トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

最初のミが2分音符で、続く音が8部音符のタイ

  • こんにちは。
    先日、「タイでつなげられた音の間に、もう一つ同じ音がある場合」の質問をさせていただいた者です。詳しく教えていただき、ありがとうございます。

    この質問に関してなのですが、最初のミが2分音符で、続く音が8部音符である場合などはどうなるのでしょうか?最初のミは伸ばしたままにしていないといけないと思うのですが、その後のミはどうやって弾くのでしょうか?

    何度もすみません。宜しくお願いいたします。

同じ高さの2つの音を繋いでいる場合のみ、タイになります。 例えば「ミ」の音であっても、高さが違っていた場合にはタイにはなりません。(その場合はスラーになります)

ご質問の様に、同じ高さの「ミ」でも、長さの違う音符で書かれている場合どうなるのか? タイなのか、スラーなのかという判別は、間違いやすいところです。


この場合は、タイになります。

同じ高さの2つの音が孤線で結んであるだけでタイになります。2つの音の長さはなんでもよいのです。 同じ音符であることもありますし、違う音符であることもあります。

弾き方は、前の音(始めに弾く音)を弾いて、次の音(タイで結ばれた後ろ音)の長さを足した分だけ伸ばします。

ご質問の音符が、4分の4拍子の曲に出てきたと仮定しますと、2分音符は2拍、8分音符は半拍ですから、タイの前の「ミ」を弾いて2拍半伸ばすことになります。

このページの内容に関連するページ:
タイでつなげられた音の間に、もう一つ同じ音がある場合
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.