トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

右手のメロディーより左手の伴奏が強くなってしまいます

  • 右手のメロディーより左手の伴奏が強くなってしまいます。
    メロディーがきれいに聞こえるよう、左手を弱く弾こうとしても、 つられてメロディーまで弱くなってしまいます。どのように練習すれば左右の強弱がつけられるようになるのでしょうか。
    また、左右違うブレスのときもつられてしまいます。何かよい方法はありますか。よろしくお願いします。

頭ではわかっていても、なかなか出来ないのが、同時に左右の手の強弱を変えるテクニックです。

その場合、左右の強弱をオーバーにつけて弾く練習をするとよいと思います。その際に、左右の手の強弱を変える事だけに専念するのがポイントです。

オーバーに強弱をつけることで、より意識が向きやすくなりますし、指先のタッチの違いなどの感覚も掴みやすくなります。 この練習を始めてしばらくは、弱い音が弱すぎて音が鳴らないことがあると思いますが、気にしないで良しとすることが大切です。 あくまでも、同時に左右の手の強弱を変えるテクニックの練習なので、ここでは、他のことには目を向けない勇気が必要ですね。

また、この練習はとても集中力が必要なので、時間と練習する場所を区切って行いましょう。 少しづつ区切って練習し、集中力が続かなくなる程長時間の練習はしないことがポイントです。

左右違うブレスの練習では、更に、とてもゆっくりとしたテンポで、正確に1回弾けるようにするのがポイントです。

「なんとなく出来たような気がする」ではなく、ゆっくりなテンポで構いませんので、ご自分で堂々と「正確に出来た」と言えるように練習をします。 ゆっくりなテンポの方が、感覚が掴みやすくなりますし、1回正確に出来ますと、それをお手本にも出来ますので、あとは練習を重ねて成功率を上げていけばよいことになります。

どちらのテクニックも、習得するまでに時間がかかるかもしれませんが、少しづつ練習をしてみてくださいね。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.