トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

「仔犬のワルツ」の55小節めからの装飾音符の指運びがわかりません

  • ショパンの「仔犬のワルツ」の55小節めからの装飾音符の指運びがわかりません。
    私が使っている楽譜の指番号は12と明記してあります。右の親指で装飾のラを叩き瞬時にオクターブ下のラを人差し指でたたくのでしょうか?
    よろしくお願いします

「仔犬のワルツ」 55小節目からの装飾音符あたりの指番号(1番と2番)ですが、よく見ますとおそらく装飾音符の上ではなく、 装飾音符の次の音(ラ、調号のフラットをつけて弾きますが)の上に書かれているかと思います。

ここは、装飾音符のラは5番で弾き、次の2分音符のラを1番で弾き、音を出したまま(伸ばしたまま)素早く2番に指を替えます。 指替えというテクニックを使う訳です。

この指番号で弾きますと、音をつなげたまま、その次のミ(調号のフラットをつけて弾きます)を弾くことができます。 この部分のメロディーは、37小節目からの(2カッコ部分)メロディーと同じもので、そこに装飾音符をつけてアレンジされているだけです。

37小節目からのメロディーでは、ずっと音を切らずにつなげて弾いていきますね。 ということは、55小節目からのメロディーも、同じようにずっと音を切らずにつなげて弾いていきます。

このように、同じメロディーは特に指示がない限り、統一した弾き方をしますと、とてもきれいに聴こえます。

このページの内容に関連するページ:
ピアノ曲・ワンポイント攻略法:ショパン「子犬のワルツ」

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2016, con Vivace. All rights reserved.