トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

和音の一番上の音符がメインですか?(歌う音符)

  • 楽譜に(右手用)和音がたくさんある場合 一番上の音符がメインですか?(歌う音符)

右手に和音が出てきたり、それが連続して出てくる場合、右手だけではなく、左手もどのようになっているのか見ることが大切です。 ピアノは両手で演奏していきますので、両方の音を把握して音楽全体を見ないと、「歌う音符」すなわちメロディーがどれなのかを判断することはできません。

例えば、右手の和音がずっと同じである場合、その部分は伴奏の和音である可能性が高くなります。 逆に、左手が同じパターンで演奏している場合(同じ和音が何回も出てくる等)、左手が伴奏である可能性が高いので、右手がメロディーという事になります。

そして、メロディーが和音部分にある場合、和音の音すべてがメロディーではなく、個々の和音の最高音がメロディーである事が多いです。 ただし、この法則は絶対ではありません。稀ですが、曲によっては、和音の最低音や真ん中の音がメロディーであることもあります。 例えば、メロディーの音がずっと変化しないということはないので、最高音がいつも同じ音の場合などは、他の音がメロディーである可能性があります。

ピアノで演奏する場合には、伴奏はやや弱めに、メロディーはやや強めに弾くとメロディーが聴こえやすくなって、きれいに聴こえます。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.