トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

発表会で「ウォータールーの戦い」を弾きました。

  • 初めてメールいたします。
    現在、小学2年生で、「バーナムピアノテクニック2」、「トンプソン 現代ピアノ教本1」、「こどもの為の名曲集2」でレッスンしております。
    先月行われた教室のピアノ発表会では「ウォータールーの戦い」を弾きました。
    現在の先生の教室に通って約1年3ヶ月で、失礼ですがその前は、約2年半ほど、とてもゆるい先生にならっておりました。
    現在の先生に教えていただいてからは、ぐっと伸びたような気がします。
    教本、発表会の曲から推測していただくと、現在のピアノのレベルとしては、バイエルの中級程度なのでしょうか?

各教材ごとに、おおよその難易度は以下のようになっています。

・「 バーナム ピアノテクニック2 」と「 トンプソン 現代ピアノ教本1 」はバイエル中級から上級レベル
・「 こどものための名曲集2 」はバイエル中級レベル
・「 ウォータールーの戦い 」はバイエル上級レベルから終了レベル

ただ、実際に各教材のどのあたりをお弾きになっているのか(真中あたりまで進んでいる、もうすぐ終わりそうなど)、 また、どのくらいのペースで曲を完成させているのか(バーナムを1回のレッスンで3・4曲仕上げている、逆に1曲仕上げるのに1か月以上かかるなど) によっても、レベルの差があります。

ピアノの発表会で「ウォータールーの戦い」を弾かれたそうですが、こちらについても、 元々の原曲をお弾きになったのか、または少し弾きやすくアレンジされた曲をお弾きになったのかで、レベルの差があるかと思います。 (「ウォータールーの戦い」はオクターブで弾くところがわりと多く出てきますが、小学2年生という年齢から推測しますと、その部分は単音で弾くようにアレンジされたのではと思います)

また、どのくらいのテンポでお弾きになったのか、 どのくらいの時間をかけて練習をしてきたのか(数か月で弾けるようになった、半年や1年以上かけて練習をしたなど)、 その曲を練習をしている時に、同時に他の教材も練習をしていたのか、又は発表会の曲だけを練習していたのか、ということでもレベルの差があります。

そのため、明確な判断はできませんが、総合的に見てみますと、おそらくバイエル中級から上級レベルなのではと推測されます。

小学2年生ということを考えますと、わりとよいペースで進んでいるように思いますので、このままのペースで進められると、おそらく小学生のうちに、ソナチネ辺りまでは進むのではないでしょうか。

これから先、お子さまがどのように上達していくのか楽しみですね。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.