トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

椅子の高さはどれくらいに調節すればよいの?

  • 基本的な事だとは思いますが椅子の高さはどれくらいに調節すれば宜しいのでしょうか?

椅子の高さは、横から見た時に肘(ヒジ)から手首のラインが、床と水平もしくは肘が若干高いくらいが、ちょうど良いかと思います。

肘が下がりすぎますと、鍵盤にぶら下がって弾くような姿勢になり、強弱を付ける時などにコントロールがしにくくなります。 また、肘が高すぎますと、肩に力が入りがちになります。これも、無駄な力が入り弾きにくい姿勢になってしまいます。

座った状態で、どなたかにチェックしてもらったり、姿見などの鏡を使ってご自分でチェックされるとよいでしょう。

その時に、背もたれの付いている椅子ですと、高さ調整の時にメモリが見えると思います。 上から何個目のメモリなのかを覚えておきますと、いつでもどこでも、ご自分のちょうど良い高さに設定出来て便利です。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.