トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

指の筋力トレーニングをするのに最適な方法はありますか?

  • 指の筋力トレーニングをするのに最適な方法はありますか?

ピアノは指を使って弾きますので、指の力を意識されることは多いかもしれません。

確かに保育園・幼稚園生の指の力では、フォルテなどの強い音を出すことは難しくなります。 しかし、ピアノは力を入れて弾くものではなく、体の重みを使って弾いていきますので、スポーツ選手のような筋力トレーニングはあまり必要ないと思います。

例えば、クラシック音楽の作曲家シューマンは、指のトレーニングと称して色々な器具を使ってトレーニングをしていましたが、 彼はその後ピアニストとして大成するどころか、指を痛めてしまい、ピアニストを断念することになるのです。

(シューマンについては、以下のページもご参照ください)
シューマン作曲「楽しき農夫」
ヨーロッパ音楽紀行・ライプツィヒ3

今でも、指先に錘のような器具を取り付けて、指の力を鍛えるものなどがありますが、シューマンのように指や手を痛めてしまう危険性がありますので、個人的にはお勧めしていません。 それよりも、いかに体の重みをかけて弾くかという視点で練習をした方が良いかと思います。

年齢的に小さい場合は、指に負担をかけない注意が特に必要だと思います。

ピアノを弾く人にとって、手や指はとても重要ですので、無理をしないで大切にしていきたいものですね。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2014, con Vivace. All rights reserved.