽になるかと思います。

また、実際にオクターブで弾くところでは、2つのやり方が挙げられます。

1つ目は、単音で弾く方法です。オクターブの上の音だけを弾いていきます。無理にオクターブを弾こうとして、他の音が鳴ってしまったり、遅くなってしまうときには、かえって単音で弾く方がきれいに弾けます。「なんとか頑張れば、オクターブが届く」という状況でしたら、この単音で弾く方法を試されてみてはいかがでしょうか。

2つ目は、指使いを工夫することです。 手を広げて観察しますと、(右手の場合)1と5の指よりも、1と4の指の方が広がっている(遠くまで届く)ことがわかるかと思います。これを使って、オクターブを1と4の指で弾いていきます。

音の並び方によっては、1と5の指で弾くときと、1と4の指で弾くときを混ぜても良いかと思います。例えば、白鍵では1と5の指、黒鍵では1と4の指を使うというやり方です。この弾き方はオクターブを連続して弾く部分では特に効果的なので、手の小さい方だけでなく、大きい方にもお奨めの方法です。
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.