トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ピアノを習得する最短の方法は?

  • ピアノを習得する最短の方法を教えてください

生徒さんや、生徒さんの親御さんからも、同様なご質問をいただくことがありますが、残念ながら、直接ご期待に添えるような回答を私も持っておりません。

ただ、このようなご質問をされる方は、「何をもって、ピアノが習得できた」とするのか、「ピアノが弾ける」ということへの具体的な定義をお持ちでないことが多いと感じております。
例えば、プロのピアニストが弾くような難しい曲を弾きこなすことが「習得」の定義であれば、かなりの時間と練習量、また最終的に実現不可能という結果も十分考えらますので、そこまでの最短の方法を考えるのも難しくなってしまいます。

しかし、実現可能な適切なレベルの目標とする曲を定めることができれば、その曲を習得するまでの最短のコースは見つけられる可能性があります。
もちろん、目標とする曲が決まっているのであれば、「最初から、その曲だけの練習をする」というのも1つの方法ですが、その目標とする曲のレベルが高いと、「ピアノが弾けるようになってきた」とか「1つ曲が弾けるようになった」という実感がないまま、長い間苦しい練習を続けることになりますので、挫折しやすくなりますし、その曲を習得した後、同レベルの別の曲を弾く際の応用力という点でも、あまりお勧めできません。

また、応用力という点では、指を柔軟に動かすことができる基礎の技術を身につけていた方が有利であるため、多くのピアノの教材では、非常に多くの指の練習を取り入れており、それは間違いではありません。しかし、指の練習を長く続けることで、本来の目的である「ピアノを弾く楽しさ」を徐々に忘れてしまう危険があることも感じています。

基本的に、目標とする曲を決めて練習を始めても、数日や数週間の練習ではなく、数ケ月から数年をかけた練習となりますので、「習得する方法」以前に「挫折しないで続けられる」ことが、まずは重要になってきます。そのためにも、指の練習ばかりでなく、弾く楽しさを感じながら練習をすることも、習得する近道となると思います。

以下、宣伝になりますが、「自宅でできる はじめてのピアノレッスン」の教材は、このような経験から製作した教材です。4つの比較的知られている曲の練習をしながら、ピアノを弾く技術と楽譜を読む知識を学び、5つ目の曲で「エーデルワイス」を弾きます。ご興味がございましたら、ピアノ初心者のための最初の第一歩のページから、ご覧ください。
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

おすすめ商品
自宅でできる
はじめてのピアノ レッスン
自宅でできる はじめてのピアノ レッスン
初心者の方でも、3〜6ケ月で「エーデルワイス」が弾けるようになります。 「ピアノ初心者のための最初の第一歩」のページと合わせてご覧ください。
趣味のピアノ・楽譜教本
趣味のピアノ・楽譜教本
ピアノ初級者の方でも、独学でピアノの練習ができる楽譜です。 「ピアノの楽譜が読めますか?」のページと合わせてご覧ください。
後悔しないピアノ選び
後悔しないピアノ選び
ピアノは、どれでも同じと思っていませんか?ピアノを購入される前に、お読みください。
子供のためのピアノ教育
子供のためのピアノ教育
お子様のピアノ教育は、親御さん次第。意味のあるピアノ教育にするためのコツ。

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.