トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

シャープなどが2つ以上ある場合の読み方は?


このご質問は、高いドに#が付く場合、低いドも#の記号で弾きますか?のページから頂きました。

そちらのページでも書きましたが、シャープ(♯)やフラット(♭)は、「臨時記号」として書かれる場合と、「調号」で書かれる場合があります。 詳しくは、高いドに#が付く場合、低いドも#の記号で弾きますか?のページをご参照ください。

この臨時記号で、シャープが2つ付く場合には、ダブルシャープとなります。 ダブルシャープにつきましては、ダブルフラットやダブルシャープの意味はなんですか?のページをご参照ください。

ちなみに、臨時記号で付くのは2つまでです。トリプルシャープなどはありません。

調号で使われる場合、シャープは 5個まで、フラットは 6個まで出てきます。 ただし、調号の場合、シャープが2つ付いているからと言って、ダブルシャープなどとは言いません。 例えば、シャープが2つ調号で付いている場合、ニ長調の曲 とか ロ短調の曲 のように、曲の調で表します。

この長調や短調につきましては、何長か何短調かをわかるにはどうすればいいのですか?のページをご参照ください。

このページの内容に関連するページ:
まとめ: 黒鍵、シャープ(#)、フラット(♭)、ナチュラル、調号、臨時記号、長調、短調
フラット、シャープのどこの位置で音階を判別するのですか?
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.