トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ショパン・ノクターン(9-2)の31小節目、右手の「ラ」のフラット

  • ショパン・ノクターン(9−2)の31小節目で右手オクターブ部分ですが、「ラ」の音にフラットがついています。 これは、「ソ」の音(白鍵盤)でよろしいのでしょうか?。
    その場合、次の音も「ソ」なので「ソ」を2度弾くことになるので少し不安に感じました。
    また、32小節の左手演奏で4つ目の「ラ」にフラットがついていますが、これも「ソ」の音でよろしいのでしょうか?。

ショパン・ノクターン OP9-2 の 31 小節目で、右手オクターブ部分の「ラ」の音にフラットが書かれている所ですが、ここは単純に「ラ」のフラット(黒鍵)を弾きます。

この曲は調号として「ラ」にフラットを付けますので、このフラットは本来書かなくてよいものです。 しかし、直前に「シ」のダブルフラットがあり、実際には「ラ」の鍵盤(白鍵)を弾きますので、これにつられずに区別をするために、親切に書かれたものと思われます。

また、32 小節の左手、4つ目の「ラ」にフラットがついているところですが、これも、単純に「ラ」のフラット(黒鍵)を弾きます。

ここは、前の小節の左手の10拍目に「ラ」のナチュラルがありますが、これにつられずに区別をするために、親切に書かれたものと思われます。

楽譜は、誰が見ても正しく弾けるように親切に書くという前提があるので、紛らわしいものや迷いやすいものなど、間違えやすいと思われるものには、 このように書くことがあるのです。

元々楽譜を正確に読んでいる方にとっては、かえって混乱する場合もありますので、頭の片隅に置いておかれるとよいですね。

このページの内容に関連するページ:
ピアノ曲・ワンポイント攻略法:ショパン「ノクターンOP9-2」
高いドに#が付く場合、低いドも#の記号で弾きますか?

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.