トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

クレメンティ作のソナチネ36−3をうまく弾けません・・・

  • クレメンティ作のソナチネ36−3をうまく弾けません・・・

この曲はソナチネアルバムの中でよく演奏される曲です。

1楽章は、右手に16分音符がたくさん出てきますので、始めに片手だけの練習である程度スムーズに弾けるようにしておきましょう。
焦ってしまって指の動きが大きくなってしまいますと、かえって遅くなったり音を間違えてしまいます。 なるべく小さな動きで弾けるようにしましょう。
そして、両手で弾く時には、右手と左手がバラバラにならないように、合わせるところはしっかりと合わせて弾けるように気をつけましょう。

2楽章は、ゆったりとした静かな曲です。 ゆっくりな曲は、つい待ちきれなくて速くなりがちですので、速くならないように気をつけましょう。
また、付点8分音符と16分音符の組み合わせ(通称、スキップのリズムと言います)がよく出てきます。 勢いよく弾いてしまいますと、曲全体が陽気で楽しい感じになってしまうので、あまり勢いをつけないように、穏やかな気持ちでやさしく弾きましょう。

3楽章は、最後の楽章ですので、軽快な曲です。1楽章と同じく右手に16分音符がたくさん出てきますので、同じような練習をなさるとよいでしょう。
また、左手は同じ和音やリズムを弾くことが多いので、比較的楽だと思いますが、右手の音と強さのバランスが崩れますと、左手がうるさい印象になってしまいます。 左手は終始音が強くならないように、弱く軽く弾くように心がけましょう。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.