トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

標準バイエルと子供のバイエルは、どう違うのですか?

  • 本屋で、いくつかのバイエルがあって、標準バイエルと子供のバイエルは、どう違うですか。
    初めてピアノを習う子供にはどれがいいですか?

バイエルに限らず、いろいろな曲について、たくさんの出版社から楽譜が出ていますので、楽譜選びは迷うところですね。

バイエルについては、お話されているように、標準バイエルと子供のバイエルがあります。 これはどちらも、いわゆる「バイエル」そのものです。そのため、曲自体は同じものですが、その他のところで異なる部分があります。

標準バイエルは、1冊で完結していて、一般的な楽譜と同じ音符の大きさで書かれています。 説明が少なく、よくある普通の練習曲集と同じような楽譜になっています。

標準バイエルピアノ教則本 (全音楽譜出版社)



子供のバイエルは、上巻・下巻に分かれています。 音符が大きく書かれていて、お子様が見やすいようになっています。(段々と小さくなりますが)
音符の事、調性の事、音階の事、タイなどの楽譜の記号の事など説明も多く書かれていて、お子様を意識した言葉使いになっています。

シャープやフラットの音が出てくるところでは、「#●の音は、この鍵盤を弾く」と言うように、鍵盤の絵を使って説明をしています。 また、ところどころで題名の付いた曲があり、気分転換をしたり、楽しみながら今までの練習を応用させて弾くようになっています。

子供のバイエル (全音楽譜出版社)

 

大人の方や中・高校生くらいからピアノを始めて、バイエルを使う場合には、標準バイエルの方が使いやすいかもしれません。 お子様が使われる場合には、子供のバイエルの方が使いやすいかと思いますが、今ではミッキーなどのキャラクターが描かれているものもあります。

こどものバイエル ミッキーといっしょ (ヤマハミュージックメディア)


可能ならば、見比べてお子様が見やすいもの、好きそうなものを選ばれるとよいでしょう。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.