トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ビデオやYouTubeを使った双方向サービスの提案

  • 初めて投稿します。

    今年一月に57歳になったのを機会にピアノを独学で始めました。 このサイトは、昨日初めて見て、なかなか良い内容がたくさん書かれており、感謝しております。

    で、ひとつ質問というか要望なのですが、現在はインターネットも、単なるメルマガやブログなどの一方通行ではなく、音楽やビデオなどのストリーミングも双方向で出来るようになってきました。

    私自身、今現在は、演奏をビデオに撮り、YouTubeにアップして、ピアノの先生をしている方からコメントをいただいたりしているのですが、ふと、こういった双方向サービス、つまり、生徒が自分の演奏をビデオに撮って、それを例えばYahoo Boxなどのファイル共用サイトにアップし、先生の方でそのビデオを観てワンポイントアドバイスをする、という教え方も有りなのではないか、と思いつきました。

    あるいはそのようなサイトを先生側で持ち、生徒にアクセス権を与えて、そのサイトに映像をアップロードしてもらってもいいかもしれません。

    独学の難しいところは、自分の悪いところがなかなか自分にはわからない、という点だと思いますし、そのまま弾き続けると癖になってしまう場合もあるかと思います。

    特に音を出すだけという状態からさらに上達してゆくと、繋がりやテンポ、タッチなど、なかなか自分では気づけない問題を抱えるケースが多いような気がしています。

    その点、こういったビデオ録画を通して、一番直した方が言い点をコメントという形でいただけるようなレッスンがあれば、独学と教室に通う場合の良い点(いつでも好きな時に出来、かつ実際に先生に聴いてもらって矯正できる)を兼ね備えたレッスンが可能になるのではないでしょうか。

    そんなサービスがあったら、このサイトで販売している教材の購入者への特典に留まらず、それ自体で面白い「オンライン・ピアノ教室」になると思います。

    ぜひ一度、ご検討ください。(まだ誰もやっていないと思いますので)

ご提案を頂きまして、誠にありがとうございます。

ご指摘にもありますように、また「独学でピアノを練習するメリット・デメリット」でも一部書かせていただきましたが、 「自分の悪いところがわからない」というのが、ピアノを独学で習う際の大きな欠点の1つになります。

そのようなご要望に答えるためにも、これまでインターネットを使ったオンラインでのレッスンにつきまして試行錯誤を続けておりますが(オンラインでの1対1のサービス)、なかなか着地点が見つからないのが現状です。

YouTubeなど動画を使ったレッスンも、良いアイデアだと思います。

現在、試験的に提供させていただいておりますピアノレッスン・お悩み相談では、そのような動画によるレッスンもお受け致しますので、お気軽にお問い合わせください。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.