トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

バイエルやブルグミュラーを飛ばしてソナタやソナチネ

  • 六歳からピアノを始めて十年になりますが、今まで一般的に教則本といわれているバイエルやブルグミュラーをしたことがなく、ハノンをしているくらいです。

    しかし、最近ピアノの先生と相談したところソナチネをして、それからソナタをしようといわれました。

    バイエルやブルグミュラーを飛ばしてソナタやソナチネをしてもいいんでしょうか。

    ちなみに、私はソナタではベートーベンの悲愴の二楽章くらいしか演奏したことが無いので、少し不安なので質問させていただきました。

ピアノ教材の進め方としては、一般的にバイエル、ブルグミュラー25の練習曲、ソナチネアルバム、ソナタアルバムということになっていますが、 これはあくまでも一つの進め方に過ぎません。

そもそも、バイエルについては、もはや弾いた事がない方もたくさんいらっしゃると思います。 また、海外では、これらの教材すら知らない方も多いようです。そのため、気にされる必要は一切ないと思います。

いろいろな曲を、いかに音楽的に美しく弾いていくのかが一番大切なことだと思います。 ソナチネはソナタの易しい作品のことなので、ソナチネを弾いてからソナタに入るという進め方は、適切だと思います。

頑張ってくださいね。

このページの内容に関連するページ:
ソナチネアルバムを練習する順番は?
バイエル、ブルグミュラー、ソナチネ、ソナタアルバムのレベルとは?
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.